2022.02.24
学びインタビュー みらのび編集部

【オンライン対談イベント】「好きを仕事にできる子の育て方」 3月11日

子どもには好きなことを見つけて、夢中になってほしい。

だけど子どもが大きくなるにつれて、将来のことが気になり始めます。やっぱり、勉強は大事だよね。小学校や中学校受験をした方がいいのか、受験勉強のためには、習い事を減らした方が良いのだろうかなどと、不安を感じるようになります。できるだけ良い学校に入って欲しいという偏差値教育からの脱却は、いまの親世代にはまだまだ難しい…

いまは、好きなことを仕事にして活躍する人が増えてきています。大きな会社に就職したら安心という時代は終わりました。

どうしたら、好きなことで食べていけるような力が身につくのでしょうか。たくましく生きる力を身につけさせるため、親は何をしたら良いのでしょうか。

子どもの探究心を育てる「探究学舎」の「やっちゃん」こと宝槻泰伸代表が送る対談企画。最前線で活躍する人たちに、好きなことを力にする生き方を聞いていきます。

第1弾は、幼児期に生きる力を育てる「花まる学習会」の高濱正伸代表をお招きして、「好きなことを仕事にできる子の育て方」について、たっぷり語り合っていただきます。

子どもの好きを育てる学びの世界のトップランナーお二人のビッグ対談です。

オンライン対談イベントの応募はこちらから

【日時】2022年3月11日(金)20時~21時半

【対談登壇者】

「探究学舎」代表 宝槻泰伸(ほうつき やすのぶ)さん

1981年生まれ。京都大学経済学部卒。著書に『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』『今日から塾をやめてみた』など。子どもたちに驚きと感動の種をまく、興味開発の授業を提供する「探究学舎」を2011年東京都三鷹市で開校。


「花まる学習会」代表 高濱正伸(たかはま まさのぶ)さん

1959年生まれ。東京大学農学部卒、同大学院修了。「思考力」「国語力」「野外体験」で生きる力を育てる「花まる学習会」を1993年に設立。「メシが食える大人、魅力的な人に育てる」ことを目指して、子どもが意欲的に学ぶ教育法を全国で展開している。著書に、『わが子を「メシが食える」大人に育てる』、『小3までに育てる算数脳』など多数。

 

【主催】朝日新聞社「みらのび」編集部

【場所】オンライン YouTube配信の予定

【参加費】無料

【申し込み方法】2022年3月8日(火)20時までに、応募フォームから申し込みください。

【参加方法】編集部より3月10日までにYouTubeのURLを記した参加証をメール送信します。アーカイブ配信も行います。アーカイブ期間は21日(月)まで。

【特典】参加された方の中から、抽選で合わせて10名の方に宝槻代表の著書『10歳から考える「好き」を強みにする生き方 人生を楽しむ仕事につくために』、高濱代表の著書『つぶさない子育て』をプレゼントします。3月末までにお届けします。

オンライン対談イベントの応募はこちらから

関連記事:前編:子どもの探究心を持続させる方法とは? 「探究学舎」宝槻泰伸代表

関連記事:後編:夢中を「広げる」と「深める」ことで身につく力

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す