2021.08.12
習い事Q&A 稲本昌之

【初心者・子ども向け】テニスのスマッシュの打ち方と確実に決めるコツ

スマッシュを打ちたい!でも、どう打てばいいの?海外8カ国11都市を巡ってテニスのコーチングを研究し、直接指導や情報配信を行ってきた稲本昌之さんが、構えや意識するべきポイント、練習法などを解説します!

今日のポイント

  1. テニスのスマッシュとは
  2. テニスのスマッシュの基本
  3. スマッシュを確実に決めるために意識すべきこと
  4. テニスのスマッシュの練習法
  5. まとめ
  6. スマッシュ練習のおすすめ動画

テニスのスマッシュとは

スマッシュとは、相手が山なりに高く打ってきたロブショットに対して、上から叩き込むようにスイングするショットです。ゲームの中では確実に打ち抜いて決めようとする時に用います。

スマッシュには直訳で「粉砕する」という意味があります、文字通り、強く地面に打ちつけるようなショットです。

スマッシュのメリット

スマッシュが打てると、相手が時間を稼ぎのために返すような隙だらけのロブをしっかりと打ち返して得点することができます。ロブをスマッシュできないと、時間を稼がれ、また攻撃し直すチャンスを相手に与えることになってしまいます。

スマッシュの種類

スマッシュには基本的なスマッシュのほかにも、ダンクスマッシュ、ジャンピングスマッシュ、グランドスマッシュなどがあります。それぞれどんな特徴があるか説明しましょう。

スマッシュ余裕があるときに踏み込んで打つ一般的なスマッシュです。

ジャンピングスマッシュ相手のロブが深い時、後ろにジャンプしながら空中で打ちます。

グランドスマッシュ

高過ぎるロブに対しては一度地面に弾ませてから打ちます。ワンバウンド後でも頭の高さ以上に弾む場合などに使うことが多いです。

ダンクスマッシュ

浅いロブの時、前にジャンプして叩き込むように打ちます。バスケットのダンクシュートに似てることからダンクスマッシュと呼ばれます。

テニスのスマッシュの基本

スマッシュはただ思い切り振ればいいかというとそうではありません。高さや深さ、スピードなどが多様なロブを正確に捉えるには、基本のフォームを学ぶことが必要です。

ここではグリップの握り方から体勢、スイングまで、正しい打点で打てるように、基本のフォームを紹介します。

グリップ

コンチネンタルグリップで握りましょう。打点を高く取ることができてミスが減ります。また、打点が少々頭の後ろになっても打つことができるので、深いロブにも対応できます。

体勢

横向きの体勢を作りましょう。ボールが上に上がったら、左腕の左側からボールを見るようにします。そうすることで、上半身が捻られて横向きを作る準備ができます。

次に右足を引くように動かすと、捻られた上半身についていくように、下半身も横を向き、スムーズに横向きを作ることができます。

慣れないうちは、正面向きのまま下がる動きを取ってしまい、素早く下がれないばかりか、スイングに必要な上半身の横向きも作れなくなります。

まず、左腕の左側からボールを見る。次に足を動かし始める。

この順番で動かせば無理なく横向きになる動作を覚えることができます。

スイング

サーブと同じようにボール投げの動作で上に向かってスイングします。

スマッシュとサーブの違いは、全身を大きく使ってスイングするのではなく、腕だけでスイングするイメージを持つと安定しやすいところでしょう。

サーブは自分でボールを投げるため、横向き→前向きに体をひねる動きをしっかりと行っても打点がブレにくいのですが、スマッシュは相手のボールを扱うため打点を取ること自体が難しく、身体をひねる動きを意識しすぎると、さらにブレやすくなってしまいます。

また、スマッシュとサーブでは、打った後の姿勢にも違いが現れます。



左はスマッシュのフィニッシュです。右はサーブのフィニッシュです。サーブはインパクトの後のフォロースルーも大きく振るため前傾姿勢に移りやすいですが、スマッシュはサーブに比べると、コンパクトにまとめる方が良いでしょう。スイングを必要以上に大きくとらならないことで、ラケットの真ん中に当てる確率を高めます。

打点

高く取れるようにしましょう。高い打点でラケットの真ん中に当たれば、スマッシュはサーブよりも容易にスピードが出ます。頭の真上あたりが理想ですが、深いロブに対してはそれよりも後にならざるを得ないこともあります。

サーブのように自分で上げたトスを打つわけではないので、ある程度広い範囲のボールを打てるように、打点に幅を持たせましょう。少しくらい打点が前後左右にズレても正確に打てるようにしておきましょう。

スマッシュを確実に決めるために意識すべきこと

スマッシュは見るのとやるのとは大違いです。実際にやってみると、とても難しく感じるショットでしょう。練習し始めた時は、空振りも珍しくありません。ここでは確実にインパクトし、相手コートに入れるために必要なことを紹介します。

サーブと違う準備

左が良い例です。右が悪い例です。サーブと違って、相手からいつも同じボールが上がるとは限らず、様々な高さ、コースに対応する必要があります。サーブのように下から大きくラケットを担がずに、身体の横を通してコンパクトにテイクバックを行いましょう。

落下点に入るコツ

ボールを左腕の左側から見るのがコツです。そうすることで落下点に入る動きの途中でも横向きを保つことができます。

最初は怖く感じますが、「もし空振りしたら頭に当たる」ような場所に立つと打ちやすいです。ボールを怖がると、身体の前にボールが落ちて、打ちにくくなります。

逆クロスに打つ(浅いところに打てない年齢は特に)

まずは距離が長いクロス方向を練習しましょう。身体の開きを抑えて打つことを考えると、逆クロス方向の練習から始めるのがおすすめです。

テニスのスマッシュの練習法

スマッシュはシンプルですが難しいショットです。ここではスマッシュの動きを分解し、コツが学びやすい練習方法を紹介します。

キャッチして投げる

上から落ちてくるボールに慣れていない場合、まずは野球のフライを取る要領でボールを取りましょう。身体の向きは横向きになりませんが、慣れるまでは気にしなくて構いません。

うまくキャッチできたら、すぐに横を向いてボールを投げましょう。その際、一歩前に踏み込むようにすると、スマッシュのフットワークを学べます。

キャッチから投げるまで、なるべく間を開けずにすぐに投げることでコンパクトで時間をかけないスマッシュ のテイクバックのリズムも学ぶことができます。

簡単なボールから

スマッシュは打点をうまく取ることが難しい反面、打点さえ合えばそれほど難しくありません。まずは、ほとんど動かなくても良い簡単なボールから練習を始めましょう。

ボールは落下の位置だけでなく、高過ぎたり低過ぎたりしても打ちにくいです。ボールを出す人は、高さも気をつけながら出してあげましょう。

打つ選手は、その場で打てるボールでも一度軽く下がって踏み込んで打つようにすると、正しいフットワークを覚えられます。その場に来る簡単なボールでも、足を動かして打ちましょう。

空振りして頭に当てる

実際にボールを出してもらってわざと空振りします。上手く頭に当たれば成功です。正しい落下点に入れていた証拠になります。頭に当たると当然痛いので、嫌な場合は頭よりも後ろにボールが落ちるようにすると良いでしょう。

左手の左側からボールを見てラケット面に当てる

写真のように、ボールが上に上がったら左手の左側からボールを見てラケットを準備します。ラケットの面を下に向けて移動し、ラケット面にボールを当てます。準備の早さや落下地点に素早く入る練習になります。

思い切り振るより「上から蓋をする」「拳を頭に近づける」

スマッシュはスイングをコンパクトにしたいショットです。ラケットを構える状態が、上空にあるボールにラケットで蓋をしたように見えれば、シンプルに蓋を開けてもう一度閉めるという動きに近づき、スイングがコンパクトになります。

また、ラケットを持っている拳を頭に近づけてスイングしてもテイクバックがコンパクトになるためおすすめです。

まとめ

スマッシュは決まると気持ちがいいですが、見た目よりも難易度が高いショットです。試合に出ているレベルの選手でも、ミスは多いです。

まずはサーブと同じ腕の振りを覚えて、たくさん打ちましょう。その中で、サーブとスマッシュの違いを学びます。サーブのように自分で上げたボールを打つのとは違って、打点に入る動きとスイングをコンパクトにする動きが求められます。

素早く左手の左側からボールを見て動き出すこと、身体の回転を使い過ぎずに左腕を自分の方に持ってくるようにして、スイングをコンパクトにすることを心がけましょう。試合で決まると気持ち良いのはたしかで、気分も乗ってくるショットなので、ぜひマスターしてもらいたいです。

スマッシュ練習のおすすめ動画

こちらの動画はスマッシュが大の苦手という選手でも、確実にインパクトし、決められるようになるための練習を紹介しています。スマッシュのコツが網羅されていますのでぜひご覧ください。

みらのび掲載のテニス教室一覧

・関連記事
子どもがテニスを習うなら何歳からが良いの?スクールの選び方や通うメリットを解説
【初心者・子ども向け】テニスのサーブの上手な打ち方・フォームまとめ
テニスのサーブの悩みを解消するコツ!入らない・飛ばないサーブの改善方法
【初心者・子ども向け】テニスでラリーが続かない理由は?安定させるコツを解説

稲本昌之
稲本昌之

中学時代にテニスを始め、大学卒業後は江坂テニスセンターのコーチに。26歳でバルセロナへテニス留学。アンディ・マレーやスベトラーナ・クズネツォワなど、後に世界トップランカーとなる選手と練習を共にし、帰国後、留学経験を生かし江坂TCのキッズ・ジュニア育成を担当。2016年に独立。計8カ国11都市でコーチングを研究しました。「テニスコーチ.jp」で情報を発信しながらコーチングや留学サポートを行っています。

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す