2021.06.04
習い事Q&A まなぼん

プリスクールとは?保育園・幼稚園との違いやレッスン内容の特徴を紹介

小学校で外国語活動が始まり、早期英語教育と探究型学習の人気が高まったことから、英語で幼児教育をする「プリスクール」が全国各地で増えています。そもそもプリスクールとはどんなところなのでしょうか。子どもに合ったプリスクールの選び方とは。国際教育専門のウェブメディア「インターナショナルスクールタイムズ」の編集長を務める元プリスクール経営者の村田学さんに解説してもらいました。

【参加無料・オンライン】10月23日に「プリスクール・インターナショナルスクールフェア」を開催!15校の特徴やスクール選びのコツを詳しく紹介します!

<今日のポイント>

  1. プリスクールとは英語で幼児教育をする認可外保育施設
  2. 「英語のイマージョン教育」「教育メソッドの多様性」「探究型学習」「文化交流」の4つが特徴
  3. プリスクールの学費は150万円程度、小学校の受験対策も必要

プリスクールとは英語で幼児教育をする認可外保育施設

好きな本の主人公になりきる「キャラクターデー」の様子=カナディアンアカデミー(兵庫県神戸市)提供

まずはプリスクールとはどういうところなのかを説明します。

プリスクールとは?

A. プリスクールは、英語で幼児教育をする認可外保育施設のことです。3~5歳の子どもを対象にしたスクールが多く、0歳から通えるところもあります。

プリスクールという名称は、法律的に誰でも名乗ることができます。厚生労働省の認可外保育基準に則って運営されているスクールが多く、教育内容もモンテッソーリやレッジョ・エミリアなど様々です。園児と教職員の外国人比率も各園で異なります。また、日本語が禁止されているスクールもあれば、英語・日本語のバイリンガルスクールもあります。

認可外保育施設とは? 幼稚園・認可保育所・こども園との違いは?

A. 幼児教育の施設には、「教育」を目的とした文部科学省管轄の「幼稚園」、保護者の代わりに「保育」を目的とした厚生労働省管轄の「保育所」、幼稚園と保育所の双方の機能を併せた「認定こども園」があります。保育所には、保育士の数や環境設備など国が定めた基準を満たした「認可保育所」に対し、「認可外保育施設」は認可保育所のように保育基準を全て満たしてはいません。自治体へ届ければ開設できる保育施設のことです。

日本語で幼児教育をする幼稚園、認可保育所、こども園と異なり、プリスクールでは英語で幼児教育をします。これが最大の違いです。プリスクールで働く外国人の中には、アメリカ、フィリピンなど海外で保育士資格を取得した人が多くいます。しかし、海外の資格のため、日本では資格のある保育士として扱われません。外国人を多く雇うほど、スクールとして保育士資格を持つ人の比率が下がり、結果的に認可外扱いになります。

(※)一部の認可保育園でも英語を1週間に1時間程度取り入れている施設もあります。

プリスクールとインターナショナルスクール幼稚部の違いは?

A. 幼児教育専門に特化しているプリスクールと、附属の初等部、中等部、高等部があるインターナショナルスクールとは、卒園後の進学先が違います。インターナショナルスクールの幼稚部は、内部生として初等部に進学することが前提で初等部の学びと連携したカリキュラム設計になっています。一方、プリスクールは幼児教育に特化しており、進学先は国公私立小学校に進学するケースが多いです。 

明治以降に増えたインターナショナルスクールは、もともと外国にルーツのある子どもたちのために開校したという歴史的な経緯があります。一方、プリスクールは英語を母国語としない日本人を対象にしているスクールが多く、早期英語教育と探究的な学びを目的に通っている子どもが中心です。

プリスクールでは何を学ぶの?4つの特徴を紹介

自然の中で創造力を養う子どもたち=HILLOCK Bilingual Kinder School(東京都)提供 

プリスクールの学びにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、プリスクールの教育の特徴を4つ紹介します。

 ①英語のイマージョン教育

プリスクールでは、英語で算数、理科、アート、社会などを学びます。耳から英語を聞き取り、話し、そして読み書きの順に英語力を身につけていきます。最初は英語がわからなくても、絵本の読み聞かせや、英単語を発音するためのルール「フォニックス」の学習を通して力をつけます。

②教育メソッドの多様性

プリスクールでは、モンテッソーリやレッジョ・エミリアなどの伝統的な幼児教育を取り入れています。また、近年、教育メソッドは多様化し、プログラミングやロボットの設計を学ぶ「ロボティクス」など、世界の最先端の学びを取り入れているスクールが増えています。算数の授業も特徴的で、数の概念を理解できるよう、カラフルな算盤や数合わせのパズルなどを使った指導をしているところもあります。

③探究型学習/テーマ学習

知識と体験を結びつける探究型学習を取り入れているスクールが増えています。ある園では、「植物観察」をテーマに植物園を訪れたり、植物をタブレットで撮影する「観察日記」を作成したり。「恐竜」のテーマでは、恐竜の絵本を読んだり、恐竜の標本がある博物館を訪れたりしていました。スクールもテーマ学習の期間に合わせて、恐竜の模型を園内に飾るなどして力を入れています。

④文化交流

プリスクールには、世界から外国人の指導者や園児が集まっており、多文化を体験できる文化交流の行事がたくさんあります。パジャマを着て学校に寝泊まりする「パジャマパーティー」、各国の家庭料理を持ち寄る「ポットラック」や「ハロウィン」など様々あります。これらの行事は、保護者のサポートで成り立っています。保護者が母国の絵本を子どもたちに読み聞かせする行事もあります。

プリスクールの1日の過ごし方は?日本語教育はどうなっているの?

プリスクールに通う年長の時間割=アオバジャパン・バイリンガルプリスクール(東京都)提供

A. 上図は都内のプリスクールの年長の時間割です。朝に登園し、朝の会の後に国際バカロレアのプログラムにそった学習やそろばんがあり、外遊びや空手、ダンスなど体を動かす時間もたくさんあります。乳児は授業ではなく、英語の遊びが中心になります。

プリスクールの多くは、日本語の授業を取り入れています。年少では日本の童話を読み聞かせ、年中・年長では基本の読み書きなどを取り入れています。外国人と日本人の子どもでは日本語力が異なることもあるので、レベル別の授業もあります。 

プリスクールの進路・学費の総まとめ

クレイアートに取り組む園児たち=アオバジャパン・バイリンガルスクール(東京都)提供

プリスクールに入園するには?

A. プリスクールに入園する際には、親子面談がありますので対策をしましょう。

乳児の入園の場合、園の理念と保護者の理念が合っているかどうかが見られます。年少からの入園では、スクール側が子どもの行動観察をし、スクールの生活に合うか検討したうえで入園可否を決めることがあります。また、日本の幼稚園や保育所のように保護者を「お客様」として捉えるのではなく、子どもに良い学びを作る「パートナー」として、園の行事などに積極的に参加することが求められます。

プリスクールに通う子どもたちの進学事業はどうなっているの?

A. プリスクールに通う子は国公私立小学校に進学することが多く、親は別途受験対策をする必要があります。

インターナショナルスクールの初等部に進学を考えている場合、授業内容が理解できるように相当の英語力が必要になってきます。

学費はどのくらいかかりますか?

A. プリスクールの学費は、年間約150万円程度かかるところが多いです。

学費以外にも延長保育代、遠足費、学校行事によって追加の費用が掛かります。 また、保育無償化により、届け出を出している認可外保育施設については補助金が出るようになりました。市区町村が独自に補助金を上乗せする地域もあります。詳しくは内閣府のホームページ をご確認ください。

まなぼんからのメッセージ

プリスクールの醍醐味は、卒園式です。表現力豊かに自分のテーマを発表する姿は、プリスクールで学んだ集大成です。
多くのお父さん、お母さんが我が子の探究力と論理的な説明能力に驚き涙します。多国籍の指導者たちと交流できるプリスクールは、世界で活躍できる土台ができます。

イラスト:カワチハルナ

「まなぼんの国際教育」の記事一覧

まなぼん
まなぼん

本名・村田学。1973年生まれ、米国カリフォルニア州トーランス出身の日本育ちの帰国子女。アメリカの幼稚園を2日半で退学になった「爆速退学」から帰国。国際教育メディア「インターナショナルスクールタイムズ」編集長。1児のパパ。プリスクールの元理事長、東京ウエストインターナショナルスクール(東京都八王子市)の共同オーナー。国際バカロレア機構のプライマリー・イヤーズ・プログラムの教員研修を受講。教育系ベンチャー企業の役員を務めながら、NPO法人ソダチバ・プロジェクトの監事、複数の教育プロジェクトに参画中。

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す