2021.05.15
習い事Q&A みらのび編集部

コロナ禍での通塾の不安を解消したい! 小中学生におすすめのオンライン塾は?

子どもを通塾させることに対して不安はつきもの。今は、新型コロナウイルスに感染するリスクも気になります。この記事では、「オンライン塾」にどんな選択肢があるのかを、対象年齢とシチュエーション別に紹介します。

オンラインで学ぼう

オンライン塾とは

遠隔授業を受けられるオンライン塾と一口に言っても、配信された授業動画を視聴するものや、授業や個別指導が受けられるものなど、種類はさまざま。どう選んだらよいのか、いくつかのポイントを紹介します。

オンライン塾の種類 

・映像の授業を視聴する

事前に録画された塾の授業映像をウェブサイトなどで視聴するタイプ。学習計画を立てておけば、必要な授業を順番に視聴して学んでいけます。

・個別で自習する

オンラインで閲覧できる問題集などを使って、生徒自身の力で進めるタイプ。隙間時間を使って自分のペースで学習したい場合におすすめです。

・個別指導を受ける

塾の講師と生徒が、リアルタイムでやり取りできるタイプ。疑問はすぐに質問して解決したい子どもに合うでしょう。

オンライン塾で使うツールや準備したいもの 

インターネット環境や端末を用意することは前提ですが、パソコンを買い、ネットも繋がって、さあオンライン授業を受けよう!と思ったら、映像も音もつながらない……ということもありえます。

確認したいのは、新しく買ったパソコンに外付けのカメラやマイクが必要かどうかや、扱う電子機器のスペックや自宅の通信速度が、塾で使用するオンライン通話ツールを使う際に十分かどうか、などでしょう。もし検討中の塾があるなら、必要なものを買う前にホームページをチェックしたり、問い合わせをしたりして確かめておくと安心です。

よく使われるのは、Zoom(ズーム)やSkype(スカイプ)などのビデオ通話ツール。無料で利用できるため、日常的に使用している人も多いでしょう。初めての人にとっては、動画視聴やオンラインのリアルタイム授業を受ける時のデータ量にも注意が必要です。通信速度に制限がかからないよう、利用するWi-Fiなどの契約プランを確認しましょう。

そのほか、イヤホンなどがあるかないかで家の中で静かに学習できるかどうかも変わってきます。ヘッドセットがあれば、マイクのある方向に顔を向けることなく作業しながら会話することもできます。環境を整える前に、まずはどんなオンライン塾を受けたいのか、目星をつけておきましょう。

小学生向けのオンライン塾は? 

ここでは、小学生向けのオンライン塾の月額費用や学習方法の特徴を紹介します。

手持ちの端末で対応可能なもの、専用の端末を使用するものなど、まずはそれぞれのポイントをチェック。新しいキャンペーン情報が始まることもあるため、最新情報は塾に問い合わせを!

進研ゼミ 

進研ゼミ小学講座の1年生コース(チャレンジ/チャレンジタッチ)は、紙のテキスト講座のほか、タブレット講座を選べます。

料金は、12カ月分を一括払いして始める場合、税込で3万5760円(1カ月あたり2980円)から。チャレンジタッチで配布される学習専用タブレットは、受講を6カ月以上継続すれば購入費用がかかりません。

2021年に入学予定の新1年生は、2020年12月から入会可能。新1年生入学お祝いキャンペーンの場合、先行してタブレットや教材を受け取り、4月号が届くまでは受講料を支払うことなく入学準備プログラムを利用することができます。

スマイルゼミ 

スマイルゼミは、年少向けの冬講座から利用可能です。学習専用タブレットを利用でき、小学生、中学生コースでは学校の進度や、一人ひとりに合わせた内容が学習できます。

開始費用は、タブレット代の9980円に加え、会費が1カ月あたり2980円から(税抜)。学年や入会時期によっても料金は変わります。

小学1年生コースには、国語・英語・算数に応じた学習内容+漢検ドリル+計算ドリルが含まれています。新学習指導要領にも対応しており、プログラミングを利用した学習も取り入れられています。

e点ネット塾

e点ネット塾の小学生コースは、単元ごとに細かく分けて作られた講義映像を元に、自分のペースで繰り返し学習できる環境を整えています。

通常料金は入会金2万円+月額3000円(税抜)から。2020年12月時点では、入会金無料や月額料金が割り引かれるキャンペーンが実施されています。最新情報をホームページでチェックしましょう。

有名塾講師の学習指導をインターネットで配信しており、テキストは講義ごとに何度でもプリントアウト可能。各授業ごとの映像に書き込んで学習ができるセルフノートと問題集がついています。

スタディサプリ 

スタディサプリ小学講座は、「短時間でギュッと」をキャッチコピーに、プロの指導で苦手分野の解消を目指すのが特徴です。小学4年生からが対象となり、中学受験の準備ができるため、長期的な計画を立てたい場合は、どのような内容か確認しておいてもよいでしょう。

自宅のタブレットやスマホなどの端末から受講できるレベル別(基礎・応用)の授業動画と、授業対応テキストがあり、通常価格月額1980円(税抜)で利用可能。中学生向けの個別指導コースを早めにチェックしておいてもよいかもしれません。

親子で一緒に学べるオンライン塾は?

「オンライン塾の授業内容が気になる」「子どもと一緒に受けてみたい」という人におすすめしたいオンライン塾を紹介します。

二ノ塾 

数・国・英を専門にしているオンライン塾の二ノ塾は、オンラインビデオ通話ツールのZoom(ズーム)を利用します。どこからでも親子で受講できます。「オンライン塾界で最も手厚い指導」を目指しており、1回だけ受講することもできます。

料金は、入会金1万円+月額料金3000円(税抜)から。短期コース、長期コース、英会話コースがあり、短期コースを初めて受講する場合は、入会金無しで1コマ80分3000円の授業を受けることができます。

マンツーマンの完全個別オンライン授業は、子どもや家庭の意向に沿ったオーダーメイド型。学校の教科書を使用した授業や、作文や小論文など受験を見据えた対策も行なっています。

探究学舎 

探究学舎のオンライン通塾は、リアルタイムに体験するライブ授業です。「受験も勉強も教えない教室」として知られており、子どもにも、大人にも、探究心を芽生えさせるプログラムを配信しています。

月額料金は1万円(税込)。対象は小学生・中学生ですが、世帯単位で申し込みができるためきょうだいや親子一緒に受講することができます。曜日と時間で分けられたクラスがさまざま用意されており、家族の予定に合うクラスを選択できます。

クラスに入ると、週1回75分のオンライン授業(※一部時期を除く)、自由課題、20分のオンラインホームルームや自由参加のオンラインコミニティに参加できます。食やアート、海洋生物、科学技術史などなど、さまざまな探究テーマが学べます。

中学生におすすめのオンライン塾は? 

「将来受験を考えている」、または「大学受験まで見据えている!」など、少し先のことまで考えてオンライン塾を選ぶ際に、どんな選択肢があるのかを参考にしてみてください。

ネット松陰塾 

ネット松陰塾は、全国250教室を展開する個別指導歴40年の小・中学生向け塾「松陰塾」をオンラインで学べるようにとスタート。通塾した場合と同等の「自分で考える力」を身につけることができるオンライン塾です。

入塾金は2万円(税抜)。日々の学習進捗確認に加え、ノートのチェックとアドバイス等を行う「声かけコース」は、週1回10分、学習の進捗確認やノートのチェックとアドバイス等を受けられ、月額8000円で利用できます。声かけコースの内容にプラスして学習指導、定期考査対策を行う「個別指導コース」は、週1回30分で月額1万2000円です。

教育コーチングスキルを有するプロコーチが、生徒の自主性を重視した上で学習習慣を定着させる方針があります。個別指導コースでは、弱点を確認して確かな学力アップを目指します。

Z会

Z会の通信教育は、幼児から社会人までを対象にした幅広いコースがあり、目的別の選択肢が細やかで豊富です。

中学1年生を対象としたコースは、国・数・理・社・英のうち、1つの教科だけなら12カ月分を一括払いすると、税込価格2万4276円(1カ月あたり2023円)で利用可能、5教科を受講するコースなら9万7380円(1カ月あたり8115円)で受講できます。

タッチペン付きの専用タブレットを購入して中学生向けのタブレットコースを利用することもできます。タブレットコースはテキストコースよりも受講料が低価格。タブレット料金は、12カ月以上継続することを前提に1万9800円(税込)で購入できますが、所有しているiPad端末とタッチペンを使えば、受講料のみで利用することもできます。また、期間限定で専用タブレットを無料、または割引価格で提供している場合もあるため、ホームページを確認してみましょう。

タブレットを利用するコースは、紙の教材に映像授業やデジタルの機能を組み合わせた効率的な学習スタイルとしておすすめされています。

秀英iD予備校 

秀英iD予備校の講座は、小学生5~6年生から高校生向けのものまで選べます。トップ教師・講師の映像授業で理解した後に、大量の問題演習を行うオンライン塾です。秀英予備校が創り上げた家庭学習システムのコミュニケーションボードは、質問や進路相談を入力すれば個別対応を受けることができます。中学講座なら、定期テストや志望校対策のサポートも受けられます。

小学生向けに用意された5教科の講座を受講するコースの場合、月額映像視聴料と年間教材費がそれぞれ税込価格で1万1000円から。英・数・国や、理・社、などに受講する教科を限定すると、視聴料や教材費が割安になります。入会月によって異なる一括払いの割引もあるため、ホームページを確認しましょう。

アオイゼミ

中学生・高校生向けのオンライン学習塾のアオイゼミは、最短15分でポイントが分かる授業を行っています。「中学講座」では、年間スケジュールも各科目で発表されており、総合的に学習をサポートするオンライン塾です。

アオイゼミの中学講座では、「無料会員」と「プレミアム会員」があり、無料会員でもライブ授業のみ自由に視聴することが可能です。プレミアム会員の場合は、授業動画の見放題やダウンロード、レポートなど利用できる機能が満載で、 1カ月コースで月額3600円(税抜)となっています。一括払いでの割引や無料お試し期間も利用できます。

インターネットで授業を配信するほか、プレミアム会員の場合は授業ごとの確認テストも行い理解の定着を促します。長期休暇期間も、定期的に重要単元が復習できるライブ授業動画が追加されるため、活用して苦手な単元を復習することも可能です。

大学受験の対策ができる高校生向けのオンライン塾は?

大学受験に対応した高校生向けオンライン塾にどんな選択肢があるのかも紹介します。それぞれの特徴を見ていきましょう。

学研プライムゼミ 

予備校界で人気の実力講師による映像授業や難関大学の受験対策を受けられるのが学研プライムゼミです。学習段階に合わせて自由に選べるカリキュラムを、講師による完全オリジナルテキストで学んでいきます。

学研プライムゼミは、1つの講座を細かく分けて構成される「ユニット」単位の料金設定が特徴です。1回45分の映像授業を5回受けられる、視聴期間90日間のユニットが8250円(税込)で利用できます。目的別にユニットがまとめられたセットプランなら、1ユニットあたりの値段がお得に。

「東大対策講座」「共通テスト対策講座」「分野別対策講座」など、長年の指導経験と徹底した最新入試分析による裏付けがあるパッケージ講座で、合格に向けた最短ルートを知ることができます。

Axisオンライン 

オンライン家庭教師・個別指導を行うAxisオンラインは、東大・京大などの難関大学の学生やプロの講師による質の高い授業をオンラインの個別指導で受けられます。

料金は、システム関連費の月額2640円(税込)に各種指導料が加算される仕組み。通年で受けられるコースと、スポットの授業があり、それぞれ学生講師かプロ講師かなど、条件を選択することで料金が変わります。

1回40分の授業をスポットで受ける場合、学生講師なら1回3091円で受講可能。2回分をまとめて、80分の授業を一度に受けることもできます。通年なら1回あたりの料金がよりお得に。

総合型選抜専門塾「AOI(アオイ)」 

大学入試の総合型選抜と推薦入試専門塾に特化したAOIは、創業当時からオンライン校を実施しており、オンラインのサポート体制やノウハウがあります。

生徒の合格は当たり前とし、その先を見据えた「好奇心・自走力・学問意欲」を育てるカリキュラムを組み、最適な提案を行うために無料カウンセリングを行なっています。

現役大学生がメンター(講師)となり、生徒をサポート。オンラインなら、居住エリアに制限されることなく、目的の大学に通うメンターのコンサルティングが受けられます。

料金は、合格までにかかるおおよその総額が案内されています。AOIに入塾してから合格するまでは、平均55~60万円程度となるようです。

まとめ

新しい生活様式に最適なオンライン塾は、年齢や目的に合わせて慎重に選びたいもの。小さな子どもの場合は、いかに楽しく学べるかや、親子で参加できるタイプが合う場合もありますし、個別でしっかり指導が受けられるものや、選択肢が多く学ぶ内容を自由に選べる環境が必要な場合もあります。

どんな選択肢が合うか迷ったときは、この記事で紹介したオンライン塾の特徴を参考にしてみてください。

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す