2021.06.18
学びをはぐくむ みらのび編集部

こぐま会久野泰可代表オンライン講演会「幼児期の基礎教育と小学校受験」6月27日

いま知っておきたい、親が持つべき教育の正しい知識

幼児教室「こぐま会」の久野泰可代表が6月27日(日)午前10~11時に、「幼児期の基礎教育と小学校受験」と題したオンライン講演会を開催します。

コロナ禍において、公立小学校にはない教育環境の充実や独自の取り組みが評価され、私立志向はますます高まりを見せています。一方で、業者から押し付けられた間違った受験対策によって、時代遅れの誤った価値観やゆがんだ情報に惑わされた結果、お子さまの成長を阻害してしまうケースも少なくありません。今、学校が求めているもの、それは聞く力、作業を通して問題を解決していく「考える力」です。これを身につけるためには、ペーパーのみの機械的な学習ではなく、事物教育と対話教育が必要不可欠です。

本講演会では、こぐま会代表の久野泰可が、最新の入試を踏まえながら、思考力を育てる正しい受験対策についてお伝えします。この講演を通じて、受験を検討されている方もそうでない方も、正しい考え方と正確な情報を得て、お子さまの教育に自信を持って取り組んでいただきたいと思います。

  1. 最近の小学校受験の傾向
  2. コロナ禍の入試で変化したこと・しなかったこと
  3. なぜ、ペーパートレーニングだけではだめなのか
  4. 受験のための学びが、将来の学習の基礎づくりになるように

対象は、年中以下のお子さまをお持ちの保護者や幼児教育に関心のある方。費用は無料。

申し込みは6月27日(日)午前9時まで。

お問い合わせは03-3715-4700(こぐま会 恵比寿本校受付)。 

申し込みはこぐま会HPから。https://www.kogumakai.co.jp/seminar/0627/

プロフィール:久野 泰可(くの やすよし) 

1948年、静岡県生まれ。横浜国立大学教育学科を卒業後、現代教育科学研究所に勤務し、1986年「こぐま会」代表に就任。常に幼児教育の現場に身を置き、その実践を通して幼児期に大切な「思考力」を育てるための独自のカリキュラム「KUNOメソッド」を確立。著書に『子どもが賢くなる75の方法』(幻冬舎)、『「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育』(集英社)など。こぐま会HP:https://www.kogumakai.co.jp/

「小学0年生の考える力 こぐま会・久野泰可室長」の記事一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す