2021.09.30
習い事Q&A みらのび編集部

小学生が英検受験するメリットと取得すべき級の目安は?おすすめの英会話教室も紹介

年々注目度が高まっている、小学生の英検受験。小学生が英検を受験するのにどんなメリットがあるのか、小学生のうちにどの級に合格することを目指すかなどを、英検受験におすすめの英語教室と併せて紹介します。

目次

  1. 小学生の英検受験者数は多い?少ない?
  2. 小学生のうちに合格したい英検の級の目安
  3. 英検受験前に子どもの英語力を測定するには?
  4. 英検対策におすすめの英会話教室3選
  5. まとめ

おすすめ英語教室

小学生の英検受験者数は多い?少ない?

小学校5、6年生の外国語活動が必修化された2011年度(平成23年度)に19万3711人だった小学生以下の受験者数は、2015年度(平成27年度)は24万819人に、2019年度(令和1年度)には40万8957人と、40万人を超えるまでに増加しました。

2020年度(令和2年度)は新型コロナウイルス感染症の影響もあってか32万5390人と減少しているものの、基本的には小学生以下の英検受験者数は増加トレンドにあります。

小学生が英検受験するメリットは?

英検受験のメリットは、自分の英語力がどれくらいのレベルなのかが、客観的にわかることでしょう。小学校での英語が必修化されたことで英語を学習する機会が増えましたが、それがきちんと身についているのかを確認するときに、英検は適しています。

「〇級に合格する」という具体的な目標も立てやすく、目標としていた級に合格したときの達成感と自信は、その後の英語学習により積極的に取り組むきっかけにもなります。

また、中学受験の際、英検に合格していると優遇される場合があるのも大きなメリットです。高校や大学でも、スコアが出願資格の条件や推薦入試の条件になっていることがあります。

おすすめ英語教室

小学生のうちに合格したい英検の級の目安は?

各級の難易度の目安は以下の通りです

  • 英検5級は中学初級程度
  • 4級は中学中級程度
  • 3級は中学卒業程度

5級は日常会話で使う単語や形容詞が多く、中学1年生の教科書で学習する程度の内容(語彙数600程度)をきちんと理解できていれば、合格の確率は高くなると言えるでしょう。 

4級は、リーディングに「長文の内容一致選択」が加わって、読解の難易度が上がります。

3級は一次試験でリーディング、リスニングにライティングが加わり、二次試験にスピーキングがあるなど、より実践的な能力が求められるため、リーディングとリスニングのみが必須であった4、5級と大きく異なります。ここまでできれば中学校での英語学習もぐんと楽になるでしょう。また、中学受験で優遇措置が用意されているところもあるため、小学生のうちに英検3級まで合格することが理想的であると言えます。 

まずは5級を受験し、英検がどのようなものなのかを経験しましょう。4級に合格するためには、基礎的な英文を正しく読解するための土台をきちんと作る必要があります。4級に合格したあとは、自分の意思を英語で表現できるようになることを意識して、3級にチャレンジしましょう。

おすすめ英語教室

中学受験で優遇が受けられる級の目安

中学校によっては、英検合格によって受験時に優遇が受けられる場合があります。

英検の「中学 英検入試活用校検索」では、英検合格が、各学校の入試における内申点の加点や試験免除にどう影響するかを検索することができます。学費給付の条件にもなることがあり、学校によってさまざまな優遇措置が設けられています。

4級、5級から優遇措置のある学校もありますが、帰国子女向けやグローバル入試を除けば、3級合格が多くの学校で優遇措置の目安として使われます。学校によっては、級ごとに加点の幅も異なるため、3級合格を目標の目安とすることには意味があるでしょう。

英検対策におすすめの習い事教室3選

英検は5級でも「中学初級程度」のレベルとなるため、通常の英語学習の中で小学生が合格を目指すには、少し難しいところもあります。自宅学習ももちろんですが、英検対策コースのある英語教室であれば、より効率的に合格を目指すことができるでしょう。小学生を英検合格に導いてくれる、おすすめの英語教室を紹介します。

【英検3級合格まで目指す】ツリーベルこども英語教室

1歳半から中学3年生まで、子どもの年齢や脳の発達にあわせて最適な英語教育を行なっている「ツリーベルこども英語教室」では、小学生からの英検対応にも力を入れており、小学校卒業までに英検3級に合格できるレベルの英語力を身につけることを目標にしています。

10~12歳を対象とした小学生中上級クラスは、「Elementary Class」(45分)+「英検クラス」(45分)で、会話のトレーニングに加え、アカデミックな英検トレーニングで英語の理解力を大きく向上させるのが特徴。1クラス6名の少人数制で、きめ細かくレッスンしてくれるので、着実に英語力をアップさせることができます。

テストの点数を上げるだけでなく、コミュニケーションの幅を広げるために生きた英語を身につけることにこだわっており、子どもにグローバルな力を身につけさせるのにもおすすめのスクールです。

・ツリーベルこども英語教室
URL:ツリーベルこども英語教室の一覧
<以下、浦和本校の場合>
住所 : 埼玉県さいたま市南区根岸4-17-14 3F
コース&料金:小学生中上級クラス(授業料1万6500円/月+教材費5500円/6カ月+英検実費)、小学生初級クラス・園児クラス(授業料9900円/月+教材費5500円/6カ月)など
※詳しくは教室にお問い合わせください。

【英検準備/対策コースで効率的に合格】シェーン英会話教室

全国に190校、首都圏に168校を展開する「シェーン英会話教室」は、2歳から中学生を対象とした子どもレッスンを実施しており、13段階のレベル分けによる最適なレッスンを提供しています。

ネイティブ講師による、リアルな英語を聴いて楽しむ・続ける・体感できるレッスンに加え、小学校1、2年生からは日本人講師による英検準備コース、小学校3、4年生からは英検対策コースも用意されています。

最初のレベルとなる「英検準備A」では、アルファベットやフォニックスの基本ルールを身につけ、簡単な単語や英文の読み書きがひとりでできるよう学習します。個人レッスンと少人数レッスンが用意されており、子どもの理解度に合わせてきめ細かく指導してくれるのが特徴。日本人講師がわかりやすく教えてくれるので安心です。

・シェーン英会話
URL:シェーン英会話の教室一覧
<以下、新宿本校の場合>
住所:東京都新宿区西新宿1-3-15 栃木ビル 4F
コース&料金:英検®準備コース|個人レッスン(2万6400円/月)、少人数レッスン(7700円/月※ネイティブ講師のレッスンとセットで受講の場合)、英検®対策コース|個人レッスン(2万6400円/月)、少人数レッスン(8800円/月)、短期集中型|英検一次直前演習(8万7450円/全12回※3カ月間)など
※詳しくは教室にお問い合わせください。

【4技能をバランスよく学ぶ】English Brains英語アカデミー

世田谷区用賀にある英語塾「English Brains英語アカデミー」は、徹底的な文法指導とそれをアウトプットするトレーニング、そして圧倒的な読書量(多読)により、英検合格にもつながる「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランスよく身につけられるのが特徴。

特殊な絵カードを使ってインプットとアウトプットを遊びながら何度も繰り返す「BBコース」を卒業すると、小学校2年生~6年生を対象とした「小学生英検コース」が用意されており、4名までの少人数制で、ゲームなど、楽しみながら英検合格を目指すことができます。

学年、レベル別指導で文法・読解を徹底的にインプットし、さらにスピーキング・ライティングのアウトプットを繰り返すことで表現力を身につけるコミュニケーション特化コースも用意されています。

・English Brains英語アカデミー
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4700
住所:東京都世田谷区用賀4-11-17 グリーンハウス No6-301
コース&料金:小学生英検コース 60分(1万2100円/月)、小学生英検コース 90分(1万6500円/月)、BBコース(9350円/月)、コミュニケーション特化コース(1万5400円/月)など
※詳しくは教室にお問い合わせください。

英検受験前に子どもの英語力を測定するには?

いきなり英検を受けるのが不安な場合は、もう少し易しい試験で子どもの英語力を測定し準備することもできます。英語学習を始めたばかりの子ども向けの試験としては、「英検Jr.」や「TOEFL Primary」があります。

「英検Jr.」は小学校以下の児童にも目を向けた英語検定で、BRONZE・SILVER・GOLDの3つのレベルに分かれています。オンラインで手軽に受けられるのもポイントです。

「TOEFL Primary」は、世界の英語を母語としない小中学生を主な対象にデザインされたテストです。テストの結果に合否はなく、英語のレベルを測るスコアを知ることができます。

レベルは、Step1とStep2に分かれており、英語学習を始めたばかりなら英語初級学習者を対象にしたStep1からの受験がおすすめ。Step2は、ある程度英語によるコミュニケーションができるレベルを対象としています。

どちらのStepも基本はリーディングのテストのみですが、スピーキングテスト「TOEFL Primary® Speaking」を別途受けることもできます。

おすすめ英語教室

まとめ

2020年4月から、外国語(英語)の授業が小学校3、4年生を対象に必修化、5、6年生を対象に教科化され、受験の際に優遇措置を設ける中学校も増えてきており、英検に対する注目度はますます上がりそうです。

通常の学習に加え、英語教室も上手に活用して、小学生のうちに英検3級合格を目指してみましょう。

おすすめ英語教室

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!