2022.04.06
習い事Q&A みらのび編集部

くもんの「国語」の学習効果 - 読解力は身につく?

経済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査によると、日本の子どもたちの読解力は低下傾向にあると指摘されています。OECDによると、読解力とは「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、社会に参加するために、テキストを理解し、利用し、評価し、熟考し、これに取り組むこと」と定義されています。この力を養うために、くもんの国語が実践している学習法のほか、その他の有効な習い事を紹介します。

目次

  1. くもんの「国語」の内容
  2. くもんの「国語」で期待される学習効果
  3. くもんの国語で「読解力」は伸びるのか
  4. 「国語力」「読解力」を伸ばす習い事教室
  5. まとめ

SAPIXの教材で学べる民間学童「ピグマキッズセレクト」

くもんの「国語」の内容

くもんの国語は、少しずつステップアップしていくバリエーション豊かな教材を通し、高い読解力を養うことを目指しています。読解力を習得することは、物事を理解して考える力、さらには自分で表現する力へつながっていくとくもんは捉えています。

「我が家はこうして読解力をつけました」(くもん出版)などの著書があり、4人の子ども全員を東京大学に合格させた、佐藤ママこと佐藤亮子さんは、みらのびの取材のなかで「くもんの国語はすぐに答えを抜き書きできるような問題が多い」と述べ、こう続けています。

「質問が簡単だから、なるほどって考え始めます。シンプルだから、すぐにプリントの裏の問題へと進めます。これがややこしい問題で記述式だったら、子どもは面倒くさくて取り組まない。立派な問題を100問やるより、易しい問題を1000問やって文章をたくさん読んだ方が、より賢くなります」

習字・書道で国語力を磨く「未来こども教室 かきかた書道教室」

くもんの国語は「3つの力」にフォーカス

くもんでは、国語を「すべての学びの基礎」と位置づけ、教材を使って反復トレーニングを行うことで、「文字を読み書きする力」「語彙力」「文の構造を整理する力」という3つの力の習得に取り組んでいます。 

・文字を読み書きする力

幼児でも文字や言葉に親しむことのできる教材が準備されており、小学校入学前からひらがなの読み書きを行います。「あ」からではなく、書きやすい「し」や「つ」から始めて、複雑な文字へ進むなど様々な工夫があります。教材でトレーニングをくり返すことで、文字を読み書きする力を培います。 

・語彙力

語彙力について、くもんでは「自分の意見や考えを、言葉にする力」とし、文章を上手に書くために必要な力と位置づけています。例えば、本の感想文でも「面白かった」以外の表現を使えるかどうかは、語彙力に左右されます。くもんの国語教材を通し、子どもたちは幅広いジャンルの文章を読み、数多くの表現や言葉に触れるため 、語彙力を自然と身につけることができるでしょう。

・文の構造を整理する力

文章を書くには、文章を正しく構成する力も必要です。その力を身につけるには、くもんでは語彙力と同様、たくさんの文章や表現に触れ「読む力を高める」ことを重視します。また、文の構造を整理して、組み立て直す練習を実践し、複雑な文章でも理解して読む力を養います。

現役アナウンサーのレッスンで言語能力を磨く「KEEʼSこどもスピーチスクール」

具体的な国語の教材例

小学校低学年の初期段階の教材には、カタカナや基礎的な漢字、さらには読解力と構文力のベースとなる動詞文・形容詞文・名詞文という三文型を学ぶことができる内容となっています。

カタカナと漢字の学習では、書き順が添えられたなぞり文字や、ひらがなをカタカナに書き換える問題、漢字の音読みと訓読みを使い分ける問題など、ドリル形式のトレーニングが多数準備されています。基本的な三文型の学習では、イラストを見ながら正しい主語と述語を選択し、言葉を並べかえる問題を反復して行います。

次のステップでは、文章を読んだあとに問題の内容を把握して、解答箇所を見つけ、正確に視写する練習を重ねていきます。

概念(主に言葉)・数字などの記号・図形の3つの領域を磨く知育教室「キッズアカデミー」

くもんの「国語」で期待される学習効果

くもんの国語が目指しているのは、文章の理解はもちろん、理解した内容をもとに自らの考え方を深めていくことのできる高度な読書能力の習得です 。これを身につけるために、くもんの国語の教材では文章中の語句を抜き出し、解答する問題を多用しています。

公文教育研究会の広報チームリーダーである髙橋清光さんは、その理由をみらのびの記事の中でこう解説しています。

「文章中の語句を用いて解答文を完成させる学習は、『誰が』『何を』『どうした』など、文章内容を整理・解釈し、文の構造を正しく理解する力を高めることにつながります」

教材がステップアップしていくと、読んだ文章をテーマごとに自分の言葉で一文にまとめる学習へと発展。小学3年生相当の教材からは、問題に対する答えの文を自分で全文書く学習も始まります。

演劇表現を通して言語化能力などを身につける「ひなたアクターズスクール」

くもんの国語で「読解力」は伸びるのか

「たくさんの言葉や文章に触れながら、高度な読解力・読書能力を養う」ことを掲げるくもんの国語ですが、「教材の中には「『何文字で抜き出して答えなさい』という問題が多い。本当に読解力が身につくのか?」「記述式やアクティブラーニングに役立つのか?」という疑問が寄せられることもあります。

これに対し、冒頭で紹介した佐藤さんは「読解力の基礎の基礎は、いかにたくさん文章を読むかどうか」と指摘。 公文教育研究会の髙橋さんも「くもんの国語の教材は、文章内容を素早く、正しく把握する力を身につけ、その上で文章を多角的、批判的に読み進める力を高めていけるようにつくられています」と述べています。

SAPIXの教材で学べる民間学童「ピグマキッズセレクト」

読解力を鍛えるその他の方法

読解力は、下記のような習慣を作ることで、日常生活でも鍛えることができます。

①音読する
②こまめに辞書を引く
③要約する
④読書メモをつける
⑤新聞・雑誌・コミックなどをよく読むこと
⑥テーマを決めてディスカッションや対話をする
⑦博物館で学芸員に話しかける


関連記事:「読解力を鍛える方法7選 - 小学生の読解力を伸ばすために保護者ができること」より抜粋

「読解力養成親子講座」を主催する早瀬律子さんは、朝日新聞EduAで親子の日常会話も有効だと指摘し、「小学3・4年生くらいになってきたら、子ども扱いをせず、対等な目線で会話することを心がけて」とアドバイスしています。

また、小学生対象の思考力・表現力・記述力などを育む習い事やくもんの国語を活用することも効果的でしょう。

演劇表現を通して言語化能力などを身につける「ひなたアクターズスクール」

「国語力」「読解力」を伸ばすおすすめの習い事教室

さまざまなジャンルの習い事を見渡したとき、一見すると「国語力」や「読解力」とは縁のなさそうな教室もあります。ただし、それぞれの教室のレッスンや授業を通じて得られる思考力、記述力、表現力、課題発見力などは、将来的に子どもたちの国語力や読解力に影響を与える可能性を秘めています。

①ピグマキッズセレクト ウィズダムアカデミー

3歳から小学6年生までを対象とした、習い事と送迎サービスつきの民間学童として注目を集める「ウィズダムアカデミー」。30種類以上ある習い事のなかには、学習をサポートするものもあります。

そのなかの1つである「ピグマキッズ」は、大手学習塾のサピックス(SAPIX)が開発した小学1年生から4年生向けの教材を使用。まだ長い文章を読むことに慣れていない子どもたちに対しても、文中のキーワードを的確に把握する方法を専門指導員が丁寧に指導します。

子どもたちが楽しみながら考えられるような問題が多数そろっており、「論理的思考力」「記述力」を段階的に習得できます。

子どもの文章力に対する相談を保護者から持ち掛けられることも少なくありません。そのため、一人ひとりのレベルや特徴に合わせ、身近な事柄を短文で表現するような授業も実施し、文章を書くことや作文に対する苦手意識を自然と取り除いていく取り組みにも力を入れています。

・ピグマキッズセレクト ウィズダムアカデミー
URL:https://miranobi.asahi.com/article/6760
対象:小学1年生~小学4年生
コース&料金:レギュラー会員 9,900円/月、レッスン会員 1万1000円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

②KEEʼSこどもスピーチスクール オンライン

「KEEʼS(キーズ)こどもスピーチスクール」は、企業のトップの方々も話し方について学ぶKEEʼSのプログラムを子ども向けに構成した教室です。

このスクールの魅力は、現役のアナウンサーから発声や腹式呼吸、話し方の基本的なスキルを学ぶことのできる点。スピーチにおけるさまざまなノウハウを身につけることで、人前での発表が苦手だった子どもも、堂々と発言できるようになったり、聞き取りやすい声で自分の意見を表現できるようになります。

また、ただ話をするだけでなく、ロジックツリーを用いて伝えたいことを論理的、効率的に組み立てる思考法もレクチャーします。

・KEEʼSこどもスピーチスクール オンライン
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4817
対象:年少~小学6年生
コース&料金:幼児スピーチクラス(年少~年長)|1万3200円/月 、低学年クラス(小学1年生~3年生)|1万3200円/月 、小学生高学年クラス(小学4年生~6年生)|1万3200円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

③未来こども教室 かきかた書道教室

「未来こども教室」は2008年に設立。「将来本当に役立つ能力」に着目し、子どもたちにさまざまな力を身につけさせることを目的としています。この「かきかた書道教室」の他にも、「そろばん教室」や「作文教室」などを運営しており、礼儀作法、集中力、正しい姿勢、自己肯定感、そして自ら考え学ぶ力の育成に注力しています 。

「かきかた書道教室」で学ぶことができるのは、鉛筆を使用する「かきかた」、毛筆を使用する「書道」の2コース 。どちらのコースでも、文字の美しさを際立たせる線の書き方を大切にしながら、オリジナルの教材を用い、お題の文字を書く練習をくり返します。

進級するにつれて漢字の難易度が高まっていく ため、チャレンジ精神ややり抜く力を育みつつ、先生からの指導を通じ、より上手に書くための課題発見力や解決力の向上も期待できます。 

・未来こども教室 かきかた書道教室
URL:http://miranobi.asahi.com/article/8742
対象:年少~小学6年生
コース&料金:かきかた(年少~小学生)|3080円/月、書道(年長~小学生)|月謝4400円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

④ひなたアクターズスクール

公式サイトに「ひなたアクターズスクールは最先端の教育を芸術から学ぶ『楽しくて成長できる場所』です」と明記されているとおり、演劇に必要なさまざまなカリキュラムを通して、一人ひとりの特長や存在感を高めていきます。

対象は3歳から高校生までと幅広く、アクション、演技、コミュニケーション、ダンス、モデル、ボーカルなど、各分野のプロから多彩なレッスンを受けることができます。

ステージでの発表や芸能界で通じるテクニックを習得することはもちろん、特に着目すべきは豊かな表現力の育成です。「ひなたアクターズスクール」は数多くのイベント出演や発表の機会を設けており、歌、ダンス、セリフなど、全身を使いながら自分自身の表現の仕方を学びます。同時に、英語のカリキュラムにも力を入れています。

毎回、レッスン終了後にはリフレクションシートに学んだこと、感じたこと、今後の課題などを記録して提出。自分の考えを文字に書き起こすことにより、内省する力や言語化する力も育みます。

・ひなたアクターズスクール
URL:https://miranobi.asahi.com/school/4799
住所:東京都葛飾区亀有4-38-6 防災コミュニティスペースえまいま
対象:3歳~高校3年生
コース:表現力コース(小学1年生~高校3年生)、芸能コース(小学1年生~高校3年生)、プレスクールコース(3歳~年長)、オンラインコース(小学1年生~高校3年生)|
※月謝・チケットなど、詳しくは教室にお問い合わせください

⑤キッズアカデミー

「キッズアカデミー」の対象年齢は2歳から7歳。脳がまだ完成していない8歳までの時期に、脳へ適切な刺激を与える知能教育を実施しています。文字の練習、計算問題を解くだけでなく、「キッズアカデミー」ではさまざまな教材を用いて思考力と記憶力を高め、知能=頭(脳)を強化することを目指しています。

一度のレッスンで一つの教材をじっくり学ぶ学習スタイルを採用。特に、知能を働かせているといわれる「概念(主に言葉)」「記号(数字や数学記号・音符など)」「図形(位置・方向・大きさで表されるもの自体の形など)」については深掘りして学びます。

もっとも、子どもたちが難しさを感じるような内容やアプローチはありません。遊び感覚で取り組む中で自然と学習が進み、短期的な暗記や計算速度を高めることなどに特化するのではなく、記憶した内容を長期にわたって保持しつつ、異なるパターンの問題も解ける応用力や柔軟性を身につけていきます。 

・キッズアカデミー
URL:http://miranobi.asahi.com/article/6665
対象:2歳~7歳
コース&料金:年齢ごとにD~Sの5コース|1万5950円/月 など
※詳しくは教室にお問い合わせください

まとめ

昨今の日本の教育において、読解力の向上は特に注目を集めるテーマの一つです。さまざまな工夫がこらされたくもんの教材を使い、反復トレーニングのなかで「読み書きする力」「語彙力」「文の構造を整理する力」を習得することは有効でしょう。

同時に、くもんとは別のアプローチで「国語力」「読解力」を伸ばす教室の存在も無視できません。子ども一人ひとりの個性に合った習い事を見つけ、応用力や表現力を身につけることは、個々の未来の選択肢を広げてくれるはずです。

SAPIXの教材で学べる民間学童「ピグマキッズセレクト」

現役アナウンサーのレッスンで言語能力を磨く「KEEʼSこどもスピーチスクール」

習字・書道で国語力を磨く「未来こども教室 かきかた書道教室」

演劇表現を通して言語化能力などを身につける「ひなたアクターズスクール」

概念(主に言葉)・記号(数字・音符など)・図形 3つの領域を磨く知育教室「キッズアカデミー」

みらのびでは、ユーザー登録をすることで、習い事教室の説明会や体験教室に簡単に申し込むことが可能になります。いくつか比較してから通う教室を決めたい時も、複数の教室へ手軽に申し込みができて便利です。ぜひご利用ください。

新規ユーザー登録

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す