2020.11.24
習い事Q&A 狩野さやか

教科書がないの!? 小学校のプログラミング授業を詳しく解説

小学校で行われているプログラミングの授業風景(画像は許可を得て編集・加工しています)/出典:小学校を中心としたプログラミング教育ポータル Powered by 未来の学びコンソーシアム

「授業についていけるの?」
「成績はどうなるの?」

小学校で始まった新しいプログラミング教育の実態がわからず心配している人へ。実際にはどんな授業が行われているのか、具体的に紹介します。

教科書や時間割は存在しない!?

小学校のプログラミング教育

プログラミング教育には、学校の時間割が変わり、教科書が配られるようなイメージがあるかもしれません。実は、小学校にプログラミングの教科書は存在しません。1年間に合計何時間学習しなければならないという決まりもありません。

なぜなら、国語や算数などと並ぶ教科等として新しく追加されたわけではないからです。今ある教科や総合的な学習の時間の授業で、その学習内容や目的にあわせて取り入れたプログラミングを体験します。

各教科等の評価に、その体験の内容が反映される可能性はあるものの、技能テストはなく、成績もつきません。

プログラミングをどの教科で、どの学年で行うかは、学校ごとに計画を立てます。1年生から6年生まで年齢にあった活動をする学校もあれば、4年生から始まるところもあるでしょう。授業時間をあえて「プログラミングの時間」と呼ぶ学校もあるかもしれません。お子さんが通う学校でどのような教育が行われるのかは、担任の先生や校長先生に聞いてみましょう。

プログラミングで図形を描く

授業用プログラミング教材「プログル」(みんなのコード

文部科学省が定めた、各学校で教育課程を編成する際の基準「学習指導要領」とその解説には、算数、理科、総合的な学習の時間に、プログラミングを取り入れた例が載っています。 

算数の例は、小学校5年生が「正多角形」を学習するときに、プログラミングで図形を描く活動です。子ども向けのプログラミングアプリには、キャラクターが動いた経路に線を引けるものがあります。その動きをプログラムする際、曲がる角度や移動距離などを指定する過程で、多角形の角や辺の特徴に対する理解を深められるというねらいです。 

学習指導要領の例に限らず、どの教科にもプログラミングを取り入れられます。国語の時間に動く絵本を作ったり、音楽の時間に作曲することもあります。いずれも子どもが操作しやすいプログラミングアプリを使います。

「総合的な学習」でAIやドローンを使うことも! 

小学校で行われているプログラミングの授業風景(画像は許可を得て編集・加工しています)/出典:小学校を中心としたプログラミング教育ポータル Powered by 未来の学びコンソーシアム

「総合的な学習」の時間には、教科の学習内容から離れて、比較的自由なテーマ設定でプログラミングの授業が行われます。身近な技術の存在に気づくこと、身のまわりの課題を解決することなどをねらいに、さまざまな活動が行われます。 「探究的な学習」として授業が計画されます。

たとえば、身のまわりの便利な道具について調べてから同じような仕組みを作ったり、地域の商店街の困りごとを調査して解決に役立つものを作ったりするように、テーマのある活動の中でプログラミングに取り組みます。企業が公開している授業案が活用される場合もあるため、高度な技術を身近なものとして感じる機会にも恵まれます。なかには、AI(人工知能)の画像認識技術をつかうプログラミングに取り組んだ学校もあります。

教材には、プログラミングアプリだけでなく、さまざまなカラクリをつくれるロボットキットや、プログラムで動かせるロボットカー、ドローンなどが使用されることもあります。子どもにとって体験的で楽しい学びの時間になるでしょう。

プログラミング教育は豊かな経験の場

授業とは別の時間に、プログラミングアプリの使い方に慣れたり、パズル感覚で基礎を学ぶ場合もあります。学校や先生の工夫次第でさまざまな活動が実現できるため、地域や学校によっても特徴が出てくるのではないでしょうか。

プログラミング教育の目的のひとつは、「プログラミング的思考」と呼ばれる論理性を身につけること。アイディアをプログラミングによって形にするための考え方や、試行錯誤の過程、テクノロジーの力で問題を解決しようとする意識などが重視されます。

専門的な技能を身につける訓練や、知識を暗記するような教育が行われるわけではないので、お子さんの負担になると心配する必要はありません。学校とは別にプログラミング教室へ通わないとついていけないという心配もいりません。豊かな経験をする機会が増える、と安心して見守ってください。

狩野さやか
狩野さやか

株式会社Studio947のライター、デザイナー。技術書籍や記事の執筆、ウェブデザインに携わる。自社で「知りたい!プログラミングツール図鑑」「ICT toolbox」を運営し、プログラミング教育やICT活用について情報発信している。子どもの頃習っていたピアノやブラスバンドなどで続けたフルートで、技術の習得に近道はないと実感。ステージ上で演奏する緊張感を繰り返し味わったことはいい経験になっている。

関連記事 Related articles

新着 New!