2022.04.22
習い事Q&A みらのび編集部

子どものそろばんの独学は可能?親が教えるメリット・デメリットやおすすめ教材まとめ

計算力・暗算力など多くの力が身につくそろばんは、子どもの習い事として大人気。ですが、教室に通わずに学習することは可能なのでしょうか? そろばんを独学するのに必要な道具やおすすめの勉強方法のほか、保護者がそろばんを教えるメリット・デメリットを紹介します。

目次

  1. 子どものそろばんの独学は可能?
  2. 親が子どもにそろばんを教えるメリット・デメリット
  3. おすすめのそろばんの学習方法
  4. そろばんが学べるおすすめの習い事教室4選
  5. まとめ

全珠連検定に準拠したテキストを使用「未来こども教室 そろばん教室」

子どものそろばんの独学は可能?

子どもにそろばんを学ばせたいものの、時間的または金銭的に教室に通わせるのが難しいという場合もあるかもしれません。そろばん教室に通わなくても、親が教えるなどして自宅でそろばん学習をすることは可能です。

親子で数字に親しむ目的であれば、覚えること自体はそれほど多くありません。最近ではそろばんを学べるアプリもあるため、手軽にスタートすることができます。

一方で、本格的なそろばん学習には、「繰り上がり」や「繰り下がり」など、子どもがつまずきやすいポイントの指導も必要なため、上級者を目指すなら保護者よりも経験値の豊富な先生に習うほうが効率的です。また、競争相手がいないことでモチベーションが保ちにくいといったことも考えられます。

そろばん教室の月謝は一般的に数千円~1万円未満であり、比較的気軽に始められます。通うメリットは十分にあるでしょう。

iPadアプリを使う最新の学習法「そろタッチ ウィズダムアカデミー」

用意するもの

まずは使用するそろばんを選びましょう。そろばんは商品によって計算できる桁数や、使われている素材が異なります。

桁数は主に13桁、23桁、27桁の3種類がありますが、小学生の計算は2桁の演算が多く、15桁以上あれば十分です。そろばん塾では23桁が一般的に使用されており、不便なく計算できるでしょう。

素材は、樺(かば)という樹木で作られた「樺(かば)玉」を使ったそろばんが一般的です。手になじみやすく、適度な重さで弾きやすいため、子どもや初心者、上級者まで幅広い層の人たちに使われています。

そのほか、子ども向けの玉が大きいものや、カラフルなそろばんもあります。

【関連記事】子ども向けおすすめそろばん7選 - ワンタッチそろばんやトモエそろばんも紹介

基本的なそろばんの学習方法

そろばんを学習するうえで、最初に覚えたいのが、そろばんの各部位の名前です。「枠(わく)」「梁(はり)」「定位点(ていいてん )」など、そろばん学習を進めていくうえで知っておくべき名称があります。

次に、そろばんでの1~9の数え方、玉の動かし方を理解し、「5+1」や「9-7」のように繰り上がり、繰り下がりがなく、一桁の中で計算できるものから練習していくといいでしょう。

「繰り上がり」「繰り下がり」でつまずく子どもが多い

そろばんで最初につまずきやすいのは、繰り上がり・繰り下がりの計算方法です。一桁の中で計算できるものよりも複雑になるため、きちんとやり方を理解しておきましょう。

ここで大事なのが「補数」の概念です。足す数や引く数が「10に対していくつ少ないか」を考える必要があります。

たとえば「8+9」の場合、10から9を引くと1です。その1を、一の位から引き、十の位に1を足します。画像で見てみましょう。

●8の状態

これが、8です。ここに9を足します。

●9を足した状態

「8+9」の場合、足す数「9」を10から引くと1になります。その1を、一の位から引き、十の位に1を足しました。画像のように答えは「17」となります。

「繰り下がり」のある引き算では、引く数が「10に対していくつ少ないか」を考え、その数を一の位に足し、十の位から1を引くことになります。

【関連記事】そろばんの基本的なやり方を画像付き解説 - 足し算・引き算・繰り上がりの計算方法

掛け算は九九を覚える必要があるため難易度が上がる

そろばんでの足し算と引き算をマスターすると、次に覚えるのは「掛け算」です。

そろばんの掛け算は、九九をしっかりと覚えることに加え、「片落とし」「両落とし」などのやり方や、指を置く位置なども理解する必要があり、難易度が上がります。

子どもがどこでつまずいているのかを見極めることができなければ、問題を解くことができないため、注意が必要です。

データを活用し上達効率を最大化「かじつ(佳日)そろばん教室」

【関連記事 】そろばんの「掛け算」のやり方 - 2桁×2桁・2桁×3桁の計算方法は?

親が子どもにそろばんを教えるメリット・デメリット

親が自宅で子どもにそろばんを教える場合、どんなメリットとデメリットが考えられるのでしょうか。そろばん教室に通わせるか、独学で学ばせようか悩むこともあります。

親が家で教えるメリット

自宅で教えるメリットは、そろばん教室へ送迎する必要がない点です。家の近くの教室であっても、子どもが小さいうちは難しい場合もあります。そろばん教室は週2~3回というところも多く、特に教室が離れている場合などは送迎が大きな負担になります。

また、そろばん教室に年齢制限がある場合もあります。教室で習うためには、数字の読み書きができることが条件になっているところも多く、早くても4歳(年中)くらいから始めるのが一般的なようです。

早い時期から子どもにそろばんを学ばせたい場合に、初歩的なことを親が自宅で教えるのは方法の1つです。月謝もかかりません。

親が家で教えるデメリット

デメリットは、親にそろばんの知識がない場合、子どもの上達に追いつかなくなる可能性がある点です。桁数の多い計算や複雑な計算などで、子どもがつまずいたときにその原因を特定して正しく指導することができず、行き詰ってしまう可能性があります。

また、切磋琢磨する競争相手がいないのもデメリットの1つと言えるかもしれません。子どもの「もっとうまくなりたい」というモチベーションを保ちたいときに、友だちとの競争は効果的です。それがない分、親がうまくフォローしてあげる必要があるでしょう。

そのほか、自宅での学習は集中を妨げる誘惑が多く、そろばんにしっかり集中する環境が整わない可能性もあります。集中が乱れ、計算ミスや指の動かし方を間違えることが多くなれば、家でそろばんをすることにネガティブな印象を持ってしまうかもしれません。

集中して学びたいときには、そろばん教室を利用すると良いでしょう。

民間学童でそろばんの習い事が選べる「珠算教室 ウィズダムアカデミー」

そろばんのおすすめ学習方法

そろばんをどのように学習するかは、何を目的とするかなどによっておすすめの方法が変わってきます。子どものそろばんに対する興味などもふまえながら、無理なく続けられる学習方法を検討しましょう。

①お試しで始める場合

そろばんがどのようなものか試してみたいときは、自宅でそろばんに触れてみるところからスタート。まずは「そろばんはおもしろい」と子どもが感じられるように簡単な計算から始めましょう。そろばん本体がなくても、スマホやタブレットのそろばんアプリを使えば、手軽に試すことができます。

そろばんの基本的なやり方を画像付きで解説 足し算・引き算・繰り上がりの計算方法

そろばんの「足し算」のやり方 2桁の足し算や繰り上がりの計算方法は?

そろばんの「掛け算」のやり方 - 2桁×2桁・2桁×3桁の計算方法は?

段位を取らせたい場合

そろばん検定での段位の取得を目指すなど、本格的にそろばんを学ぶ場合は、やはりそろばん教室に通うことがおすすめです。

しっかりとした指導を受けて効率的に学ぶことができるうえ、教室によっては検定や大会に向けたレッスンも行なってくれます。いろいろなそろばん教室がありますので、子どもが続けていきやすい教室を選びましょう。

全珠連検定に準拠したテキストを使用「未来こども教室 そろばん教室」

そろばんが学べるおすすめの習い事教室4選

きちんとそろばんの使い方をマスターし、効率的に学習するなら、そろばん教室に通うことがおすすめです。初心者からでもしっかりと学べる、おすすめの教室を紹介します。

①未来こども教室 そろばん教室

「未来こども教室」は創業30年の学習塾「大学受験学志会」のおけいこ部門として、2008年設立。子どもたちに将来役立つ力を無理なく身につけさせることを目的に、書道、そろばん、プログラミングなど幅広い種類の教室を運営しています。

そろばん教室は現在、東京都内に約50教室を展開。先生が数字を読み上げて全員が一斉にそろばんを弾く、いわゆる読み上げ算はやらず、生徒一人ひとりを個別に指導。子どもはそれぞれ自分の級のテキストを開いて問題を解いていき、間違えたところを講師がピンポイントで教える指導スタイルとなっています。

対象は年中から小学6年生まで。同じ時間帯に同じ教室内で、14級の子から1級を目指す子まで、さまざまなレベルの生徒が一緒に受講します。「礼儀作法」「集中力」「正しい姿勢」「自己肯定感」「自ら考え学ぶ力」などの指導にも力を入れているのが特徴です。

・未来こども教室 そろばん教室
URL:「未来こども教室 そろばん教室」一覧
対象:年中~小学6年生
コース&料金:小学生コース(4070円/月)、キッズコース(2420円)、ほか入会金や維持費など
※詳しくは教室にお問い合わせください

②そろタッチ ウィズダムアカデミー

プログラミングやアート、英語、運動系など多種類の習いごとが1箇所で受けられるのが特徴の「ウィズダムアカデミー」。30種類を超える豊富な習い事が用意されていますが、その中のひとつが、iPadのアプリを使って「そろばん式暗算」を習得する最新の学習法「そろタッチ」です。

そろタッチでは、そろばんのイメージ力習得をサポートする仕組みにより、学習を楽しみながら暗算能力を身につけることが可能。学習の習慣化だけでなく、教室限定アプリを使ったゲームは友だちとの競い合いと協力を促し、本番力も養います。適齢期に約2年間の毎日の学習を終えると、四則計算が暗算上級レベルに到達するといわれています。

毎日の学習は翌日のランキングに掲載。全学習者を対象とした順位以外にも、レベル別や種目別、早朝に特化した「はやおき」などのさまざまなランキングがあります。子どもたちはさまざまな角度から上位を狙えるので、目標を見つけ、チャレンジする習慣が身につくのも特徴です。

・そろタッチ ウィズダムアカデミー
URL:「そろタッチ ウィズダムアカデミー」一覧
対象:年長~小学生(教室によって異なります)
コース&料金:レギュラー会員(8800円/月)、レッスン会員(9900円/月)、ほか入会金など
※詳しくは教室にお問い合わせください

③珠算教室 ウィズダムアカデミー

民間学童「ウィズダムアカデミー」に用意されている30種類以上ある習い事のひとつ。頭ではなく体を使って、スポーツ感覚で学べるそろばん教室です。初心者、経験者など、1人ひとりのレベルに合わせてレッスンを進めているのが特徴です。

数字の感覚、そろばんの感覚を体にしみこませるために、とにかくひたすら問題を解いていくことを重視しており、「難しい」「苦手」といった数に対する心の壁を取り払うことが可能。集中力が養われるうえ、先生が個別にピンポイントでわからないところを教えてくれるので、ひとりで机に向かってコツコツやり抜く力も伸ばすことができます。

対象は年長から小学生まで。15級から9級までは「基礎編あたらしいしゅざん(暁出版)」、8級以上は全国に普及している全国珠算教育連盟(全珠連)の検定用テキストを使用し、上級者向けにはさらに高いレベルの応用計算のテキストが用意されています。

・珠算教室 ウィズダムアカデミー
URL:「珠算教室 ウィズダムアカデミー」一覧
対象:年長~小学生
コース&料金:レギュラー会員(6600円/月)、レッスン会員(7700円/月)、ほか入会金など
※詳しくは教室にお問い合わせください

④かじつ(佳日)そろばん教室

東京都杉並区にある「かじつ(佳日)そろばん教室」は、未就学児から中学生までを対象にした珠算塾。主に運営にあたる塾長の髙橋佳朗先生と、根岸秀成先生は、2人とも珠算・暗算検定で最高段位の10段、そろばん大会で日本一の座を獲得した腕前の持ち主です。

本格的な指導に加え、練習結果のデータを活用した「最大効率の上達メソッド」を採り入れているのが大きな特徴。毎月、生徒が得意・苦手な問題などがひと目で分かる個人レポートが発行され、保護者とも共有されます。そのため、子どもたちは効率良く弱点を克服し、力を伸ばすことが可能となっています。

教材は、全国珠算教育連盟(全珠連)準拠のテキストや、教室独自のプリントを使用。先生と生徒がコミュニケーションを取り、理解度を確認しながら進めるので、着実に力をつけていくことができます。

・かじつ(佳日)そろばん教室
URL:「かじつ(佳日)そろばん教室」一覧
対象:年齢での縛りはなく、条件を満たせば何歳でも受講可能
コース&料金:8800円/週1回、1万2100円/週2回、1万4300円/週3回、ほか入会費、オプション代など
※詳しくは教室にお問い合わせください

まとめ

親が自宅で教えることで、送迎の手間や月謝をかけることなく、子どもがそろばんを学習することは可能です。

ただし、子どものそろばんレベルが上がってくると、つまずいたところを親の力でサポートすることがだんだん難しくなってきます。

そろばん検定の合格や段位を目指す場合など、目的を持って効率的に学習したい場合は、そろばん教室に通うことをおすすめします。

そろばん教室は、学習に取り組む環境が整っており、友だちと競い合うことでのモチベーションの向上も期待できます。ほかの習い事と比べて月謝や道具もそれほど高くありません。集中して取り組みたいときはなおさら、そろばん教室の習い事を活用すると良いでしょう。

全珠連検定に準拠したテキストを使用「未来こども教室 そろばん教室」

民間学童でそろばんの習い事が選べる「珠算教室 ウィズダムアカデミー」

iPadアプリを使う最新の学習法「そろタッチ ウィズダムアカデミー」

データを活用し上達効率を最大化「かじつ(佳日)そろばん教室」

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す