2021.08.18
学びをはぐくむ みらのび編集部

夏休みも残りわずか。いまからでも間に合う夏の自由研究の宿題に役立つ記事まとめ

夏休みもあともう少し。自由研究の宿題は終わりましたか。まだやっていない、という人は、「みらのび」の自由研究の記事を参考にしてください。テーマの決め方から、簡単にできる自由研究の事例まで、さまざまなアイデアを、全国の科学館や博物館の学芸員さんなどに話を聞きました。まだ、間に合う!ぜひ、参考にしてください。

 自由研究の記事

  • 「多摩六都科学館」に聞きました。宇宙編
  • 「琵琶湖博物館」に聞きました。水編
  • 「三菱みなとみらい技術館」に聞きました。科学編
  • 「そなエリア東京」に聞きました。防災編
  • 「わくわく系理科」の辻義夫先生に聞きました。


「多摩六都科学館」に聞きました。宇宙編

自由研究で一番大切なことは、問いの立て方。研究テーマを探すのに役立つのが、「多摩六都科学館」(東京都西東京市)の成瀬裕子さんが考えた「ソクラテスシート」です。3つのステップを書き出すだけで、調べてみたいテーマがはっきりしますよ。

 


簡単!夏休みの自由研究のコツを「多摩六都科学館」に聞きました。宇宙編


「琵琶湖博物館」に聞きました。水編

身近にある「水」をテーマにした自由研究を4つ、紹介してくれたのは、「琵琶湖博物館」(滋賀県草津市)。魚をまるごと1匹食べて、骨を調べるというアイデアは、おいしくて面白くて、役に立つ自由研究です。

 日本一の湖、琵琶湖を調べることも面白い研究になります。琵琶湖以外にも、「私の周りの日本一」を探して、調べてみたらいかがでしょうか。日本一の自由研究になりますよ! 

簡単!水をテーマにした夏休みの自由研究4つを紹介!琵琶湖博物館の学芸員に聞く


「三菱みなとみらい技術館」に聞きました。科学編

いま、夏休みの宿題は、自由研究だけでなく自由工作も選択できる小学校が増えているのをご存じですか。子どもたちは工作が大好き。作って遊べるおもちゃを、「三菱みなとみらい技術館」に聞きました。科学的な仕組みについても、遊びながら楽しく学べます。

 ストローロケットからロケットに搭載されている「ハニカム構造」まで。低学年から高学年向けに分けて、簡単にできる自由工作を紹介しています。動画もありますので、わかりやすいですよ。

 

簡単!夏休みの自由工作のコツを「三菱みなとみらい技術館」に聞きました。科学編

「そなエリア東京」に聞きました。防災編

雨が降り続く日々が続いていて、災害への備えの重要さを実感しますね。自由研究ももう間に合わないかも、という親子に向けて、短期間で取り組めることを、「防災体験学習施設 そなエリア東京」(東京都江東区)で教えてもらいました。懐中電灯の明かりで一晩を過ごしてみる。防災について、親子で語り合う貴重な一夜になりそうです。「困った」経験から、感じたことをまとめてみましょう。

 

簡単!夏休みの自由研究のコツを「そなエリア東京」に聞きました。防災編


「わくわく系理科」の辻義夫先生に聞きました。

夏休みの自由研究って、めんどうくさい。そう思っていませんか。発想を変えると、子どもの考える力を養う、最も良いチャンスなのです。大変、と思わずに、自由に考えれば、どんなことも楽しい「研究」になります。子どもの好きなゲームや漫画から始まっても良いのです。そんな自由な発想のヒントを、子どもが理科好きになる「わくわく系系理科」の先生である辻義夫さんに聞きました。

 

夏休み自由研究は「もっと自由に、もっと遊んで」わくわく系理科の辻義夫先生に聞く


まとめ

自宅にいる時間の長いコロナのいまだからこそ、自由研究という宿題の機会を親子で楽しんで、夏休みの思い出を作ってくださいね。


夏休みの自由研究と読書感想文の記事一覧

 

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す