2022.03.18
学びインタビュー 北川サイラ

子育てと仕事を両立させるには? バレー五輪主将・荒木絵里香さんに聞く

【夢中の力】

東京五輪バレーボール女子日本代表の主将としてチームを支え、2021年9月に現役引退を発表した荒木絵里香さん。主将を務めた2012年ロンドン五輪で銅メダルをつかみ、2014年に長女・和香さん(8)を出産して、復帰を果たしました。4大会連続で五輪に出場した荒木さんが考える女性アスリートのキャリアとは。子育てと競技生活の両立などについて聞きました。2回にわけてお届けします。

前編:子育てと仕事を両立させるには? バレー五輪主将・荒木絵里香さんに聞く

後編:子どもの習い事は早く始め方がいいの? バレー五輪主将・荒木絵里香さんに聞く

4月から学生生活をスタート

――引退して、現在は何をされているのですか? 

現在はトヨタ車体クインシーズのチームコーディネーターとして月数回コートに通って、選手の練習に参加したり、試合に帯同したりしてチームの強化に携わっています。

実は大学院を受けて、合格しました。

――えっ、この4月からは学生ですか?

大学院に合学して、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科エリートコーチングコースに進学予定です。競技者としてできたことを深く突き詰めながら「伝える力」も身につけたいです。 

ロンドンと東京五輪でキャプテンを経験させてもらいましたが、試合の戦略を伝えるのは監督らの仕事で、私はチームを一つにまとめることが役割でした。これまでは、なんとなくの感覚で相手に説明していた部分があるので、もっと論理的に落とし込んで、相手にわかりやすい伝え方を学びたいです。

「目標」と「目的」を切り分けてた

トヨタ車体提供トヨタ車体提供

――東京五輪を振り返って今はどんなお気持ちですか?

目指していた結果とはほど遠く、不甲斐ない結果になってしまい、責任を感じています。あのチームで戦えたことへの感謝の気持ちと、次の五輪を目指せる若い子もいますので、チームを強くする前にもっと個として強くなってほしいとの思いを伝えました。

――新型コロナウイルスの感染拡大で大会の延期もあり、様々な思いもあったと思います。

いろんな制限の中で練習をすることになり、今までの環境がいかに恵まれていたのか、そして多くの方々の支えで思い切りバレーができるのかを痛感しました。

私はいつもバレーの「目標」と「目的」を切り分けて考えるようにしています。

目標は「東京五輪でメダルを取る」ことで、目的は「バレーが上手くなる」「働く女性に挑戦するエネルギーを受け取ってもらえるような生き方をする」こと。

大会が延期になったとき、五輪が開催されるかどうかもわからなかったので、不安な気持ちになりました。でも、私がバレーをする「目的」には変わりがないので、モチベーションが下がるとか言っている場合じゃないなと、数日で気持ちを切り替えることができました。

――目標が変わったとしても、何のためにバレーをするのかが分かっていれば大丈夫ということでしょうか? 

そうですね!目標は叶ったら終わっちゃう。でも目的はずっと続いていくものです。設定した目標が怪我などで崩れたとしても、目的があれば頑張れる支えになりますよね。

そして目標は、いつも短中長期に分けて3つくらい考えていましたね。

――3つとは?

東レアローズに入る前の高校生だったころは、短期を「Vリーグで活躍する」、中期を「海外でプレーする」、長期は「日本代表で五輪に出る」ことを目標にしていました。

全てクリアするのに8年ほどかかりましたね。

私も目的と目標を明確にしていたからこそ、バレーを長く続けられたのかなと思います。

「ママ、バレーやめて」 子育てと競技の両立に葛藤する日々

――子育てと競技生活を両立するうえで様々な葛藤もあったと思います。

両立はできていなかったですよね。練習や合宿で2カ月くらい家を離れ、週1回しか家に帰れない時期もありました。「バレーをやめて」と子どもが泣きすがっても、家に置いていくことは何十回もあったし…。

「バレーと和香ちゃん、どっちが大事なの?」と言われたことも。本当、どこでそのセリフを覚えたんだろうって(笑)。「和香ちゃん」と答えるけど、やっていることが違うので、「じゃあなんで行くの?」と言われるんですよね。心が痛みましたね。

「子どもともう少し一緒にいれば良かったのかな」と、葛藤することはゼロではなかった。でも、自分もこうなるとわかって決断したので。だからこそ、中途半端にバレーを辞められなかった。ちゃんとやり遂げて結果を出したい。挑戦したことへの意味と価値をつくりたいとの思いがありました。

トヨタ車体提供トヨタ車体提供

――子どもを生んでも競技を続けようと、いつごろから考えていましたか? 

2012年にロンドン五輪で銅メダルを取ったとき、すごく達成感があって、じゃあバレーの次は何を目標にしようかと考えました。競技を続けたかったので、当時付き合っていた夫とも話し合って、出産と復帰に挑戦することを決めました。今しかない!と思いましたね。

夫はとても前向きで、やってみよう!という感じで。私が悩んでいると、いつも背中を押してくれるんですよね。無謀なんだけど、本当に何事にもポジティブ(笑)。

母は、公立中学校の体育教員の仕事を辞めて、全面的なサポートをしてもらえることに。母のおかげで全てが成り立っていた感じです。

――練習に復帰したのはいつですか?

出産5カ月目で練習に入り、10カ月目に公式戦に復帰しました。

最初は授乳しながらやっていてトレーニングしてもなかなか、筋肉がつきづらかったです。でもトレーナーや監督、チームのサポートのおかげで、比較的順調に復帰までいけたのかなと。

トヨタ車体提供トヨタ車体提供

――5カ月目に復帰はすごいですね!産後で一番苦労したことは何ですか?

腰痛がひどくて、生きているだけでつらかったです(笑)。産後はマイナスからのスタートで、できたことが何もかもできなくなります。ボールも重すぎて、腕が真っ青になりました(笑)。

夜泣きもすごくて。私も白目むいて「うぇ~~~」ってなっていましたね(笑)。どうしても寝てくれないときは、家族に「ダメ、お願い!」と頼みました。

授乳をやめるタイミングは特に難しかったですね。 

「子どもを置いてかわいそう」 ママへの偏見なくしたい

――やめるタイミングについても「かわいそう」とかいう人もいますよね…。

言われましたね…。別にミルクでも美味しく頂いてくれてたんですけどね(笑)。

ナショナルトレーニングセンターの食堂のおばちゃんに、「子どもの夏休みどうしてんの?」と聞かれたことがあって。「母に預けています」と言ったら、「こんなところで何してんの?子どもがかわいそう」ということを言われたことがありました。あのときはすごく傷つきましたね。

サポートしてくれている母に言われるならわかるんですけど、このおばちゃんに迷惑かけていないしなぁ。でも自分が決めたことだし、こういう意見や考え方もあるんだな、そう言われるのもしょうがないなと受け入れました。

――ママがいないとかわいそうという偏見ですよね。

本当にそう!「ママアスリート」という言葉だけが走っていて、パパアスリートって聞かないですよね。何カ月もツアーを回っている男性アスリートに「お子さんと離れていますけどどうですか?」「子どもを置いてかわいそう」と誰も言わないのに。そこのフィルターがなくなればもっと女性にとって働きやすい社会になると思います。

コートの横でキス イタリアで学んだ多様な生き方

――荒木さんは2008年の北京五輪後にイタリア・セリアAでプレーしていましたよね。海外では選手とプライベートの両立はどうでしたか? 

モデルをしている選手や、大学で勉強している選手もいましたね。バレー以外にもいろんなことをやって、自分の人生を楽しんでいるなと。彼氏が普通に練習を見に来ていて、練習後にコートの横でチュッチュッしているんです。何これ?って感じで(笑)。

海外では、旦那さんがついて一緒に生活している選手や、子どもを母国において海外でプレーする選手もいます。いろんな形があっていいんだなと思いますよね。

――日本と比べてよりオープンな感じなんですね。 

海外に行ったことにより、「選手はこうあるべきだ」というのが自分の中ですごく広がりました。日本だと「母親としてどうなの?」みたいな感じで「べき論」にとらわれがちなんですけど。

「多様性を認め合おう」といわれている社会の中で、子どもの預け方や育て方ももっと選択肢があっていいのかなと。海外のようにベビーシッターを利用するハードルも下がれば、女性も仕事と子育てがしやすい社会になると思います。

娘にも目標に向かって挑戦してほしい

トヨタ車体提供トヨタ車体提供

――引退後の娘さんとの生活はどうですか?

毎日の「おはよう」「おやすみ」を言い合えることにすごく幸せを感じます。

初めて運動会に行けました!頑張っていて、こういうところで成長をみることができて感動しました。

今はベターって抱きついてくる感じですね。「なんでこんなに甘えているの?」とこの前聞いたら、「7年ママ離れていなかったから、7年はこの調子で甘えるから」って。取り戻すぞ!という意気込みがすごいです(笑)。

――娘さんも大きくなったら荒木さんのお気持ちがわかってくるんじゃないでしょうか? 

私が引退するときには、「ママがバレーボール選手じゃなくなる」と泣いていたので、わかってくれている様子です。

思春期が本当に怖いんですよ!「何で一緒にいてくれなかったの?」と聞かれるのは覚悟しています(笑)。でも目標に向かって挑戦する意味や価値をいつか理解してもらえるときがたらいいなと。そして和香にも夢中になって挑戦できるものを見つけて、人生を歩んでもらえたらと、都合よく思っています。

※後編では、荒木さんがバレーを続けることができた理由や娘さんの習い事について伺います。早期化するスポーツ教育への考えについても語ってもらいました。

関連記事:<後編>子どもの習い事は早く始めた方がいいの? バレー五輪主将・荒木絵里香さんに聞く

【プロフィール:荒木絵里香(あらき・えりか)】

1984年、岡山県出身。東京・成徳学園高(現・下北沢成徳)で高校日本一に。トヨタ車体所属。東京五輪を含め、2008年の北京五輪から4大会連続で出場。主将を務めた2012年のロンドン五輪で銅メダルを獲得。2014年に長女を出産。2021年9月に引退。

撮影:篠田英美

みらのび掲載中のスポーツ関連の習い事一覧

北川サイラ
北川サイラ

1992年生まれ、神戸出身。2016年に朝日新聞社入社。静岡、大津総局を経て、2020年10月から現職。小学生のころは器械体操に夢中でした。趣味は家庭菜園、寺社や銭湯めぐりなど。