2022.04.08
学びインタビュー 小内三奈

「好きを仕事にできる子の育て方」㊥ 子どもの適性を見極める

「探究学舎」の宝槻泰伸代表と、「花まる学習会」の高濱正伸代表のオンライン対談イベント「好きを仕事にできる子の育て方」を3月11日、 開催しました。合計で3300人を超える方に視聴いただいたイベントのレポートです。第2回目は子どもの適性を見極めて、子どもにとっての良い見本となる人を見つけることが大事だと話します。

第1回:対談イベント「好きを仕事にできる子の育て方」㊤ 宝槻泰伸さん×高濱正伸さん

第2回:「好きを仕事にできる子の育て方」㊥ 子どもの適性を見極める

第3回:「好きを仕事にできる子の育て方」㊦ 目の前にいる子どもの個性を愛する

どのようにして「好き」「夢中」「やりたいこと」を見つける?

人がワクワクする源泉は「驚き」と「感動」

宝槻:どうやって子どもたちは、好きなことや夢中になれることを見つけるのかということですが、人がワクワクするのは「驚きと感動」ではないかと思っています。驚いたり感動したりすることがないのに、好きになったり夢中になったり出来ないですから。

高濱:そう思いますね、驚きと感動はものすごい力ですね。感じる力はすごく重要ですよ。幼児期から小学生までの基礎体験としては、「えーーっ!」みたいな体験。河原に行ったら「何?この虫」みたいなものだらけ、驚きだらけ。なんとかランドに行くのもいいけど、わが子を本当に伸ばそうと思うなら、圧倒的に外遊びだし、自由遊び。積み木を積んでは倒し、何やってるの?みたいなことをして、目が輝いていること、それが正しいです。

宝槻:先生の言っていることは、驚いたり感動したりする対象として、自然の神秘と人類の英知という2種類に整理できるのかなと。

高濱:お~、いいぞ!

宝槻:数学やテクノロジーは人類の英知です。一方、自然の神秘は、生き物であり自然の景色であり、花や夕日、四季、魚の生態系などです。野外体験、野外遊びは、自然に連れて行ったら自然が教えてくれて、感動する原体験があるよって、先生のお話でもあると思うんです。

でも、年齢が上がっていくと、子どもたちはいよいよ人類の英知に驚き、感動するというというタイミングになってくる。ところが、驚きと感動と共に教えてくれる教育者が、いままでほとんどいなかった。僕にとっては「NHKスペシャル」がこの両方を教えてくれる装置でした。

高濱:そうだね、NHKはすごい。Eテレなんて本当に素敵な番組が多い。

宝槻:探究学舎は、人類の英知を「驚き」と「感動」とともに学べる学習体験を専門とする教室です。今まで世の中にないから受けているんだなと思っています。

幼少期は目の輝きを見る、大きくなってきたら良い先生との出会いを与える

高濱:子どもはもともと何でも好き。その中で傾向が出てきて、電車が好きとか人形が好きとか出てくるけど、親の見方としては、幼児期は目が輝いているかどうかさえ見ていれば良い。さらに深めていくには、今度はメンターというか筋のいい人に教えてもらうことが大事になる。本当に面白さがわかっている人の横にいるだけで、数学や化学、社会が大好きになったりする。良い先生を見つけることが親の仕事かもしれないですね。

宝槻:好きとか夢中の最初の第一歩は、入門体験です。動物、科学、宇宙、アート、楽器に入門したりしますが、その入門体験に驚きと感動がないと、一生それをやらずに過ごすことになる。優れた入門体験を与えてあげることが、興味開発の流儀。親があらゆるテーマに優れた入門体験を与えられるかっていったら無理だから、専門家の力を頼ればいいんです。

高濱:筋のいい人につくかつかないかはむちゃくちゃ大きいと思う。東京の良いところは、横についたら素晴らしい先生がいっぱいいるところです。

平岡妙子「みらのび」編集長:良いお話が続いていますが、今なぜ、こんなに好きなものを見つけようという時代になっているのか、社会背景についての話がまだですので、その話をしていただいても良いですか?

宝槻:昭和の戦前や明治、大正の親は、「好きなことを仕事にしろ」なんて言っていなかった。努力して、我慢や忍耐力を鍛えないと生きていけないという世界観で生きてきた。でも今は便利になって、忍耐しなくても生きていける。IT革命もあって、便利なテクノロジーを表現に生かして、ワクワクして好きなことをして追いかけても人類は生きられる、という時代になっている。

高濱: なるほど、面白い。今、食いっぱぐれるということはなくなっている豊かな時代だからね。好きなことをやっても生きていける確率が高くなっているね。

読者からの質問に回答

読者の皆さんからたくさんいただいた質問にお答えいただきました。

Q:受験がどうしても気になります。受験と探究心のバランスについて、どう思いますか?好きなことを一時的にやめさせても仕方ないですか。

宝槻:僕は5人の子どもがいますが、受験に向いている子とそうでない子はすぐにわかる。受験に向いている子は勉強を頑張って良い大学に行って、社会的なチャンスを見つければいい。うちにも向いていない子がいるんだけど、けもの道で面白く生きていけるし、自分のポジションや人生を身につける社会的機会にあふれている。受験も探究も両方取るバランス論は必要ないというのが、親としての価値観ですね。

高濱:世の中はチームで出来ているんだから。それぞれに合った仕事がある。入試に向いているのは「べき力」「適合力」がある子。好きなことをずっとやっている子は、とことん好きなことをやらせてあげる。個に応じて決めるというのが親の態度。

平岡:なるほど、全員が「べき力」を身につけることはないということですね。子どもの適性をどうやって見極めたらいいでしょうか。

宝槻:僕の言葉で言えば、人は「適合派」と「創造派」に分かれる。適合派は、軍隊や工場労働でしっかりできる人。ランドセルに明日の準備をきちんと入れられるような子ども。外の枠組み、規範に自分を当てはめて行動できる子。創造派は、好きなことをして生きるさかなクンのような人。自分の内側の物差しで生きていく子。

高濱:学年が上がって宿題が多くなってきたときに、「大変だけどやるか」と思える子は「適合派」。「えー、楽しいことしたいよ」と思う子がいる。どっちがいいじゃなくて、社会全体ではどちらも大事な因子だから、「君は受験でいこう」「君は尖がったものを極めましょう」と親がそれを見極めてあげればいい時代にきているのかなと思います。今までは全員受験を頑張ることしかなかったんですけど。

宝槻:チャットでも、「10年後にけもの道を生きた子を受け入れる社会になっているとは思えない」とか「日本は適合する人間を求めている」との書き込みがありますが、それはまったく過去の話ですよ。

説明しますと、まず、世の中の産業は2つに分けられる。1つは「ファンクショナル産業」。便利で役に立つという機能的価値を提供している会社。電力、鉄道、水道、車とかですね。

もう1つは「エモーショナル産業」。人生がときめくための産業。ディズニーや映画、劇団、スポーツや音楽などですね。20世紀はファンクショナル産業が主体の時代だった。大規模生産でインフラを整えていたから、適合的な人が必要だった。でも今は、便利で役に立つ産業は社会に行き渡ったので限界に来ているんですよ。

平岡:親もファンクショナル産業の人が多くて、エモーショナルな産業で食べていけることをまだまだ信じられていないということかもしれないですね。

※次回も質問にまだまだお答えします。

【プロフィール:宝槻泰伸(ほうつき やすのぶ)】

1981年生まれ。京都大学経済学部卒。著書に『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話』『今日から塾をやめてみた』など。子どもたちに驚きと感動の種をまく、興味開発の授業を提供する「探究学舎」を2011年東京都三鷹市で開校。

【プロフィール:高濱正伸(たかはま まさのぶ)】

1959年生まれ。東京大学農学部卒、同大学院修了。「思考力」「国語力」「野外体験」で生きる力を育てる「花まる学習会」を1993年に設立。「メシが食える大人、魅力的な人に育てる」ことを目指して、子どもが意欲的に学ぶ教育法を全国で展開している。著書に、『わが子を「メシが食える」大人に育てる』、『小3までに育てる算数脳』など多数。

関連記事:第1回:対談イベント「好きを仕事にできる子の育て方」㊤ 宝槻泰伸さん×高濱正伸さん

関連記事:第2回:「好きを仕事にできる子の育て方」㊥ 子どもの適性を見極める

関連記事:第3回:「好きを仕事にできる子の育て方」㊦ 目の前にいる子どもの個性を愛する

関連記事: 子どもの探究心を持続させる方法とは? 「探究学舎」宝槻泰伸代表

関連記事:夢中を「広げる」と「深める」で身につく力 「探究学舎」宝槻泰伸代表

小内三奈
小内三奈

ライター・インタビューアー。ビジネス・教育分野を中心に、新聞、雑誌、Webメディア等で執筆中。経営者や教育現場への取材の他、教育書・児童書の書評を執筆。その他、旅行、グルメ等幅広いジャンルに取り組む。好奇心旺盛でキラキラした子ども時代を過ごしてほしいと願い、「今、この瞬間」を大切に育児に励む2児の母。子どもの頃熱中したのはピアノ。4歳から高校1年まで続け、最後の演奏曲はショパンのノクターン。

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す