2021.06.02
習い事Q&A ジュミック今井

フォニックスとは?英語の発音を身につけるのにいいの?メリットと注意点を解説

「フォニックスってどういうものなの?」「名前は聞いたことあるけれど・・・」「発音を身につけるのに効果があるの?」など、親御さんもいろいろと知りたいことがあると思います。そこで、今回はフォニックスに関する書籍を多数出版され、英語講師としても活動されているジュミック今井さんに、フォニックスの「いろは」について解説してもらいます。

<今日のポイント>

  1. フォニックスとは英単語を発音するためのルール
  2. フォニックスを習いはじめるのは7歳ごろまでがおすすめ
  3. 教室選びのポイントはフォニックスに詳しい指導者がいること
  4. フォニックスのメリットは?発音が良くなり、世界観が広がること

フォニックスとは英単語を発音するためのルール

まずは、フォニックスのルールや学習効果などを紹介します。

フォニックスとは?

A. 英語のつづり字を正しく読み、きれいに発音するためのルールです。 

英語圏の子どもは、読み書き学習の一環としてフォニックスを学びます。英語のつづり字には決まった発音のルールがあるため、日本人にとっては発音向上のツールとして活用することができます。なお、フォニックスのルールを知っていれば、英単語の約7割は読めるようになると言われています。

どうやって読むの?アルファベット読みとフォニックス読みの違いは?

ジュミック今井さん提供

A. アルファベットには「アルファベット読み」と「フォニックス読み」の二通りの読み方があります。アルファベット読みでは、ABCは「エィビースィー」。ABCの歌でよく知られている、いわゆる私たちが学校で習った読み方です。一方、フォニックス読みは、「アブク」です。つづり字は単語の中ではフォニックス読みをすることがとても多いのです。

Bagのつづり字をアルファベット読みすると「ビー エィ ジー」ですが、つなげてみてもバッグにはなりませんね。そこで、文字をフォニックス読みに置き換えてみます。そうするとbは「ブ」、aは「ア」、gは「グ」。これら3つの音を繋げるとブアグ…「バッグ」に。つまり、アルファベット読みは文字の名前を、フォニックス読みは文字の音を読んでいることになります。

フォニックスってなんで大切なの?

発音・フォニックスは4技能の中心にあります=ジュミック今井さん提供

A. フォニックスの最終目標はPやBの発音の達人になることではありません。正しい発音で自立的にコミュニケーションがとれるようになることが目的です。また、発音と英語の4技能(話す、聞く、書く、読む)には相関性があり、英語全体の底上げにつながるので、フォニックスを学ぶことは重要なのです。

発音は4技能とつながっています。なぜなら、私たちは英語に向き合っている時、自分の発音で英文を聞き、自分の発音で英語を話し、自分の心の声(=発音)で英文を書き、自分の心の声(=発音)で英文を読んでいるからです。つまり、発音というのは上図のように4技能の中央に鎮座しているのです。

こんな経験をしないためにも・・・

海外に行くと発音がとても大切だということを感じます。ニューヨークのレストランでフォーク(fork)をくださいと頼んだらコーラ(coke)が出てきた。ウェイトレスに「スーパーサラダはいりますか?」と聞かれて、No, thank youと言ったら、soup or salad(スープ、それともサラダにしますか?)だった。phone call(電話)と言ったつもりがHong Kong(香港)と勘違いされてしまったなど、笑えない体験談もあります。

フォニックスにも流派がある!? 

メトロノームのリズムに合わせてフォニックスを音読する学習法もあります=ジュミック今井さん提供

A. フォニックスには流派ともいうべき、習得するまでさまざまなアプローチ方法や教材があります。

歌いながら体を動かして 学ぶイギリス発祥の「ジョリーフォニックス」をはじめ、ペーパー教材などを使って学ぶ「mpi松香フォニックス」、アニメ動画を見ながら学ぶ「あいうえおフォニックス」など、さまざまなアプローチがあります。わたくしジュミック今井は、メトロノームのリズムに合わせてフォニックスを音読する「フォニックサイズ」というトレーニングを展開しています。

フォニックスを習いはじめるのは7歳ごろまでがおすすめ

フォニックスを習うのは何歳がいいの?

A. 「英語は辛くてしんどい・・・」という苦手意識を持つ前、できれば7歳ぐらいまでにフォニックスに触れておくのが望ましいと思います。7歳は論理的思考が台頭してくる時期なので、「なんでthは2種類の音があるの?」と音を出す前に理屈が邪魔をすることもあります。ですので、音を自然とそのまま受け入れられるに時期に学ぶといいでしょう。

私たちは生まれたとき、様々な音を受信できる無数のアンテナを持っています。この段階ではどんな言語の音も吸収できるのですが、母語が発達するにつれ、アンテナが折りたたまれてしまい、母語のアンテナだけが残ってしまいます。そうなると私たちは英語を異音(雑音)として捉え、苦手意識が芽生えやすくなります。子どものうちに英語を学ぶことは、本来生まれ持ったアンテナを残す作業につながっています。

小学生になってからフォニックスを習うのはでは遅いの?

A. 何歳になっても遅過ぎるということは決してありません。スイスの心理学者ピアジェの研究によると、子どもの発達段階には、次の4段階があります。発達年齢に合わせて、学びのアプローチを変えていくことが大切です。親御さんも自宅でお子さんと一緒に挑戦してみてください。

  1. 五感の刺激を求める「感覚運動期 (0~2歳)」:CDやDVDで音声や映像を流す
  2. イメージを使って認識や区別をする「前操作期 (2~7歳)」:聞こえた数字の分だけ手拍子をする
  3. 具体的な体験とともに論理的思考が発達する「具体的操作期 (7~12歳)」:毎日の活動(例:I get up at seven)をリズムよく繰り返し言う
  4. 知識や体験をもとに予測活動ができる「形式的操作期 (12歳以降)」:好きなものについて英語でプレゼン(Show & Tell)をする

「うちの子ども、すでに小4なんですけど…」とがっかりしないでくださいね。発達段階に合わせた活動を取り入れることが大切なのです。歌って踊って楽しい小1と、「なぜ」「どうして」が芽生える小3では興味の対象も違うはず。フォニックスには基礎編と応用編がありますので、高学年の児童には応用編により多くの時間を割くなどといったカリキュラムの構成も可能です。

フォニックスを習う前の「プリフォニックス」とは?

A. フォニックスの導入の前に行う音韻遊びのことで、「アリタレーション」や「ライミング」を習います。

アリタレーションとはbag, big, boyのように語頭の音、ライミングはMay, way, sayのように語尾の音が韻を踏んでいます。文字がちゃんと書けないうちは、こういった音遊びの英語にたくさん触れましょう。そして、耳が馴染んできたらフォニックスを取り入れていきます。教材としては、マザーグースなどが有名ですが、発達段階で言えば0~7歳の時期がおすすめです。

フォニックスが学べる英語教室 ツリーベルこども英語教室

フォニックスが学べる英語教室 シェーン英会話

フォニックスを学ぶ子どもたち=ジュミック今井さん提供

教室選びのポイントはフォニックスに詳しい指導者がいること

フォニックスを学ぶ子どもたち=ジュミック今井さん提供

フォニックスの学習を取り入れている教室の選び方は?

A.  日本人でもネイティブスピーカーでも構いませんが、フォニックスに詳しい指導者がいるお教室を選びましょう。

英語が話せるから、発音が良いからといって、必ずしもフォニックスを教えられるとは限りません。児童英語は特別な資格がなくても教えることはできますが、J-Shine(小学校英語指導者)の資格などを保有しているかどうかは、技術力を測るひとつの物差しになるといえるでしょう。

※編集部追記

みらのび掲載中のフォニックス学習に対応している英語教室には「ツリーベルこども英語教室」と「シェーン英会話」が挙げられます。みらのびから無料体験レッスンへの申し込みも可能です。興味がある方は、各教室の教室ページをぜひご覧ください。

ツリーベルこども英語教室は東京と埼玉に5教室展開しています。

・ツリーベルこども英語教室
URL:ツリーベルこども英語教室の一覧
<以下、浦和本校の場合>
住所 : 埼玉県さいたま市南区根岸4-17-14 3F
コース&料金:園児クラス(授業料9900円/月+教材費5500円/6カ月)、小学生初級クラス(授業料9900円/月+教材費5500円/6カ月)、小学生中上級クラス(授業料1万6500円/月+教材費5500円/6カ月+英検実費)など
※詳しくは教室にお問い合わせください。

 シェーン英会話は40年以上の歴史を誇る英語教室で、マンツーマンレッスンや個人レッスン、グループレッスンや少人数レッスンなどを全国展開しています。

・シェーン英会話
URL:シェーン英会話の教室一覧
<以下、新宿本校の場合>
住所:東京都新宿区西新宿1-3-15 栃木ビル 4F
コース&料金:英検®対策コース|個人レッスン(2万6400円/月)、少人数レッスン(8800円/月)、短期集中型|英検一次直前演習(8万7450円/全12回※3カ月間)など
※詳しくは教室にお問い合わせください。

無料体験を上手に使うには?

A.  無料体験をする際には、①フォニックスに精通した先生はいますか?(指導年数、習得した方法など)②どんな教材を使っていますか?(読み書き、映像を使ったビジュアル中心なのか)③フォニックスを教えている頻度は?(毎レッスン、週1回なのか)の3つの質問を聞きましょう。

フォニックスは継続的に学ぶことが何より大切ですので、毎回の授業で取り入れているかどうかはお教室選びの重要なポイントです。また、どうやって指導しているかを知るためにも、親御さんがレッスンの見学をされることをお勧めします。

フォニックスのメリットは?発音が良くなり、世界観が広がること

フォニックスのメリットを4つ紹介します。

①単語が読めて書けるようになる

まずは英単語を読むことができます。子どもたちは、言葉の意味ががあまり良く分からなくても、声を出して読めるのがうれしいんですよね。フォニックスでは、英単語の音をきいてたくさん書くことも大事です。私が指導している英語教室では、ちょうど子どもたちが「ええ~」と嫌がらない程度、1単語につき3~5回書かせて、書く「習慣」を楽しく身につけるようにしています。

②英語の発音がきれいになる

つづり字は決まった発音の仕方があるので、文字がそのまま発音記号の役目を果たします。発音を磨くには、口の形を覚えるまで毎日5分でもいいので単語や文章を繰り返し言う必要があります。小さいうちに身につけた発音は一生の宝物になります。

③リスニングの力がつく 

「単語を知っていても聞き取れない」というのは、自分の発音と、聞いている相手の発音の間に「差」があるときに生じます。ですので、自分自身の発音が良くなることにより、聞き取れる音も増えてきます。また、耳を慣らすためには、子どもが好きな英語の歌を聞くのも良いでしょう。

④英語がもっと好きになり、世界がぐんと広がる

子どもたちの夢の種まきがフォニックスです。私の教室には、「外国の友人をたくさんつくる!」「次の海外旅行までにぺらぺらになって、お父さんとお母さんの英語のガイド役になる!」など、目標を持って頑張っている子どもたちもいます。

フォニックスを学ぶうえでの注意点は?

cup(コップ)やsun(太陽)のuは規則的に「ア」と読みますが、busy(忙しい)のuは例外の「イ」です。フォニックスに慣れている子どもは、ルールに当てはまらないつづり字を見ると、つい動揺してしまうことも。特別な読み方をする単語に関しては、そっくりそのまま暗記してしまったほうがよい場合もあるのです。

ジュミック今井さんからのメッセージ

コミュニケーションツールの入り口にあたる「フォニックス」。その先には、単語→文→パラグラフ→会話といった世界がどんどん広がっていきます。「英語って楽しいね!」という言葉がお子さんから出たら、あとはもう大丈夫。お子さんは自分から進んで学んでいけるはず。親にはぜひとも、英語を楽しく学べる環境作りのサポートをお願いしたいです。フォニックスという名の大海原を、楽しく航海しましょう。

「フォニックス」の記事一覧

フォニックスが学べる英語教室 ツリーベルこども英語教室

フォニックスが学べる英語教室 シェーン英会話

ジュミック今井
ジュミック今井

都内にて英会話教室を主宰、翻訳業及び語学書の執筆活動を行っている。「J-Shine小学校英語指導者」資格者。全米外国語教育協会に所属、ACTFL公認のOPI英語・日本語テスター。中国文化大学(台湾)にて日本語教師養成班を修了、日本語教師としても活動中。フォニックス関連、イギリス留学の経験を活かした書籍を多数執筆。児童向け近刊書は『はじめてのフォニックス』全5巻(Jリサーチ出版)。趣味はレース編み、台湾の穴場巡り。

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す