2021.12.23
習い事Q&A みらのび編集部

プログラミング学習サイト20選!学べる言語や内容を比較 おすすめの習い事も

プログラミングを学ぶ方法の一つとして、プログラミング学習サイトがあります。数多くのサイトがあるなかから、どのような視点で探せば良いのでしょうか。そもそも、実際にどんなサイトがあり、学習を始めたい親子におすすめの習い事としてはどんな内容のものがあるのでしょうか。詳しく紹介していきます。

目次

  1. プログラミング学習サイトの選び方
  2. プログラミング学習サイト20選
  3. オンラインのプログラミング学習サイトの比較表
  4. プログラミングのオンライン学習についてよくある質問
  5. プログラミングのオンライン学習を始めたい親子におすすめの習い事
  6. まとめ

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

プログラミング学習サイトの選び方

プログラミング学習サイトを選ぶ際には、無料なのか有料なのか、自分が学びたいプログラミング言語に対応しているかどうか、難易度が自分の学習レベルに合っているのかなど、様々な視点で比較検討しながら自分に合う学習サイトを見つける必要があります。

①無料で学習できる範囲をチェックする

プログラミング学習サイトや学習アプリには、大きく分けて、完全無料のもの、基本無料のもの、有料のものの3種類があります。

子どもや初心者向けのものは完全無料で利用できるものが多いでしょう。プログラミングの概念や基礎を学ぶものから、広範囲に学べるものまで種類も様々です。

基礎編は無料で使え、応用編になると課金が発生するものもありますが、学習効果が出ているようであれば、課金して使い続けても良いでしょう。

有料のものには、基礎から応用まで時間をかけて学べるものがあり、月額制や教材買い切り制などがあります。講師が動画で解説してくれたり、チャットなどで質問できたりといったサービスが付随することもあります。それぞれのニーズに合うものを選ぶようにしましょう。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

②学びたい言語を学べるかをチェックする

プログラミング言語には「JavaScript(ジャバスクリプト)」「Python(パイソン)」「Ruby(ルビー)」「PHP(ピーエイチピー)」「Swift(スウィフト)」など様々な種類があり、用途によって使用するものは変わります。

自分がどのような分野に興味があり、どのプログラミング言語を学びたいのかが決まっていれば、その言語を学べる学習サイトの中で比較・検討する必要があります。

日本発のプログラミング言語であるRubyに特化した学習サイトや、iOS、MacOSの開発に使われるSwiftを学ぶ学習サイトもあります。複数のプログラミング言語を学びたい場合は、様々な言語に対応したサイトを選ぶ必要があります。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

③学習難易度をチェックする

プログラミングは英数字や記号を組み合わせてコードを作成する形が大半で、習得するにはそれなりの時間と労力が必要になります。子どもや初心者が最初から難しいコーディングを学ぼうとしても、内容が理解できず、挫折してしまう可能性が高くなるでしょう。

子どもが学ぶ場合や、最初にプログラミングの概念を学んでおきたい場合は、画面上のブロックやアイコンを利用するビジュアルプログラミング言語から取り組むのがおすすめです。

代表的なビジュアルプログラミング言語としては「Scratch(スクラッチ)」「Viscuit(ビスケット)」「Springin'(スプリンギン)」などが挙げられます

コーディングを学ぶ場合も、ゲーム感覚で簡単なものからスタートできる学習サイトやアプリから、基礎から応用までじっくり学べるものまで様々ありますので、複数のサイトを比較したうえで、ニーズや理解度に合うものを見つけましょう。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

プログラミング学習サイト20選

数多くあるプログラミング学習サイトの中から、特徴的なものを20サイト紹介します。いずれも多くのユーザーに親しまれています。無料のものや難しい環境設定が不要のものも多くあります。子どもや初心者でも学べるものがあります。学習サイトを選ぶ際の参考にしてみてください。

①手軽に学ぶならScratch(スクラッチ)

マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループが開発した「Scratch(スクラッチ)」 は、無料で使える初心者向けのビジュアルプログラミングシステムです。8歳から16歳の子ども向けに開発されたものですが、小さな子どもでも扱うことができます。

Scratchプログラミング言語を使い、「動き」や「見た目」、あるいは「音」などの指示が記されたブロックを組み合わせてプログラムを作り、「スプライト」と呼ばれるキャラクターを動かします。

パソコンやタブレットのブラウザで起動して使うことができ、オリジナルの物語やゲーム、アニメーションなどの作品を作って世界中の人々と共有することができます。

公式サイト:https://scratch.mit.edu/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

②お絵描きしながら楽しむならViscuit(ビスケット)

「Viscuit(ビスケット)」は、工学博士の原田康徳氏が開発した子ども向けのプログラミングソフトです。パソコンで使う場合はブラウザ上で、タブレットやスマホで使う際は無料のアプリをダウンロードすれば、誰でもすぐに使うことができます。

特徴は「メガネ」と呼ばれる仕組みを使うこと、そして、自分で描いた絵でプログラムを作れること。「メガネ」の左の円の中に絵を入れ、右の円に動いた後の絵を入れることで、絵を動かしたり、変化させたりすることができます。

仕組みはシンプルですが、様々な組み合わせ方ができるため、簡単なものから複雑なものまで、いろいろなプログラムを作ることができます。

公式サイト:https://www.viscuit.com/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

③ディズニーの世界で学ぶならテクノロジア魔法学校

「テクノロジア魔法学校」は、中学生・高校生向けにIT教育やプログラミング教育のサービスを提供するライフイズテック株式会社が制作したオンライン型のプログラミング入門教材です。

ディズニーの世界を題材にしたレッスンや、飽きることなく夢中になって取り組めるストーリーを用意し、Webデザイン、ゲーム制作、メディアアートの3領域で必要となるHTML/CSS、JavaScript、Processing、Shaderの4言語を使い、デジタル作品を制作しながらプログラミングの基礎を学んでいきます。

入門・基礎編は76のレッスンからなり、一括購入なら3万2780円。週1回のプレイで約半年間、じっくり学ぶことができます。また、入門・基礎編の追加教材や応用編の教材も用意されています。

公式サイト:https://www.technologia-schoolofmagic.jp/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

④人気作品とのコラボならCode Studio(コードスタジオ)

「Code Stadio(コードスタジオ)」は、アメリカの非営利団体「Code.org」が提供している教育用のプログラミングツールです。4歳以上を対象としており、パソコンのブラウザで起動し、無料で使うことができます。

ブロックをつなげてプログラムを作成するビジュアルプログラミングがメインですが、JavaScriptにも対応しています。

また、多くの有名作品とコラボしているのも特徴の一つです。子どもたちに大人気の「マインクラフト」や「アナと雪の女王」、「スターウォーズ」など、様々な作品をテーマにした世界観のなかで、楽しみながらプログラムを学ぶことができます。

公式サイト:https://studio.code.org/courses

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑤Rubyをゼロから学ぶならSmalruby(スモウルビー)

「Smalruby(スモウルビー)」は、日本で開発され世界でも多く使われているRuby(ルビー)というテキストプログラミング言語をビジュアルプログラミング言語化したもので、NPO法人Rubyプログラミング少年団が開発しました。小学生、中学生を対象としており、ブラウザで起動して無料で使えるのが特徴です。

画面上にあるブロックを組み合わせてプログラムを作り、ネコなどのキャラクターを動かすことができます。また、作成したプログラムをRubyに変換し、ブロックで作ったプログラムがRubyではどのように作られているのかを確認することができるので、ビジュアルプログラミングからRubyへもスムーズに移行できます。

公式サイト:https://smalruby.jp/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑥Pythonを深く学ぶならPyQ(パイキュー)

webサイトの作成やゲーム制作、AIの開発に活用できるプログラミング言語「Python(パイソン)」の習得に特化したオンラインプログラミング学習サイトが「PyQ(パイキュー)」です。株式会社ビープラウドが開発し、運営しています。

個人なら月額3040円でライトプランを受講することができ、学習サポートが付帯したスタンダードプランは8130円となっています。

アプリ等をインストールせず、ブラウザ上で学ぶことができるほか、実際にプログラムを作成して、動かしながら学ぶため、知識だけではない実践的なプログラミングのスキルを習得することができます。

公式サイト:https://pyq.jp/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑦コーディングの基礎ならCodeMonkey(コードモンキー)

「CodeMonkey(コードモンキー)」は、イスラエルのCodeMonkey Studios社が開発したもの。同国では小学校のプログラミング教材として使用されています。対象は9歳以上が推奨されていますが、幼児から大人まで幅広く楽しむことができます。

主人公のサルがバナナを取るという行動をするためのプログラムを作成し、クリアを目指すことでプログラミングを学ぶことができます。

小さい子どもや初心者向けのビジュアルプログラミングから、CoffeeScriptというJavaScriptに変換できるプログラミング言語を覚えるコースまで、年齢ごとに様々なコースがあります。

最初の30ステージは無料版でプレイ可能。「コードの冒険」というライセンスを購入すればメインモード210個、スキルモード210個をすべてプレーすることができます。

「コードの冒険」は、3つのアカウントで1年間学習できるファミリープランのサプスクリプションが、1万3200円となっています。

公式サイト:https://codemonkey.jp/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑧基礎を楽しく学ぶならProgate(プロゲート)

株式会社Progateが開発・運営する「progate(プロゲート)」は、100以上の国に提供され、240万人以上のユーザーを抱える初心者向けのオンラインプログラミング学習サイトです。

HTML/CSSやJavaScript(ES5)、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails5、PHP、Java、Pythonなど多彩なプログラミング言語を学ぶことができます。

無料プランなら各コースの基礎レベル16レッスンを受けることができ、月額1078円のプラスプランなら、公開中の79レッスンすべてを受講することができます。

書籍や動画よりも学びやすい「スライド学習」を採用しており、ブラウザ上で実際にコードを書き、結果も確認できるため、スムーズに学習をスタートさせ、自分のペースで続けることができます。

公式サイト:https://prog-8.com/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑨幅広い分野を学ぶならドットインストール

株式会社ドットインストールが運営する「ドットインストール」は、初心者向けのプログラミング学習サイトです。「3分動画でマスターできるプログラミング学習サービス」とうたっているように、すべてのレッスンが3分以内の動画で提供されており、気軽に学ぶことができます。

HTML&CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Pythonなど幅広いプログラミング言語を学ぶことが可能。無料会員なら入門編の動画を、月額1080円のプレミアム会員なら467レッスン7000本の動画すべてを閲覧するなど、様々なサービスを受けることができます。ホームページ制作やゲーム作り、アプリ開発など、幅広い分野を学べるのも嬉しいポイントです。

公式サイト:https://dotinstall.com/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑩エンジニアを目指すならpaiza(パイザ)ラーニング

「paiza(パイザ)ラーニング」は、paiza株式会社が提供する、IT/webエンジニアに特化したオンラインプログラミング入門学習コンテンツです。

C言語やC#、JavaScript、SQL、PHP、Python3、Rubyなど様々なプログラミング言語を、ブラウザで学ぶことができます。

3分間の動画レッスンを見ながらプログラムを作成することで理解を深め、練習問題を解くことで応用力を養います。無料プランなら81本、有料プランなら1417本の動画を視聴できるなど、より効率的に学習を進めることができます。

有料プランは1カ月プランで月額1078円。6カ月プランは4488円、12カ月プランなら7200円で、1カ月あたり600円とリーズナブルになります。

公式サイト:https://paiza.jp/works

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑪生配信で学ぶならSchoo(スクー)

「Schoo(スクー)」は、株式会社Schooが運営するオンライン動画学習サービスです。OAスキルや英語・語学、プログラミング、webデザインなど様々な分野を動画で学ぶことができます。

プログラミングのカテゴリでは200以上の授業があり、JavaScriptやPHP、Ruby、Pythonなど、様々なプログラミング言語に対応しています。

生放送の授業は無料。動画を見ながらチャットをしたり、学んだ内容を書き留めて保存したり、講師への質問を投稿したりできます。

月額980円のプレミアム会員になれば、7000本以上ある全カテゴリの録画授業の閲覧が可能になります。動画をスマホやタブレットのアプリにダウンロードし、オフラインの環境下で学ぶこともできます。

公式サイト:https://schoo.jp/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑫隙間時間で学ぶならCODEPREP

「CODEPREP(コードプレップ)」は株式会社ギブリーが提供するプログラミング学習ツールで、隙間時間などを使って1日10分ずつプログラムを書き、動かすという作業を積み重ねることによって、プログラミングの楽しさを実感しながら継続的な学習を進められるのが特徴です。

ユーザー登録をすれば無料で利用でき、パソコンがあればすぐに使うことができます。

HTML/CSS、JavaScript、Ruby、PHP、Pythonなど、多くのプログラミング言語の教材が用意されており、ヒントを見ながら穴埋めでプログラムを完成していくドリル型の学習で、自由編集モードに切り換えれば自分で自由にコーディングができます。

また、ディスカッションボードを活用すれば他のユーザーと質問し合ったり、教え合ったりすることができます。

公式サイト:https://codeprep.jp/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑬ゲーム感覚で楽しむならコード・ガールこれくしょん

「コード・ガールこれくしょん」は、paiza株式会社が提供する、ゲーム感覚でプログラミングを学べるコンテンツです。無料の会員登録をすれば始めることができます。

ノーマルモードはPHP、Ruby、Java、Python、JavaScriptなどのプログラミング言語に対応しており、プログラミング初心者でも安心して取り組める難易度になっています。

また、ハードモードはPython3に対応しており、2言語目の習得やプログラミングのトレーニングに適した難易度になっています。

プログラミングの問題を解いてコインやダイヤを集め、「ガチャ」を引いて「コードガール」を集めるというソーシャルゲーム風の世界のなかでプログラミングを学ぶことができます。

公式サイト:https://paiza.jp/cgc

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑭マイクラで学ぶならD-SCHOOLオンライン

エデュケーショナル・デザイン株式会社が運営する「D-SCHOOLオンライン」は、英語とプログラミングを学べるオンライン学習コースです。

様々なコースが用意されており、子どもたちに人気のゲーム「マインクラフト」を教材とした「マイクラッチコース」や「マイクラッチJrコース」に加え、「Robloxコース」、「英語&プログラミングコース」は月額3980円で、「オンライン個別指導コース」は月額1万4850円、「ロボットプログラミングコース」は月額4980円で受講できます。

「マイクラッチコース」や「マイクラッチJrコース」では、Scratchをベースにしたビジュアルプログラミング言語を使ってプログラミングを学んでいきます。

公式サイト:https://d-school.co/online/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑮RPG形式で学ぶならCODE COMBAT(コードコンバット)

「CODE COMBAT(コードコンバット)」は、アメリカのCodeCombat社が開発した無料のプログラミング学習ゲームです。世界190以上の国に配信され、2000万人以上がプレーしています。

パソコンのブラウザ上ですぐに始めることができ、コードを打ち込んで主人公を動かし、ゲームをクリアすれば次のステージに進むというRPG形式で学習を進めます。PythonやJavaScript、CofeeScript、Luaなどのプログラミング言語を学ぶことができます。

基本料金は無料で、月額9.99ドルを課金すればステージの範囲が広がるなどの機能を追加することができます。

公式サイト:https://codecombat.com/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑯買い切り教材で学ぶならUdemy(ユーデミー)

「Udemy(ユーデミー)」は、プログラミングだけでなく、デザインやマーケティング、ビジネススキルなど様々な分野をオンラインで学べる教育プラットフォームで、日本では2015年からベネッセが事業パートナーを務めています。

プログラミング言語コースでは、PythonやJavaScript、PHP、Go、Javaなど様々な言語を学ぶことができます。

特徴はコースごとの買い切り型になっている点で、一度、動画を購入すれば何度でも閲覧し、繰り返しの学習や復習をすることができます。価格は1コースあたり1000円台から3000円台のものが中心となっています。

公式サイト:https://www.udemy.com/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑰オリジナル作品を作るならプログラミングゼミ

「プログラミングゼミ」は、IT企業のDeNAが開発した小学生向けのプログラミングアプリです。パソコン版やスマートフォン・タブレット版の無料アプリをダウンロードすれば、誰でもすぐに使うことができます。

ブロックをつないでプログラムを作成し、キャラクターを動かして遊ぶビジュアルプログラミング型で、自分で描いた絵を使ってオリジナルのプログラムやゲームを作ることができます。

また、完成させた作品は発表することができますし、他の人が作ったプログラムを閲覧することもできます。

公式サイト:https://programmingzemi.com/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑱macOSアプリを作るならSwift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンズ)

Apple社が開発した「Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンズ)」は、iOSアプリやmacOSアプリを作成するためのプログラミング言語であるSwiftを学ぶためのアプリです。iPadやMacに無料でインストールして使うことができます。

キャラクターを動かすためのプログラムを作成するスタイルはScratchなどのビジュアルプログラミング言語と同様ですが、Swift Playgroundsではブロックを使わず、コードの選択肢をタップすることで実際にコーディングを行い、キャラクターを動かします。

レッスンを進めると少しずつレベルが上がり、より複雑なコードをつくれるようになり、新しいチャレンジに取り組むことでスキルアップを目指すことができます。

公式サイト:https://www.apple.com/jp/swift/playgrounds/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑲冒険をしながら学ぶならコードクロニクル

paiza株式会社が開発した「コードクロニクル」は、コードを魔法として使い、様々な問題をクリアしながらプログラミングを学べるゲームアプリです。会員登録をすれば無料で使うことができます。

PHPやRuby、Python、JavaScriptなど学習できるプログラミング言語は多彩。プログラミング未経験者でも、学びたい言語を基礎から楽しく学べます。総問題数は約400問あり、徐々に難易度が高まるような設定になっているので、段階的で効果的な学習が期待できます。

公式サイト:https://paiza.jp/codechronicle

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

⑳6つの力を養うならならSpringin’(スプリンギン)

株式会社しくみデザインが開発した「Springin’(スプリンギン)」は、文字を使わない直感的な操作で絵本やオリジナルゲームを作ることのできるプログラミングアプリです。

アプリをダウンロードすれば無料で使うことができ、近年は全国500カ所以上の教育機関で学習教材として導入されています。

写真や自分が描いた絵に動きや音をつけるプログラムを組み、動く絵本やゲームなど、オリジナルの作品を作ることができます。

作品を公開したり、他のユーザーの作品を閲覧したりするなかで、想像力、論理的思考力、試行錯誤力、物語力、表現力、マーケティング力という6つの力が養われます。

公式サイト:https://www.springin.org/

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

オンラインのプログラミング学習サイトの比較表

サービス名     
無料
初心者OK  環境構築不要
Scratch
Viscuit
テクノロジア魔法学校
Code Studio
Smalruby
PyQ
CodeMonkey◎ 
Progate○ 
ドットインストール 
paiza ラーニング  
Schoo
CODEPREP◯ 
コードガールこれくしょん◎ 
D-SCHOOLオンライン
CODE COMBAT
Udemy○ 
プログラミングゼミ◎ 
Swift Playgrounds ◎ 
コードクロニクル
Springin’

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

プログラミングのオンライン学習についてよくある質問

オンラインでのプログラミング学習を始める時、プログラミングの概念から学ぶにはどのサイトが良いのか、楽しみながら学ぶにはどのサイトが良いのか、本格的に学ぶならどのサイトが良いのか、など様々な疑問が浮かびます。それぞれ解説します。

①プログラミングの概念を学びたい時に選ぶサイトは?

プログラムの概念を学ぶには、ビジュアルプログラミング言語を使った教材で学ぶのが良いでしょう。

小さい子ども向けの、Scratch、Code Studio、Smalruby、プログラミングゼミ、Springin’などは、いずれもブロックを組み合わせてキャラクターへの指示を作るビジュアルプログラミング言語です。D-SCHOOLオンラインのマイクラッチコースなども、ビジュアルプログラミング言語で学べるコースです。

また、「メガネ」を使った独自のシステムを使うViscuitも、プログラミングの概念を学べるサービスといえます。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

②楽しみながら学びたい時に選ぶサイトは?

ゲーム感覚で楽しく学べる学習サイトには、CodeMonkey、CODE COMBATのように、プログラムで主人公を動かしてゲームをクリアしていく形のものがあります。テクノロジア魔法学校も、ディズニーのキャラクターを動かしながら楽しくプログラミングを学ぶことができます。

そのほか、コードガールこれくしょん、コードクロニクルは、プログラミング学習とソーシャルゲームをミックスさせたような性質もあるアプリです。

Swift Playgroundsなら、iOSやMacOS向けのプログラミング言語であるSwiftを楽しみながら学ぶことができます。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

③本格的に学びたい時に選ぶサイトは?

本格的にプログラミングを学びたい場合は、講師による講義動画や、スライドを見ながら学べる学習サイトがおすすめです。

スライドを見ながら学べるProgate、動画で学べるドットインストール、paizaラーニング、Schooなどは、複数のプログラミング言語の中から学びたいものを選ぶことができるほか、入門編など一部のコンテンツを無料で使うことができます。

Udemyは、各レッスン買い切り制。CODEPREPは、様々なプログラミング言語を完全無料で学ぶことができます。

Pythonの学習をしたいのであれば、Pythonに特化した学習サイトであるPyQもおすすめでしょう。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

プログラミングのオンライン学習を始めたい親子におすすめの習い事

オンライン学習サイトで学ぶほか、オンライン展開をしているプログラミング教室で学ぶ方法もあります。対面式のプログラミング教室運営で培ってきたノウハウを生かした特徴的なカリキュラムで学ぶことができます。ここではおすすめのオンラインプログラミング教室を紹介します。

①富士通オープンカレッジ F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ) オンライン校

IT大手である富士通のグループ会社が2017年に設立した富士通オープンカレッジ F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ)は全国で約40の教室を展開。2020年にはオンライン校もスタートさせ、自宅や遠方の方もプログラミングを学べるようになりました。

レッスンは「エレメンタリー」「ビギナー」「エキスパート」と3つのコースに分かれていて、1コマ90分。パソコンを使い、「Scratch」でプログラミングを基礎から学んでいきます。初心者でも安心してレベルに合う内容を学ぶことができます。

また、プログラミング言語「Python」を使ってアプリケーションを作る「テキストプログラミング Python(パイソン)コース」も開催しており、スキルアップを目指すお子さんに最適です。

・富士通オープンカレッジ F@IT Kids Club(ファイトキッズクラブ) オンライン校
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4714
対象:小学生~高校生
コース&料金:スクラッチ エレメンタリーコース|1万2650円/月、スクラッチ ビギナーコース|1万2650円/月、スクラッチ エキスパートコース|1万2650円/月、テキストプログラミング Python(パイソン)コース|1万2650円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

②LITALICOワンダーオンライン

「LITALICO(リタリコ)ワンダー」は、東京、神奈川、埼玉の関東1都2県で約20の教室を展開しています。2020年にはオンライン受講もスタートさせ、教室が遠くて通えなかった方や自宅でプログラミングを学習したい方も受講できるようになりました。

オンライン教室で受講できるのは3つのコース。「ゲーム&アプリプログラミングコース」では「Scratch」や「Viscuit」などを使ってゲームづくりを行い、「ロボットクリエイトコース」では「レゴ®WeDo2.0」のロボットを組み立てて動かしていきます。また、「ゲーム&アプリエキスパートコース」ではスマートフォン向け3Dゲームやウェブ制作を行います。

「ゲーム&アプリプログラミングコース」と「ロボットクリエイトコース」は年長から、「ゲーム&アプリエキスパートコース」は小学3年生からの受講が可能です。

・LITALICOワンダーオンライン
URL:https://miranobi.asahi.com/school/38
対象:年長~高校3年生
コース&料金:ゲーム&アプリ プログラミングコース|1万9800円/月4回、3万5200円/月8回、ゲーム&アプリ エキスパートコース|2万4400円/月4回、4万4000円/月8回、ロボットクリエイトコース|1万9800円/月4回、3万5200円/月8回 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

③プログラミングキッズ

IT企業のナンバーワンソリューションズが経営する「プログラミングキッズ」は2017年4月に開校した子ども向けのプログラミング教室で、現在はオンライン教室も開催しています。

オンラインの授業は「Scratch」などを使ってプログラミングの基礎を学ぶ「ベーシックコース」、プログラミングの基礎から応用までを学び、タイピング学習やイノベーション教育にも対応する「アドバンスコース」、自ら考えて作品を作り出す「実践コース」を受講することができます。実践コースを修了したあとは、よりハイレベルなプログラミングを学ぶコースも用意されています。

講師は現役のプログラマーやSEなどの専門家が担当します。また、1クラスの定員は6名で、リアルタイムの双方向形式で行われるので、講師に気軽に質問しながら学習を進めることができます。

・プログラミングキッズONLINE
URL:「プログラミングキッズ」の習い事教室一覧
対象:小学生
コース&料金:ベーシックコース|1万1000円/月、アドバンスコース|1万1000円/月、実践コース|1万1000円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

まとめ

オンラインでのプログラミング学習について紹介してきました。オンラインプログラミング学習サイトには様々な種類があり、自分がどのプログラミング言語を学びたいのか、どんなレベルから、どんなスタイルで学びたいのかに応じて選ぶことができます。この記事で紹介した情報をもとに、無料の体験教室への参加などを通じて、子どもが楽しめる学習環境を見つけましょう。

みらのびおすすめの「プログラミング」教室一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す