2021.08.12
習い事Q&A 稲本昌之

テニスのサーブの悩みを解消するコツ!入らない・飛ばないサーブの改善方法

サーブはどう構えて、どう打てばいいの?練習してるのになぜか上手く行かない……。海外8カ国11都市を巡ってテニスのコーチングを研究し、直接指導や情報配信を行ってきた稲本昌之さんが、様々な悩みごとに合わせた解決方法をアドバイスします!

今日のポイント

  1. 【低学年編】コンチネンタルグリップがうまくできず握り方が変でサーブが飛ばない
  2. 【低学年編】身長が低くてサーブがうまく打てないし入らない
  3. 【低学年編】上から打つサーブが上手くラケットの真ん中に当たらない
  4. 【低学年編】アンダーサーブがアウトになることが多い
  5. 【高学年編】サーブの力が弱く、ボールが飛ばない
  6. 【高学年編】サーブが相手のチャンスボールになることが多い
  7. 【高学年編】サーブのボールにうまくスピンがかからない
  8. まとめ
  9. おすすめ動画

【低学年編】コンチネンタルグリップがうまくできず握り方が変でサーブが飛ばない

コンチネンタルグリップでラケットを持つと、フラットに当てられない、打点が高くなるように大きくスイングすることができない、などの悩みはとても多いです。

ここでは、コンチネンタルグリップでのリストワークを覚えるコツ、コンチネンタルグリップで大きくスイングするコツ、その2つを足した動きのコツを紹介します。

ラケットを短く持ってコンチネンタルを覚える

コンチネンタルグリップが苦手な場合は、ラケットを短く持って練習しましょう。グリップの上部を持つと、コンチネンタルグリップでも擦れたあたりにならず、しっかりフラットなインパクトができるようになります。

短く持ったコンチネンタルグリップでインパクトを作り、腕の外側にグリップエンド(グリップの最下部)が抜けて来るように打つと、腕を内側に回しながらスイングする正しいプロネーションの動作を作りやすいでしょう。

ラケットを投げる

なるべく使っていない古いラケットなどを使い、コンチネンタルグリップで握り、遠くへ投げてみましょう。ハードコートではコートやラケットに傷がつくため、オムニコートやクレーコートで行いましょう。

この投げ方が身につくと、厚いグリップの羽子板打ちにならず、ラケットをスムーズに振るイメージがつきます。

手のひらの方向でイメージトレーニング

左手でボールを軽く上に投げて、ひじを曲げたままでいいので、右腕をサーブのように振り出し、右手でボールをキャッチしましょう。その際、右手先は小指の方からチョップするようなイメージで振り出し、手とボールが当たる直前で手のひらをボールに向けてキャッチします。

この動作を練習することによって、コンチネンタルグリップで握った時のサーブで、インパクト直前にラケット面をボールの方へ向ける感覚を掴みましょう。

【低学年編】身長が低くてサーブがうまく打てないし入らない

小学生の間は、身長が低く、コートが広く感じたり、ネットが高く感じたりして、サーブが難しく感じるでしょう。ここでは、身長が低くてもサーブが上達するポイントを紹介します。

ボール投げで軌道のイメージトレーニングをする

身長が低い分、サーブでは山なりの軌道を作る必要があります。直線的で速い軌道のイメージを持ちやすい低年齢ジュニアには、サーブを打つ位置からサービスボックス内に向けて、手でボールを投げる練習をおすすめします。

適度な滞空時間があり、ネットの上を余裕を持って通せるように、ボールの軌道と適度なスピード感をイメージして投げましょう。だんだんとサーブが入るようになります。

上方向への力を作る

サーブには、体を上に動かす力が必要です。3つの動きを意識しましょう。

①ひざの曲げ伸ばし

②胸を上に向けて押し上げるようにする

③ひじを高くあげる

勢いよくスイングすることばかり考えていると、サーブはついつい下に向けて叩きつけるような動きになりやすくなります。この動きは身長が伸びても必要です。身長が低い時期から身につけておくと良いでしょう。

コートに対して身長が低すぎるだけと考える

まだフルコートを使うには、身長が低すぎるだけだと考えることもできます。無理して打つよりも、正しいフォームを身につけるためには、ベースラインの内側に立って打つことをおすすめします。無理して後ろから打つよりも、身体サイズにあった距離でプレイすることのほうが大切な場合もあります。

【低学年編】上から打つサーブが上手くラケットの真ん中に当たらない

せっかく正しいフォームでスイングできるようなったのに、今度はラケットの真ん中に当たらないという悩みはとても多いです。ここでは、トスやラケットの担ぎ方を工夫して、真ん中に当てやすくなるコツを紹介します。

トスアップは身体の前に上げる

左が良い例です。右が悪い例です。上に高くトスアップしようとすると、頭の後ろに上がってしまい上手く打てなくなります。また、高いトスアップは大きくブレやすくなります。

自分よりも少し前を意識して、高くなりすぎないトスアップを心がけましょう。

先にかつぐ

左手をトスアップしながら、同時に右手でラケットを担ぐ動作は、力の弱い低学年ジュニアには難しいことです。

そこで、先に右手でラケットを担いでからトスアップをしてみましょう。余裕が生まれ、ボールを捉えやすくなります。

アンダーサーブを練習する

どうしても失敗したくないセカンドサーブは、下からスイングして打っても構いません。アンダーサーブを練習しておきましょう。

【低学年編】アンダーサーブがアウトになることが多い

サーブの時だけでなく、ストロークラリーの最初のボール出しでも必要になるアンダーサーブは、簡単そうに見えて、いざやってみると意外に難しいものです。

ここではシンプルな構えとスイングで、アンダーサーブの成功率を高めるコツを紹介します。ラリー練習のボール出しにも役立ちます。

「構え」を整えて打つ

ストロークのように横向きの姿勢を作っておきます。身体の前でラケット面のスイートスポットとボールを合わせて構えましょう。一度静止して狙いを定める間を作ると良いでしょう。

ラケットを落とす感覚でボールに当てる

スイングするというよりも、ラケットを肩からの振り子の動きで上から落とすという感覚でボールに当てましょう。ボールは上に投げるというよりも、パッと離すだけというイメージでトスアップすると、ラケットが真ん中を外しにくくなります。

薄いグリップで持つ(コンチネンタルグリップ)

フォアハンドストロークの厚いグリップ(コンチネンタルグリップよりも握る手が右周りに回った状態)ではなく、コンチネンタルグリップで持ちましょう。

ラケット面が上を向くため、軽くボールが飛びます。厚いグリップだと距離が出にくいため、ついつい強く振ってしまい、アウトが多くなります。

【高学年編】サーブの力が弱く、ボールが飛ばない

高学年になると、力強いサーブが打ちたくなるものです。が、闇雲に強く振るだけではスピードは上がりません。例え上がったとしても成功率が落ちます。

ここでは正しいフォームで、スイングの力強さがアップするコツを紹介します。

リラックスしてスイングし、少し前に着地する

力を抜いてスイングしましょう。グリップを強く握りすぎないように、構えた時に力が抜けているかどうかを確認しましょう。打ち終わった後は、少し前に着地するようにすると、体重移動がうまくできてボールがよく飛びます。

運動の連鎖を意識する

下半身から発生する力を効率よく全身運動へと伝えて連鎖させることで、最大限に力を発揮することができます。ひざが伸び上がり、上半身が横向きから前向きへと回転し、最後に肩が回る順で、滑らかに動きを繋げるよう意識しましょう。

「打点=最も高いところ」は間違い

左が良い例です。右が悪い例です。最も力が効率的に伝わるときは、耳と二の腕が離れて、ひじが軽く曲がり、腕とラケットで作る角度がくの字になります。腕とラケットが一直線に伸びた位置ではありません。無理して腕を伸ばすと逆に力が抜けてしまいます。

【高学年編】サーブが相手のチャンスボールになることが多い

せっかく安定したサーブを覚えても、相手から鋭い攻撃を受けてしまうこともあるでしょう。ある程度サーブが安定してきたら、今度は安定を保ちつつ相手が攻めにくいボールを目指したいところです。

ここでは、相手にとって攻めにくいサーブを打つコツを紹介します。セカンドサーブに生かしましょう。

返しにくいコース、バックハンドを狙う

ほとんどの選手は、フォアは得意でもバックハンドはそれほど強く打てません。また、バックハンドの高い打点は、全ストロークの中で最も力が入りにくいショットです。

バックハンドの高い打点で相手が取らざるを得ないコースを狙いましょう。

回転をかけて変化をつけよう

ボールに回転をかけることを覚えましょう。スライスサーブで横に曲げたり、スピンサーブで上に弾ませたり、変化をつけることで攻撃されにくくなります。

ボールがバウンドした後の「伸び」が大切

サーブの威力は、ボールがバウンドした後の伸びに表れます。例えば、軌道が低く空中で速いだけのサーブは、球質が軽いため、面を合わせられると簡単に返されてしまいます。

特に身長が高くない小学生のサーブは、発揮できる速さにも限界があるでしょう。回転をかけて少しネットの高いところを通し、バウンド後にボールが伸びるように心がけることをおすすめします。

【高学年編】サーブのボールにうまくスピンがかからない

サーブに回転をかけられるようになると、確率が上がります。また、変化をつけることで相手のミスを誘えます。意図的にサーブに回転をかけられるようになりましょう。ここではサーブに回転をかけるコツを紹介します。

回転をかけるだけの練習をする

ラケットをコンチネンタルグリップで持ち、ボールを上に跳ね上げるように回転をかける練習をしましょう。ボールが飛ぶ方向とスイングの方向が違う感覚、速いスイングでボールとラケット面の接地時間を短くして弾き上げる感覚の両方を学びましょう。

下や横で回転をかけて飛ばす

アンダーサーブやサイドスローの打点でボールをカットして飛ばします。スイング方向とボールが飛んでいく方向に違いが出るイメージを持ちます。慣れてきたら上から打って、狙った方向に飛ばせるように練習しましょう

回転をかけるには、より速いスイングが必要

回転をかけるスイングの方が、フラットに当てるときよりも速いスイングが必要になります。回転をかけるサーブはセカンドサーブで打つことが多く、ファーストサーブよりもスピードを出さないので、ついついスイングも遅くなってしまいがちです。スイングは速くなるよう意識しましょう。

まとめ

サーブは、低身長の小学生のうちは、高い打点が取れないばかりか筋力も不十分なため、ラケットの振り上げが難しいでしょう。特に女の子は筋力不足から苦手意識がつきやすいです。身長が伸び、筋力がついてきたときに、綺麗なフォームで打てるようにコツコツ練習していきましょう。

筋力がない時期を前向きに捉えれば、効率の良い運動連鎖を使ったフォームを習得しやすい時期と考えることもできます。テニスをする時は、毎回少しで良いのでサーブ練習の時間を作ることをおすすめします。

回転をかけるサーブのおすすめ動画


こちらの動画では、サーブで回転をかけることを中心に説明をしています。コンチネンタルグリップで持って、動画の手順で練習していけば、少しずつ回転がかけられるようになります。

ぜひ試してみてください。

みらのび掲載のテニス教室一覧

・関連記事
子どもがテニスを習うなら何歳からが良いの?スクールの選び方や通うメリットを解説
【初心者・子ども向け】テニスのサーブの上手な打ち方・フォームまとめ
【初心者・子ども向け】テニスのスマッシュの打ち方と確実に決めるコツ
【初心者・子ども向け】テニスでラリーが続かない理由は?安定させるコツを解説

稲本昌之
稲本昌之

中学時代にテニスを始め、大学卒業後は江坂テニスセンターのコーチに。26歳でバルセロナへテニス留学。アンディ・マレーやスベトラーナ・クズネツォワなど、後に世界トップランカーとなる選手と練習を共にし、帰国後、留学経験を生かし江坂TCのキッズ・ジュニア育成を担当。2016年に独立。計8カ国11都市でコーチングを研究しました。「テニスコーチ.jp」で情報を発信しながらコーチングや留学サポートを行っています。

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す