2022.02.25
習い事Q&A みらのび編集部

西東京市近辺 おすすめ子ども野球教室5選(幼児~小6)|強豪少年野球チームも紹介

少年野球チームに所属するだけでなく、スキルアップのために野球教室へ通う子ども多くいます。この記事では、西東京市とその近郊で、おすすめの子ども向け野球教室や強豪少年野球チームを紹介します。

目次

  1. 子ども向け野球教室とは
  2. 子ども向け野球教室に通うメリット
  3. 西東京市近辺の少年野球の強豪チームの例
  4. 西東京市近辺の少年野球の強豪チームの例
  5. 西東京市近辺の子ども向け野球教室の選び方のコツ・ポイント
  6. まとめ

おすすめの「野球教室」一覧

子ども向け野球教室とは

子ども向け野球教室は、野球の技術を伸ばすための塾のようなものであり、学習塾や英会話スクールと似たような性質のものといえます。

すでに少年野球チームに所属している子が「もっと速い球を投げたい」「バッティングを上達させたい」などの目的を持って通い、コーチの指導を受けながらスキルアップを目指します。

また、未経験者がチームに所属する前に野球教室に通い、野球の楽しさに触れる場という側面もあります。西東京市の子ども向け野球教室には「ベースボールスクール ポルテ ひばりスクール」があります。

子ども向け野球教室と少年野球チームの違い

子ども向け野球教室は、ピッチングやバッティングなど個人スキルを伸ばすための指導を受ける場です。チームを作って試合や大会に出場するケースはほとんどなく、レッスン時間の多くを個人練習に費やします。

少年野球チームは野球連盟に登録し、大会に向けて練習し、公式試合などに出場することが活動の中心になります。軟式と硬式のチームがあり、西東京市の軟式野球では「西東京ベアファイ」や「ひばりが丘ヤンキース」などのチームがあります。

おすすめの「野球教室」一覧

子ども向け野球教室に通うメリット

子ども向け野球教室は「週末に行われるチームの練習だけでは物足りない」「バッティング、ピッチングのスキルを高めたい」「元プロのコーチから指導を受けたい」といった要望に対応してくれます。個人でやみくもに自主練習するよりも効率的に技術を伸ばすことができるでしょう。

また、「いきなりチームに入るには抵抗がある」というお子さんの場合は、野球教室に通って基礎を教わり、ある程度、慣れてからチームに入るという方法もあります。

子ども向け野球教室と少年野球チームの掛け持ちも可能

子ども向け野球教室は、基本的に平日の夕方から夜の時間帯にレッスン時間が設定されています。学校から帰ったあとに通い、トレーニングに励むのが一般的なスタイルです。一方、少年野球チームの場合は週末や祝日に練習や試合が行われます。両方の活動時間が重なるケースは少ないため、少年野球チームに所属しながら子ども向け野球教室に通うことには特に問題はありません。

おすすめの「野球教室」一覧

西東京市のおすすめ子ども向け野球教室5選

西東京市から通いやすいおすすめの子ども向け野球教室を5つ紹介します。指導経験が豊富なコーチから技術を教われる教室、オンラインで指導を受けられる教室、データ解析によって自分に適したスタイルを学べる教室など、多彩な野球教室があります。

①ベースボールスクール ポルテ ひばりスクール (月)スクール

「ベースボールスクール ポルテ」は、子どもたちが主体的に考え、行動するような言葉がけや問いかけを重視している野球教室です。厳しい研修を受講したプロの野球指導員がクラスを担当。生徒の特性に合わせた効率的な練習を行い、週1回のトレーニングでも着実に上達することができます。年に3回行われる1泊2日の合宿では、スクールの他校の生徒たちと交流試合をし、日々の練習の成果を試します。

西東京市だけでも複数のスクールを運営しています。

・「ひばりスクール (木)スクール」
・「向台キッズスクール」(3~6歳対象)
・「向台(金)スクール」

・ベースボールスクール ポルテ ひばりスクール(月)スクール
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4344
住所:東京都西東京市ひばりが丘3丁目1番
対象:小学1年生〜小学6年生
コース&料金:7580円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

②B-PARK オンラインコーチ

「B-PARK(ビーパーク)オンラインコーチ」は、元プロ野球選手がアプリを通じてバッティングやピッチング、守備などを指導してくれるオンラインの野球スクールです。

スクールのコンセプトは「野球をまじめに、楽しく」。「Lesson Note」というアプリを使ってバッティングやピッチング、守備の動画を送ると、コーチが丸印や線、矢印などを書き込み、音声も加えて改善点を伝えてくれます。また、注意点や練習方法などの動画をコーチが撮り下ろし、細かい動きを丁寧に解説してくれます。

・B-PARK オンラインコーチ
URL:https://miranobi.asahi.com/school/5055
運営者:株式会社ビーパーク
対象:年長~中学3年生
コース&料金:回数券コース|3300円/1回、8800円/3回、1万3200円/5回、定額コース|3800円/月、6600円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

③HEALTHLAB SPORTS

「HEALTHLAB SPORTS(ヘルスラボスポーツ)」は、データの活用によって選手の育成を行っている野球のトレーニング施設です。西東京市に隣接する武蔵野市にあります。

投球や送球動作の改善に向けたピッチングトレーニングコース、打撃動作改善に向けたバッティングトレーニングコースなどがあります。受講生から取得したデータを使ってスキルに応じた個別プログラムを提供します。

・HEALTHLAB SPORTS
URL:http://healthlab-sports.com/
住所:東京都武蔵野市西久保1-6-21 越後屋ビル3F
対象:小学3年生以上
コース&料金:アカデミー会員プラン|2万3100円/月、レギュラー会員プラン|3万4100円/月、チケット会員プラン|8800円/回、3万8500円/5回、7万1500円/10回 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

④フルスイングベースボールスクール 府中教室

「フルスイングベースボールスクール」は、「野球がもっとうまくなりたい」という夢を叶えてくれる野球教室です。元プロ野球選手の井出正太郎氏がカリキュラムを監修し、アドバイザーを務めています。

西東京市の近隣では、火曜日に府中の森公園野球場で練習を行っている「府中教室」があります。初心者から少年野球チーム所属の経験者まで、男女問わずに受け入れています。「ほめる指導」「認める指導」を心がけていて、楽しく野球に打ち込める環境になっています。

・フルスイングベースボールスクール 府中教室
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4841
住所:東京都府中市浅間町1-3-1 府中の森公園野球場
対象:3歳~小学生
コース&料金:火曜日クラス|6300円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

⑤ジュニアバッティングスクール東久留米校

「ジュニアバッティングスクール」は、バッティング特化型の野球教室です。西東京市に隣接する東久留米市に「東久留米校」があります。

経験豊富なコーチがバッティングを基礎から丁寧に指導してくれる少人数制・個別指導型レッスンが特徴で、「コーチが見本を見せる」→「言葉で説明する」→「生徒がやってみる」→「改善点を自分で考える」→「コーチが見本を見せる」という流れを何度も繰り返し、バッティングフォームを体で覚えていきます。

・ジュニアバッティングスクール東久留米校
URL:https://miranobi.asahi.com/school/2115
住所:東東京都東久留米市神宝町2-13-3
対象:小学1年生~中学3年生
コース&料金:バッティングコース|8360円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

西東京市近辺の少年野球の強豪チームの例

西東京市内には、少年野球チームが数多くあります。硬式野球シニアリーグのチームに多くの選手を送り出しているチーム、OBが甲子園に出場したチームもあり、東京都全域の大会で上位進出を果たすなど実績を残しています。

西東京ベアファイ

住吉小学校を拠点に活動する「住吉ベアーズ」と、東伏見小学校のグラウンドで練習している「東伏見ファイターズ」は、合同チーム「西東京ベアファイ」として大会に参加しています。東京都内の少年野球チームが参加するジャビットカップでは、2017年と2021年にチャンピオン大会に出場。2021年大会ではベスト16の好成績を残しています。また、2021年には東京都知事杯第44回東京都学童軟式野球大会フィールドフォース・トーナメントにも西東京市代表として出場しています。2021年夏の甲子園には、住吉ベアーズのOBが出場しています。

ひばりが丘ヤンキース

「ひばりが丘ヤンキース」は、ひばりが丘団地のサークルとして発足した軟式少年野球チーム。およそ50年の歴史を持ち、市内の中原小学校や谷戸小学校、住吉小学校に加え、東久留米市や埼玉県新座市の子どもたちも所属しています。練習は中原小学校やひばりが丘運動公園などで行っています。

2019年に東京都知事杯第42回東京都学童軟式野球大会 フィールドフォース・トーナメントに西東京市代表として出場するなど数多くの実績を残しています。

向台リトルライオンズ

「向台リトルライオンズ」は、1975年に創部された田無の少年少女軟式野球チームで、「小学生の健康な心身を野球を通じて育む」ことをモットーにしています。向台小学校をホームグラウンドにして練習しています。

地区大会優勝や東京都大会への出場を目標に掲げており、2021年にはAチームが防犯野球大会で優勝、長瀬旗争奪大会で準優勝しています。

おすすめの「野球教室」一覧

西東京市近辺の子ども向け野球教室の選び方のコツ・ポイント

西東京市の少年野球事情を解説するとともに、市内とその近辺で子ども向け野球教室に通う際の金銭事情や、親の負担がどの程度なのかを紹介していきます。教室を選ぶ際の参考にしてみてください。

西東京市の少年野球事情

西東京市の少年野球チームにはすでに紹介したチームのほかに、「田無テムジン」や「芝久保ドラゴンズ」、「栄ホークス」など数多くあり、主に地元の小学校校庭で練習をしています。

中学に進学した後は、市内のシニアリーグチームである「保谷リトルシニア」や「田無リトルシニア」などへ進むケースがあるようです。西東京市出身のプロ野球選手には、メジャーリーグでも活躍し、現千葉ロッテマリーンズの井口資仁監督がいます。

おすすめの「野球教室」一覧

子ども向け野球教室の料金

西東京市とその近郊にある子ども向けの野球教室は、週1回のレッスンで月謝が6000円台から8000円台となっているところが多いようです。HEALTHLAB SPORTSは高いですが、データに基づいた指導を受けることができます。

野球教室のなかには月謝の他に入会金や月々の会費などが必要なところもあります。どのような料金がどれぐらいかかるのか、入会前にしっかり確認しておきましょう。

おすすめの「野球教室」一覧

野球教室に子どもを通わせる際の親の負担は?

野球教室の場合、少年野球チームにあるような「お茶当番」や試合時のお弁当作りなどの負担が求められることはほとんどありません。レッスンはコーチに任せればよく、保護者が能動的に参加する必要はほとんどないでしょう。

一方で、少年野球チームの月会費に比べるとレッスン代は高額になるため、金銭的な負担は増えることになります。また、お子さんが小さいうちは送迎も必要になるでしょう。車がないと通うのが難しいケースもありますので、教室を選ぶ際はアクセス面も確認して下さい。

おすすめの「野球教室」一覧

まとめ

西東京市とその近郊にあるおすすめの野球教室を紹介しました。市内には多くの少年野球チームがあり、所属する選手たちがスキルアップできる野球教室もあります。

それぞれが特徴を備えており、さまざまなアプローチでスキルアップに向けた指導をしてくれます。伸ばしたい能力や目指すべき選手像と照らし合わせながら教室を選びましょう。

みらのびでは、取材してまとめた教室の詳細情報を検索できます。無料体験レッスンへの申し込みもできるため、お子さんの性格や通いやすさ、料金などを考慮に入れながら、ぜひ比較検討してみてください。

おすすめの「野球教室」一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す