2021.10.15
習い事Q&A みらのび編集部

英検の開催月は何月?申し込みはいつから?計画的な受験スケジューリングを組もう

2020年(令和2年)より小学校での英語教育が必修化されたこともあり、小学生以下の受験者数も増加トレンドにある英検。検定は何月に開催されており、いつから申し込むことで参加できるのか、どんな会場で受験するのかなど、英検のスケジュールについての基本情報をお届けします。

目次

  1. 英検の開催月は何月?
  2. 本会場と準会場の違い
  3. 【2021年度】英検の開催日程・申込期間
  4. 英検の開催日程や申し込みについてよくある質問
  5. 英検対策ができるおすすめ習い事教室3選
  6. まとめ

英検の開催月は何月?

英検は毎年「第1回検定」「第2回検定」「第3回検定」の3回が開催されています。ほぼ毎年同じ時期に開催され、2021年は第1回検定が5~7月にかけて、第2回検定が10~11月にかけて、第3回検定が翌2022年1~3月にかけて、一次試験と二次試験を開催。

一次試験は、本会場での開催日が1日、準会場での開催日がA~Gまで複数用意されており、いずれか1日のみを選択して受験します。

何級を受験するか、本会場と準会場のどちらで受験するかによって、選べる日程が変わります。

また二次試験を本会場で受ける場合は、申込方法、受験級、年齢等によって日程が指定され、自分で選択することはできません。

本会場と準会場の違い

英検は、日本英語検定協会が設置する公開会場である「本会場」と、学校や企業などの申し込み団体単位で設置する試験会場である「準会場」のいずれかで受験することができます。

一次試験は、本会場での日程が1日のみ。準会場では、その周辺の金曜~日曜に実施されることが多いようです。

例えば、2021年の第2回検定の場合、本会場での一次試験は、10月10日(日)です。準会場での一次試験は10月1日(金)、2日(土)、3日(日)、8日(金)、9日(土)、10日(日)、23日(土)開催となっています。

本会場と準会場、そのどちらも日本英語検定協会が認めた受験会場であり、試験環境に大きな違いはありません。が、準会場は、学校や塾など通い慣れている環境で受験できる場合もあり、準会場での受験を選ぶ人もいます。

みらのび掲載の英語・語学教室一覧

【2021年度】英検の開催日程・申込期間

2021年度の英検の第1回検定~第3回検定の開催日程や申し込み期間は下記のようになっています。

第1回検定

■ 申込期間
3/25(木)~ 5/6(木)17:00 
※個人申し込みの場合

■一次試験
・本会場
試験日:5/30(日)、ウェブ合否発表:6/14(月)

・準会場
A日程:5/21(金)、ウェブ合否発表:6/14(月)
B日程:5/22(土)、ウェブ合否発表:6/14(月)
C日程:5/23(日)、ウェブ合否発表:6/14(月)
D日程:5/28(金)、ウェブ合否発表:6/14(月)
E日程:5/29(土)、ウェブ合否発表:6/14(月)
F日程:5/30(日)、ウェブ合否発表:6/14(月)
G日程(4・5級限定):6/12(土)、ウェブ合否発表:6/29(火)

■二次試験
A日程:6/27(日)、ウェブ合否発表:7/6(火)
B日程:7/4(日)、ウェブ合否発表:7/13(火)
C日程:7/11(日)、ウェブ合否発表:7/20(火)
※級や年齢、団体区分により日程が決められます。

第2回検定

■ 申込期間
8/1(日)~ 9/10(金)
※個人申し込みの場合

■一次試験
・本会場
試験日:10/10(日)、ウェブ合否発表:10/25(月)

・準会場
A日程:10/1(金)、ウェブ合否発表:10/25(月)
B日程:10/2(土)、ウェブ合否発表:10/25(月)
C日程:10/3(日)、ウェブ合否発表:10/25(月)
D日程:10/8(金)、ウェブ合否発表:10/25(月)
E日程:10/9(土)、ウェブ合否発表:10/25(月)
F日程:10/10(日)、ウェブ合否発表:10/25(月)
G日程(4・5級限定):10/23(土)、ウェブ合否発表:11/9(火)

■二次試験
A日程:11/7(日)、ウェブ合否発表:11/16(火)
B日程:11/14(日)、ウェブ合否発表:11/22(月)
C日程:11/23(火・祝)、ウェブ合否発表:12/2(木)
※級や年齢、団体区分により日程が決められます。

第3回検定

■ 申込期間
11/1(月)~ 12/10(金)
※個人申し込みの場合

■一次試験
・本会場
試験日:1/23(日)、ウェブ合否発表:2/7(月)

・準会場
A日程:1/14(金)、ウェブ合否発表:2/7(月)
B日程:1/15(土)、ウェブ合否発表:2/7(月)
C日程:1/16(日)、ウェブ合否発表:2/7(月)
D日程:1/21(金)、ウェブ合否発表:2/7(月)
E日程:1/22(土)、ウェブ合否発表:2/7(月)
F日程:1/23(日)、ウェブ合否発表:2/7(月)
G日程(4・5級限定):2/5(土)、ウェブ合否発表:2/22(火)

■二次試験
A日程:2/20(日)、ウェブ合否発表:3/1(火)
B日程:2/27(日)、ウェブ合否発表:3/8(火)
C日程:3/6(日)、ウェブ合否発表:3/15(火)
※級や年齢、団体区分により日程が決められます。

みらのび掲載の英語・語学教室一覧

英検の開催日程や申し込みについてよくある質問

上記のように英検の開催日程は複雑です。初めて受験する場合に戸惑ってしまうことも多いようです。英検の受験にあたり、開催日程や申し込みについてよくある質問を紹介します。

二次試験(本会場)での「A日程」「B日程」「C日程」とは?

英検の1級~3級を受験する場合、一次試験に合格すると、「一次試験 個人成績表」と共に「二次受験票」が送られてきます。本会場での二次試験には「A日程」「B日程」「C日程」があり、どの試験会場でどの日程で受験するかは、その二次受験票に記載されています。

A日程は、全級の検定が実施されます。

B日程は、2級、準2級、3級のみの実施です。

C日程は、1級、準1級のみの実施です。

個人申し込みの場合、1級は20歳以下の場合がA日程、21歳以上だとC日程と年齢で日程が決められています。

準1級は、指定受験地を選択した場合のみC日程です。

2級~3級は、全員がB日程です。

団体申し込みの場合は、小学校、中学校、高等学校、大学などの団体区分によって開催日程が決められています。

本会場と準会場の受験はどちらがお得?

英検の検定料は、本会場と準会場で異なります。

英検3級の検定を受ける場合、2021年度は検定料が改定されており、本会場での受験で7900円、準会場での受験で4800円となっています。

英検の受験料は年々上昇しており、1級~3級の本会場での受験については3年連続で上がっています。

例えば、3級の場合、2020年度は5900円でしたが、2021年度は2000円アップの7900円に。

英検の発表によれば「新型コロナウイルスの影響により、本会場の試験会場の施設を必要数、お借りするのが難しく、会場不足で試験がおこなえない状況も想定される」とされており、新型コロナウイルスによる経費の増加が理由のようです。

みらのび掲載の英語・語学教室一覧

英検対策ができるおすすめ習い事教室3選

英検に合格するには、試験日に向けてスケジュールを立て、効果的に学習を進めていくことがおすすめです。そのために大きな力となってくれるのが、英検対策をしてくれる英語教室。合格に向けてサポートしてくれる、おすすめの英語教室を紹介します。

①【英検クラスで効率的に合格】ツリーベルこども英語教室

ツリーベルこども英語教室」は、小学生で高校レベルの英語力を身につけることを目標にしています。

英検対策にも力を入れており、2019年度の実績は、5級100%、4級89%、3級70%、と高い合格率が出ています。

その理由は、個別指導スタイルでのきめ細かなレッスンにあります。英検クラスでは、授業の最初に単語テストを実施し、テスト後には先生と一緒にすべての単語を発音しながら意味を確認。その後、英検対策問題集を使って、英検合格に必要な単語力と文法力を身につけていきます。

間違えた問題や苦手な分野を重点的に解説するなど、生徒ひとりひとりに合わせた指導で、英検合格に向けて効率的に学習できるのが魅力です。

テストの点数を上げるだけでなく、コミュニケーションの幅を広げるために生きた英語を身につけることにこだわっており、グローバルな環境で生きる力が身につきます。

・ツリーベルこども英語教室
URL:「ツリーベルこども英語教室」の教室ページ一覧
<以下、浦和本校の例>
住所 : 埼玉県さいたま市南区根岸4-17-14 3F
コース&料金:小学生中上級クラス(授業料1万6500円/月+教材費5500円/6カ月+英検実費)、小学生初級クラス・園児クラス(授業料9900円/月+教材費5500円/6カ月)など
※詳しくは教室にお問い合わせください

②【試験日程に合わせて英検対策】シェーン英会話教室

シェーン英会話教室」は、子どもたちが夢中になって楽しみながら英語に興味を持てるよう、五感をフルに使った対面のレッスンで英語を教えています。

ネイティブ講師によるオリジナル教材を使った英語のみのレッスンを軸に、小学校1、2年生からは、日本人講師による英検準備コース、小学校3、4年生からは英検対策コースも用意。模擬問題を繰り返し行なうことなどにより、英検各級の合格に必要な語彙・文法・表現などを丁寧に指導してくれます。

初歩レベルとなる「英検準備A」では、アルファベットやフォニックスの基本ルールを身につけ、簡単な単語や英文の読み書きがひとりでできるように学習していきます。

時間をかけてじっくり学ぶレッスンと試験の日程に合わせて短期集中で行なうレッスンが選べ、1対1の個人レッスンや少人数グループレッスンなどを、それぞれ目標とする試験の時期に合わせて受講することができます。

・シェーン英会話
URL:「シェーン英会話」の教室ページ一覧
<以下、新宿本校の例>
住所:東京都新宿区西新宿1-3-15 栃木ビル 4F
コース&料金:英検®準備コース|個人レッスン(2万6400円/月)、少人数レッスン(7700円/月※ネイティブ講師のレッスンとセットで受講の場合)、英検®対策コース|個人レッスン(2万6400円/月)、少人数レッスン(8800円/月)、短期集中型|英検一次直前演習(8万7450円/全12回※3カ月間)など
※詳しくは教室にお問い合わせください

③【少人数制で楽しく学ぶ】English Brains英語アカデミー

English Brains英語アカデミー」は、圧倒的な読書量(多読)に加え、徹底した文法とアウトプットのトレーニングにより、高い英語力を身につけることができる教室です。

リズミカルな英文が書かれたカードを使って、インプットとアウトプットを遊びながら何度も繰り返す「BBコース」を卒業すると、小学校2年生~6年生を対象とした「小学生英検コース」が用意されており、「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランスよく学ぶことができます。

4名までの少人数制で、ゲームなどを使って楽しみながら英検合格を目指すことができます。文法・読解を徹底的にインプットし、スピーキング・ライティングのアウトプットを繰り返すことで表現力を身につける、小学生~高校生を対象としたコミュニケーション特化コースも用意されています。

・English Brains英語アカデミー
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4700
住所:東京都世田谷区用賀4-11-17 グリーンハウス No6-301
コース&料金:小学生英検コース週1回60分(1万2100円/月)、小学生英検コース週1回90分(1万6500円/月)、年中〜小学校中学年向けBBコース週1回50分(9350円/月)、コミュニケーション特化コース週1回60分(1万5400円/月)など
※詳しくは教室にお問い合わせください

まとめ

年に3回実施される英検で確実な合格を目指すには、受験する日程に向けてしっかりと学習のスケジュールを立て、英語教室と自宅学習をうまく組み合わせて英語力を高めていくことがおすすめです。申し込み期間は1カ月半~2カ月前くらいからスタートします。忘れないように注意しましょう。

みらのび掲載の英語・語学教室一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す