2022.01.27
習い事Q&A みらのび編集部

子どもたちにおすすめのロボットプログラミング教材やキット5選 - 学習法も

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化され、プログラミング教材への関心が高まっています。そんな中、子どもたちに人気なのが、ロボットプログラミングです。この記事では、子どもたちにおすすめのロボットプログラミング教材・キットと、その選定基準、自宅での学習の進め方、おすすめの教室などを紹介します。

目次

  1. ロボットプログラミングとは?
  2. おすすめキット・教材の選定基準
  3. 子ども向けロボットプログラミング教材・キット5選
  4. ロボットプログラミング教材などを使った自宅での学習の進め方
  5. ロボットプログラミングが学べるおすすめの習い事教室
  6. まとめ

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

ロボットプログラミングとは?

IT×ものづくりのプログラミング教室「LITALICOワンダー」は公式サイトのコラムで、子ども向けのプログラミング教育を、ソフトウェアプログラミングとロボットプログラミングの2種類に分けて解説しています。

ソフトウェアプログラミングでは、タブレットやパソコンでゲームなどを作ってプログラミングを学びます。一方、ロボットプログラミングで使うのは、ロボットキット。パソコンなどで作成したプログラムによって、ロボットを意図通りに動かします。

ロボットプログラミングが子どもの教育に適している理由

ロボットプログラミングで学べるのは、プログラミングの知識だけではありません。ロボットプログラミングが子どもの教育に向いている理由について、まとめました。

・ものづくりを体感、手先が器用になる

ロボットを組み立てる工程を通し、手先の器用さを育むことができます。また、自らの力でロボットを完成させ、さらにプログラミングで動かすことで、ものづくりの楽しさを体感することができます。

・目の前のロボットが動くので、プログラミングに興味を持ちやすい

目の前にあるロボットが、自らのプログラミングによって動くので、その結果がすぐにわかります。自ら組み立てたロボットがを意図通り動いたら、多くの子どもは達成感を味わうこともでき、プログラミングに自然と関心を持つことができます。

・トライ・アンド・エラーで、論理的思考力や問題解決力が鍛えられる

ロボットが自分の思い通りに動かなければ、その原因を突き止め、プログラミングを修正する必要があります。原因と結果を結びつけ、トライ・アンド・エラーを繰り返すことで、論理的思考能力や問題解決力を育むことができます。

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

おすすめキット・教材の選定基準

プログラミング教育の必修化にともない、プログラミングの教材も続々と登場しています。どのような基準で教材やキットを選べばいいのでしょうか。

まず、対象年齢や難易度を確認しましょう。難し過ぎて操作ができなければ、逆に興味を失ってしまいます。お金もムダになるし、子どものためにも避けたいところです。もちろん、実際に触ってみて、子どもが「もっと難しくても大丈夫」というのであれば、難易度を上げても大丈夫です。また、価格だけでなく、タブレットなど必要となる機材についても前もって確認しましょう。

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

子ども向けロボットプログラミング教材・キット5選

「プログラミングがはじめて」という幼児、小学生向けに、パソコンやタブレット不要のキットも含めてロボットプログラミング教材を紹介します。価格は、数千円から数万円のものまで幅広くあります。子どもの興味関心に合いそうなものがあれば検討してみましょう。

①コード・A ・ピラー ツイスト

「コード・A ・ピラー ツイスト」は、幼児向けのイモムシ型プログラミングロボットです。アメリカのおもちゃブランド「フィッシャープライス」が開発。イモムシの背中のダイヤルをまわし、命令をプログラミングすると、指示通りに動いたり、音が鳴ったり、しゃべったりします。本体と電池で走行可能で、パソコンやタブレットは不要のため、はじめてのプログラミング教育用の玩具に向いているでしょう。

・対象年齢:3歳~
・価格(希望小売価格)5300円
・日本語対応の有無:有り

②PETS

「PETS」は、未就学から小学校低学年向けのロボットプログラミング教材。株式会社for Our Kidsが生産・販売。ロボット「PETS」に、ブロックを差し込んで動かします。直感的に操作できるため、プログラミングの最初のステップに最適。プログラミングに求められる、順次・分岐・反復の3つの処理が体感的に身につけられます。インターネットへの接続やパソコン・タブレットなども不要。PETS本体とブロック、電池のみで利用可能です。

・対象年齢:3歳後半~
・価格(希望小売価格)
家庭向け組み立て版(組み立て式):2万2000円
教育機関向け完成版(組み立て済み):3万3000円
・日本語対応の有無:有り

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

③toio

「toio」は、手のひらサイズのキューブ型ロボットトイです。発売元は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント。「トイオ・コレクション」同梱版のtoio バリューパックでは、ビジュアルプログラミングアプリtoio Doにも対応しており、toio のキューブを使って遊んだり、ロボットゲームを作ったりすることができます。レゴ®ブロックとも相性が良く、組み合わせて遊ぶことも可能。子どもの創意工夫が育まれます。

・対象年齢:
toio 本体セット、toioコアキューブ:6歳~
toio Do のアプリ:8歳~
・価格(希望小売価格):
toio バリューパック(本体と「トイオ・コレクション」のセット):2万1978円
・日本語対応の有無:有り
・扱う言語:Scratch3.0 と同等のブロックを使ってプログラミングが可能(一部機能異なる)

④KOOV

「KOOV」は、株式会社ソニー・グローバルエデュケーションが開発した、ロボットプログラミング学習キットです。シンプルなデザインのブロックと、デザイン性の高い電子パーツの組み合わせによって、リスやワニ、船など、多種多様な形のロボットを作り出すことができます。

専用の学習アプリを用いて、「ロボットレシピ」「学習コース」「自由制作」の3つのステップでプログラミングの理解を深めていくことが可能。ゲームのようにミッションをクリアしながら、体系的にロボットプログラミング学習ができるよう、設計されています。

本体とは別に、電池、プラスドライバー、アプリを動作する環境が必要となります。

・対象年齢:8歳~
・価格(希望小売価格)
KOOV® スターターキット:4万568 円
KOOV® アドバンスキット:5万4868 円
・日本語対応の有無:有り
・扱う言語:Scratchとインタフェースに共通点が多いビジュアルプログラミング言語

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

⑤ソビーゴ こどもロボットプログラミング

自分の手でダンボールで組み立てたロボットを動かし、プログラミングを学ぶ教材。ナチュラルスタイル社が開発した「paprika」をベースとして作られた兄弟ロボット。こども用プログラミング専用パソコン「Ichigojam」を使って、左右に曲がったり、腕を動かしたり、自分がイメージした動きをプログラミングして自由自在に動かせます。段ボールのボディに、自由にデザインすることも可能。パソコン、キーボードは付いてきますが、モニターは付いていません。

・対象年齢:小学生~中学生
・価格(希望小売価格):1万9580円
・日本語対応の有無:有り
・扱う言語:IchigoJam BASICという簡単なコードを使ってプログラミングを行います

ロボットプログラミング教材などを使った自宅での学習の進め方

自宅でのロボットプログラミング教材を使った学習の進め方には、どのような心がけが必要なのでしょうか。

親のサポートがなく、子どもに教材を与えるだけでは、つまずいたまま放置してしまう可能性もあります。親にプログラミングの専門的な知識が求められるわけではありません。プログラミング教材には、保護者向けのサポートガイドが付いていたり、YouTubeなどの動画で操作方法や機能を解説したりしているものもあります。こうした解説を利用しながら、子どもと一緒に学習を進めていくとよいでしょう。

また、本を通して、ロボットやプログラミングを勉強する手もあります。しかし、ゼロから始める場合は、本だけで学ぶのは難しいです。あくまで教材を触りながら、本はその補助として使うとよいでしょう。教材や教室学習を通じて中程度の知識が入ったら、プログラミングやロボットについて詳しく説明している本を手にとると、理解が深まるでしょう。

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

ロボットプログラミングが学べるおすすめの習い事教室

効率よく、楽しくロボットプログラミングを学べる教室を紹介します。「自宅での学習が思うように進まない」「直接指導を受けて、レベルアップしたい」という方はぜひ検討してみましょう。

①ロボット科学教育Crefus

「ロボット科学教育Crefus(クレファス)」は2003年に設立した、ロボットプログラミング教室の草分け的存在です。

Crefusの授業は、実践を重視しており、ひたすら手と頭を動かしてロボット作りに励みます。使用教材は、教育版レゴ®マインドストーム® EV3やレゴ®We Do 2.0。さらにオリジナルのワークシート型教材で、理科や社会などさまざまな領域を横断して幅広い教養を身につけていきます。

Crefusでは言語活動も重要視しており、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も高めていきます。

・ロボット科学教育Crefus
URL:「ロボット科学教育Crefus」教室一覧
対象:年長を対象としたKicksベーシックコースのほか、小・中学生向けのコースも
コース&料金:9900円~/月
※詳しくは教室にお問い合わせください

②プログラボ

「プログラボ」は、ロボットプログラミングを中心に据えたSTEAM教育により、学ぶ喜び、探究心、やり抜く力を育む教室。阪急阪神と読売テレビが共同運営しており、現在は全国48教室に、約4500人の子どもたちが在籍しています。

教材は「教育版レゴ®マインドストーム®EV3」を主に使用し、子どもでも学習しやすい「ビジュアルプログラミング言語」を使って操作します。月会費のみで、ロボット教材もパソコンやタブレットも1人1台利用可能です。

授業では、スライドやテキストを使ってその日の課題を説明し、その後にロボットを組み立て、プログラムを組んでいきます。生徒3~4人に講師が1人つくことが多く、細かくサポートします。

・プログラボ
URL:「プログラボ」教室一覧
対象:年長~中学生
コース&料金:1万780円~/月
※詳しくは教室にお問い合わせください

③LITALICOワンダー

「LITALICOワンダー」は、株式会社LITALICO(リタリコ)が運営する、ロボットやゲーム、3Dプリンタを使った立体作品など「ものづくり」をする力を育むプログラミング教室。

主なコースは、ロボットをつくる「ロボットクリエイトコース」と、ゲームやアプリをつくる「ゲーム&アプリプログラミングコース」で、いずれも年長から受講可能です。レベルアップすれば、より専門的なコースへ進むことができます。

ロボットクリエイトコースは教育用のブロック教材「レゴ®WeDo2.0」を使って、ロボットを組み立て動かします。

ゲーム&アプリプログラミングコースでは、教育用のビジュアルプログラミング言語「Scratch」や「Viscuit」を使って、簡単なゲームづくりからスタートします。

・ LITALICOワンダー
URL:「LITALICOワンダー」教室一覧
対象:年長~高校生
コース&料金: ゲーム&アプリプログラミング(年長~高校生)、ロボットクリエイト(年長~小学3年生)、ロボットテクニカル(小学3年生~高校生)など|2万6400円/月
※詳しくは教室にお問い合わせください

④ステモン! ウィズダムアカデミー

「ステモン! ウィズダムアカデミー」は、日本初のキッズ向けSTEAM教育プログラムが受講できる教室。ウィズダムアカデミーは、幼児~小学生向けの習い事つき民間学童のため、学童保育の間にロボットプログラミングを学ぶことができます。

大切にしているのは、科学、技術、工学、芸術、数学という5つの領域の知識を横断的に活用し、つくりながら学ぶことです。

レッスンでは、組み立てるための説明書はほとんど使わず、自分で原理を考えながら作ることで、表現力や想像力を養います。

「エンジニアリング」の授業では、ものづくりを通して物理の基礎を学びます。「プログラミング」の授業では、タブレットを使って実際にプログラムを組みながら、プログラミングの基礎、順次処理、繰り返し処理、条件分岐などを学習します。

・ステモン! ウィズダムアカデミー
URL:「ステモン! ウィズダムアカデミー」教室一覧
対象:小学生
コース&料金:1万780円~/月
※詳しくは教室にお問い合わせください

⑤タミヤロボットスクール ONE 横浜ベイクォーター教室

「タミヤロボットスクール」は、模型会社のタミヤが開発したロボットを使う教室です。ONE 横浜ベイクォーター教室は、横浜駅直結のショッピングセンター「横浜ベイクォーター」内にあります。

ロボットプログラミングコースの対象は小3~小6ですが、プログラミングに必要な足し算や引き算などの簡単な計算ができ、アルファベットがわかれば、小学校2年生でもスタート可能。

最初の1年は、自分で組み立てたロボットを使ってプログラミングの基礎を学びます。プログラミング専用こどもパソコンを使用。楽しみながらコードを入力するために「タイピングゲーム」なども取り入れながら、プログラミングに必要な変数、IFコマンド、座標などの基礎知識をマスターしていきます。

・タミヤロボットスクール ONE 横浜ベイクォーター教室
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4718
住所:神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10 横浜ベイクォーター4F DADWAYプレイスタジオ横浜
対象:未就学~中学生 
コース&料金:9350円/月
※詳しくは教室にお問い合わせください

まとめ

ロボットプログラミングと一口に言っても、学ぶための教材や教室の種類や特徴はさまざまです。最初に難しすぎる教材やキットを子どもに与えてしまうと、分からなくて苦手意識を持ってしまう恐れもあります。

はじめは難易度が低いものからスタートして、少しずつレベルアップしていきましょう。幼い頃から、ロボットプログラミングにおもちゃ感覚で慣れ親しめば、自然とプログラミング的思考が育まれることでしょう。

みらのびでは、取材してまとめた全国のプログラミング教室の詳しい情報を検索できます。無料体験の申し込みもできるため、ぜひ比較して検討してみてください。

みらのびがおすすめする「プログラミングスクール」一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す