2021.10.20
習い事Q&A 秋音ゆう

クレヨン汚れは牛乳で落とせる!?壁や家具、服についたクレヨンを落とす方法

クレヨンで楽しくお絵かきをしていると、机にはみ出してしまったり、手や指にクレヨンがついてしまったり、汚れの対処法が気になりますよね。でもクレヨン汚れは、家庭にある身近な牛乳などで落とせるのを知っていますでしょうか。クレヨンやサインペンでおなじみの文具メーカー「ぺんてる」(本社:東京都中央区)で画材の開発を担当している中山瑠梨さんに解説してもらいます。

<今日のポイント>

  1. クレヨンの汚れは「油汚れ」
  2. クレヨンの汚れは牛乳やクレンジングオイルで落ちる
  3. 家具の素材などに合わせて適切な汚れ対策が必要
  4. クレヨンのカスをこまめに拭くこと
  5. 水で落とせるクレヨンなども活用できる

クレヨン汚れは牛乳やクレンジングオイルで落ちる!

水拭きではなかなか落とすのに時間がかかるクレヨン汚れですが、実は牛乳やクレンジングオイルを使うとあっという間に落とすことができます。

クレヨンの汚れとは?

A. クレヨンはオイルやワックスなど、材料の中に油分を含んでいるので、クレヨン汚れはすなわち「油汚れ」です。

油を浮かせると、汚れが落ちやすくなります。油は水となじまないため、水拭きではうまく落とすことができません。

牛乳でクレヨン汚れがとれるの!?

A. 牛乳は水分の中に油分が分散しています。牛乳に含まれる油が、クレヨンの油を吸収し汚れを浮かし、さっと汚れが拭き取れるという理論です。

表面がつるっとした、水分を吸収しない面についたクレヨンには、牛乳の使用が効果的です。ただし、水分を吸収してしまう場所では、牛乳の中の水分が吸い込まれると同時に油汚れも吸収してしまうのであまり推奨はできません。化粧品に含まれる油分を浮かせて水で落とせるようにする役割を持つクレンジングオイルや、食器洗い用の中性洗剤もクレヨン汚れと相性が良いです。


 クレヨンの落とし方を素材別に紹介!

汚れがついてしまった素材ごとに落とし方をご紹介します。

①ガラス・金属

牛乳を布にしみ込ませ、汚れた部分を拭きます。汚れが落ちたら水拭きをして、最後に乾拭きをしてください。

落とし度:★★★ 

②プラスチック製品

水を弾くプラスチック製品の場合、牛乳やクレンジングオイルなどをしみ込ませた布で汚れを拭きます。汚れが落ちたら水拭きをして、最後に乾拭きをしましょう。

落とし度:★★★

③衣類・布類

油分が含まれたクレヨン汚れは温度が上がると溶け、落ちやすくなるので、お湯を使いましょう。洗剤を溶かした40〜50℃のお湯につけ置きした後、もみ洗いをしてください。クレヨンの跡が目立つ場合は、洗濯物に合う漂白剤を使って、つけ置き洗いをしましょう。あまり高温のお湯を使用すると衣類を傷める可能性があるので気をつけてくださいね。

落とし度:★★

④手・皮膚

牛乳やクレンジングオイルなどを使い、クレヨンの汚れを浮かせた後に水ですすぎます。最後にせっけんで洗うときれいに落とせます。

落とし度:★★★ 

⑤壁・家具

塗装された木材や、非吸収面の壁・家具は、牛乳やクレンジングオイルなどを染みこませた布で汚れを拭き取り、水拭きしましょう。塗装されていない木材や、水分を吸収してしまう素材の家具は、牛乳などを使わず、歯ブラシなどで汚れをかき出してください。ただし、色が残ってしまう場合があります。

落とし度:★★

クレヨン汚れを防ぐ方法 水で落ちるクレヨンも

クレヨン汚れをつきにくくすると片付けもラクになります。ここでは、汚れ対策を紹介します。

クレヨン汚れがつきにくくするためにできることは?

A. クレヨン汚れの原因のひとつは、描いているうちに先端から出てくるカスです。そのカスが作品を汚したり、手や指についてまわりを汚したりします。カスをティッシュなどでこまめに拭いてあげると、汚れにくくなりますよ。

ぺんてるのクレヨンは、カスの量が少なくなるようにリニューアルしました。汚れを気にせずのびのびお絵かきを楽しんでもらえたらうれしいです。

汚れがつきにくいクレヨンもあるの?

A. 落としやすいことに特化して開発しているのが水性クレヨンです。

一般的なクレヨンは、先述した通り油分を含んでいるので水で落としにくいですが、水性クレヨンは水にも油にもなじむ界面活性剤を含んでいるため水拭きだけでも汚れが落ちます。


ぺんてる・中山瑠梨さんからのメッセージ

色の豊かさや描き心地のなめらかさ、自分が描きたいものを自由に表現ができるのがクレヨンの魅力だと思います。子どもたちは、夢中になって表現していると、画面からはみ出してしまうことも少なくありません。「汚れ」を理由に自由な表現を制限せず、のびのびとアート活動ができるように見守ってあげましょう。

【プロフィール:中山瑠梨(なかやま・るり)】

文具・事務用品メーカー「ぺんてる」に2019年に入社、入社時より画材の製品開発に携わる。現在は絵の具の開発を担当。子どものころの習い事はピアノ、バレーボール。

写真撮影:横関一浩

動画撮影:北川サイラ

関連記事:子どもの自己表現力が伸びるクレヨンの遊び方4選 子育てのヒントも紹介

関連記事:フィンガーペインティングとは?子どもの感性と自己肯定感を伸ばす遊び方4選

みらのび掲載中の「アート」の習い事一覧

秋音ゆう
秋音ゆう

専業主婦からライターへ転身。教育・絵本・多様性を軸に、子育てメディアを中心に執筆。自身の経験や3人の子育てで感じた想いから「みんなが生きやすい社会」を伝えたい。子どもの頃に夢中になったことは「お話作り」。「エルマーの冒険」のようなお話を創作してノートに書いていました。今では長男が絵本作りにハマっています。

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す