2020.11.28
学びインタビュー 宇都宮薫

コロナで子どもの心が不安定に 親としてどう接すればいい?

「新しい生活様式」で学校生活を送っている全国の小学生。そんな中で心が不安定になったり、学校に行けなくなっている子も。親は子どもに対してどんなフォローができるのでしょうか。元公立小学校校長で、さまざまな教育支援活動に携わる雪森仁六先生にお話を聞きました。

コロナ禍に適応できるかどうか、個人差が大きい

── 新型コロナウイルスによる約3カ月間の休校期間を経て、平常時とは異なる学校生活を送っている子どもたち。一方、先生たちも遅れてしまった学習を取り戻そうと懸命に授業に取り組んでいます。コロナ休校と夏休みが明け二学期真っ只中の今、小学校の現場ではどんなことが起こっているのでしょうか?

手洗いやうがいを徹底させたり、ソーシャルディスタンスを意識させて授業を行ったりするなど、小学校生活はコロナ前とは大きく様変わりしています。そんな中で、先生方は懸命に授業を進めようとしています。文部科学省は、次年度に繰り越してもよいと通知を出しているのですが、多くの学校は、転校などのことも考えると年度内におさめる方が、結果的には子どもにとってもよいのではと考えているようです。

そのため、今年度は運動会や学習発表会を中止にするといった行事の精選が行われています。行事を開催しないことは、コロナ拡散防止の意味合いに加えて、行事に関わる準備時間を減らすことで授業時数を生み出すという側面もあるんですね。

── 確かに、運動会の練習などに費やしていた時間を他の授業に当てれば、かなりの時数が生まれますね。でも、普段とは違うコロナ対応の学校に子どもたちは馴染めているのでしょうか?

大多数の子どもたちは、驚くほどすんなりとこのイレギュラーな状況を受け入れていて、普段と変わらず元気に登校している様子がみられます。そういう意味では子どもはとても柔軟でたくましいなと感じています。ただ忘れてはいけないのは、適応できるかどうかには個人差があるということ。授業を詰め込む中で勉強についていけなくなってしまったり、感染の心配から友だちと関わることをためらってしまい、心が不安定になったりしているお子さんもいます。

さまざまな行事が中止になり、例年にない密度で授業が進み、大人でも不安が拭えないコロナ禍で、心身の調子を崩してしまう子どもも出てきているようです。

子どもの異変を感じたら、理由を聞くより寄り添って

── 子どもの心が不安定になると、どんなふうに現れるのですか?

あまりしゃべらなくなったり、友だちの輪に積極的に近づいていかなくなったりといった、いつもと違う行動を見せることがあります。コロナ休校で友だちと会えなかった期間のブランクを埋めることができず、学校が再開しても仲間に入りづらくなってしまった子もいるようです。また、休校の間に昼夜逆転の生活を続けていたため、そのサイクルから抜け出せず、学校に行けなくなっている子もいます。

── 子どもの様子に異変を感じたとき、親としてまずできることはありますか?

ちょっとでも様子がおかしいなと感じたら、まずは子どもの気持ちに寄り添って親子で話をする機会を作ってあげてください。注意してほしいのは、子どもが自ら話さない限り「不安な理由」を無理に聞き出そうとしないこと。昨今の状況においても、コロナのせいで心が不調になった、学校に行けなくなったという単純な図式が存在するわけではありません。コロナはひとつのきっかけかもしれませんが、そこには様々な要因が絡んでいることが多いように思います。勉強で困っている子もいるかもしれません。「一緒に勉強しようか」とか「パパに教えて」などと声をかけて様子を見るのもいいかもしれませんね。

親としては子どもの不調につい「理由」を求めてしまいがちですが、実は子ども自身も何を不安に感じているのかわかっていないことがほとんど。不調の原因をコロナの不安によるものだと決めつけたり、対応の正解があると思わないことが大切です。

一番意識してほしいのは、生活のリズムを整えること。生活リズムが崩れると心身の不調に直結します。コロナ休校中、外に遊びに行けず、それによりすっかりゲームやネット依存になってしまっているお子さんもいるようです。ゲームもネットもうまく使うことができればいいのですが、ダラダラ続けてしまうとつい時間の感覚がなくなってしまいます。

生活リズムを整えるのは、コロナ禍に限らず何より大事だと雪森先生。家で楽しめる便利な製品が溢れている今、大人でも生活リズムが乱れてしまいがちですが、家族で話し合い「我が家のルール」を作っていきたいですね。

子どもが学校に行きたくないと言い出したら?

── では、朝、子どもが学校に行きたくないと言い出したら、そのときはどのように接したらいいでしょうか?

ケースバイケースなので、これが正解だと言える対応はありませんが、まずはとにかく子どもによりそってあげることが大切です。学校をお休みしたとして、親御さんも仕事などがなければ、気分転換にランチでも食べに行こうと誘ってみるのもいいかもしれません。学校とは関係ない雑談をする中で、心が軽くなっていくこともありますよね。また、もし可能なら、夜は子どもと同じ部屋で一緒に寝たり、お風呂で背中を流してあげたりするなど、親子のスキンシップをはかることも気持ちをほぐしていく効果があるでしょう。

── 「嫌がる子どもを無理に学校に行かせない」が基本的な対応になりますが、登校刺激にも大事な意味があるそうですね。

最近の風潮として、学校だけが人生じゃないから無理に行かなくてもいいという意見をよく聞きます。もちろんその通りですよね。不登校を経て大きな成功を収めた方もたくさんいます。しかし、同時に不登校になることで不利益が生じるケースもあります。登校を渋っている子の周りの大人が全員『行かなくていい』と言い出したら、立ち直る機会を失ってしまうこともあるかもしれませ

不登校の子にかける言葉としては、『学校に行こうね』という<登校刺激>も『休んでいいんだよ』という<受容>も、そのどちらも大事だと言われています。例えば、お母さん、お父さん、担任の先生、養護の先生がそれぞれ役割分担を変えて、声かけするのもいいでしょう。一番大事なのは、その中で子どもが自分で決めて動き始めることだと思います。

親がひとりでなんとかしようとせず、周囲の大人と連携していくことが大切だと雪森先生は言います。

── でも、みんながコロナで不安になっている中、学校の先生に相談をもちかけてもいいものでしょうか?

もちろんです。少しでも様子がおかしいなと感じたらまずは学校に相談してください。不安が大きくなるまでためこまず、小さいうちに相談することが大切です。相談先は学校以外にも、児童相談所、児童家庭支援センターなどたくさんあります。子育てのことについて複数の相談先を持っておくことは、大きな安心感につながりますよ。

子どもの心が不安定かも…と感じたら

  • 子どもの気持ちに寄り添って親子で話をする
  • 不安な理由を無理に聞き出そうとしない
  •  生活のリズムを整える
  • 学校とは関係のない雑談をしてみる
  • 親子のスキンシップを図る
  • 小さなことでもまず学校などに相談する

子どもの不安に対して詮索はせず、いつも通りそばにいて話を聞いてあげること。いざ不安げな様子の子どもを前にするとなかなか難しいかもしれませんが、親として慌てずに見守る態度も大切なのですね。


プロフィール:雪森仁六(ゆきもり じんろく)

北海道で小学校教員を務め定年退職。今は、学校教育の応援団として、子育て相談、PTA活動支援、ICT活用や学校経営の助言、若手教員サポート等幅広く活動中。趣味は、手当たり次第の読書、突然決める温泉付きの旅、スマホでの冬景色撮影など。子ども2人は既に成人。今のところ孫無し。

編集:相馬由子(ディライトフル)

宇都宮薫
宇都宮薫

フリーランスの編集者・ライターとして活動。雑誌やウェブメディアの執筆のほか、単行本の編集・構成を手掛ける。得意ジャンルは、出産、子育て、健康、おでかけ、グルメなど。子どもの頃、全ての道路を一度は歩いておきたいと思い町中を日々探索。知らないものを知りたいという好奇心が今の仕事にも繋がっていると思います。

関連記事 Related articles

新着 New!