2021.02.15
習い事Q&A みらのび編集部

子ども向けプログラミング教材を紹介! 小学校の授業対策におすすめは?

小学校でプログラミング教育が必修になったことで、論理的な思考力が身につくなどのメリットを知る機会は増えています。一方で、デジタル機器の長時間使用やインターネットを使うことで生まれるさまざまなリスクなど、不安もあります。

この記事では、子どものプログラミング学習をサポートする方法や注意点に合わせた教材などを紹介します。

2020年度に小学校で必修化したプログラミングとは

プログラミングは、コンピューターを動かすための指示のこと。ひとつずつ順序立てて指示を出す必要があるため、プログラミングの考え方を学ぶことで、論理的な思考力が身につくと言われています。

早くから習い事に通わせようか検討する保護者も多いのではないでしょうか。小さな子でも遊びながら慣れていけるように、ブロックを組み合わせて指示を出すような教材も数多く販売されています。

子どもがプログラミングを学ぶメリットと気をつけること

論理的な思考は、物事を実現させるために必要な動作とは何かや、どのような動作を組み合わせればより簡単でスムーズに実現できようになるのかなど、工程を整理して筋道を立てる考え方のことを言います。

プログラミング言語には英語が使われるため、子どものときからプログラミングの教育を受けることで、コンピューターの操作だけでなく、英語を学ぶこともできます。そのほか様々な教科とあわせて学習する機会もあり、学べるのはプログラミングだけではありません。

注意点は、パソコンの長時間使用で目を酷使することや、光熱費や通信費などの出費が増えることでしょう。ルールづくりに悩んでいる保護者の声も耳にします。コンピューターやインターネットの利用は便利な反面、コンピューターウイルスへの感染、個人情報の流出など、危険も伴います。

プログラミング教育には、リスクから子どもを遠ざけるのではなく、リテラシーを身につけて安全に使えるよう、知識を蓄える目的もあります。

子どものプログラミング学習のために親ができること 

課題を認識し解き明かしていく作業を繰り返すプログラミングでは、難しい問題にぶつかることは何度もあります。考える力を得ることが大切なため、子どもが問題を解けずに悩んでいたとしても、答えをすぐに出さずにヒントを出したり、一緒に考えたりする姿勢が大切です。

もし、保護者がプログラミングに苦手意識を持っていて、どのように学ばせたらよいのか分からないのであれば、娯楽として楽しめる本やおもちゃを活用する選択肢もあります。教材をそろえたり、教室を探したり、学びやすい環境を整えてサポートし、子どもがプログラミングに触れる機会を増やしてあげましょう。

家庭でのプログラミング教育が難しいときは、教室に通ってプロに教えてもらうほうが簡単かもしれません。まずは無料体験レッスンを探すのがおすすめです。オンライン塾なども活用しましょう。

子どもが楽しく遊べるプログラミング知育おもちゃのおすすめは?

プログラミングをテーマにしたおもちゃには、ロボットを動かす、ボードとパーツを組み合わせる、ブロックを組み立てるなど、様々なタイプがあります。

KOOV®(クーブ)

ブロックと電子パーツを組み合わせて作ったロボットに、プログラムを転送して動かす遊びが楽しめる知育おもちゃです。マウスやタッチパネルを使った簡単な操作でプログラミングを学ぶ視覚的な学習方法で、基礎的なプログラミングから順を追って学べます。

ロボットの作り方はいくつかあり、組み立て方法を動画で確認しながら制作できます。スターターキットのほか、全種類のブロックとパーツが同梱されたアドバンスキットがあります。

COZMO(コズモ)

手のひらサイズのロボットに、スマートフォンアプリで簡易的なプログラミングをして操作するおもちゃです。ものを持ち上げて遊んだり、ゲームをしたりしながら、プログラミングに慣れます。

ロボットの顔部分には画面がついており、動きに合わせて表情が変わります。触れ合う回数が増えれば増えるほど、ユーザーの行動を記憶し行動に合わせて動作パターンが変わります。遊んだ分だけ動作が複雑になり、ロボットの成長を感じられるのもポイント。

キュベット

カラフルなブロックパーツを木製ボードにはめ込みながら、箱形のロボットを動かす知育おもちゃです。ブロックパーツそれぞれにロボットへの指示が割り振られており、ボードにはめ込む組み合わせを変えながら、ロボットの動きを操作します。プログラミング言語の知識は必要ありません。

木の温かみを感じられる見た目で、複雑なデジタル機器を使わなくてもプログラミングの考え方を体験できるため、小さな子の学習に向いています。

プログラミング学習を身近に感じられるアプリ・ソフト

Scratch(スクラッチ) 

「Scratch」は無料のプログラミング言語で、8歳から16歳向けを対象に、マウスの操作で簡単にプログラミングができるように作られています。

指示の書かれたブロックを画面上で組み合わせる方法で、初心者でも操作しやすいのがポイントです。

5歳から7歳の子どもには、タブレット端末で操作が可能な「ScratchJr(スクラッチジュニア)」もおすすめ。幼児の認知力や感情などの発達を促すようにデザインされています。

Viscuit(ビスケット)

パソコンのブラウザやスマートフォンなどのアプリでプログラミング学習を行えるViscuit(ビスケット)は、子どもでもプログラミングの本質を理解できるように開発されたプログラミング言語です。

メガネを使ったプログラミングが特徴で、左右の円枠にそれぞれ絵と指示をドラッグ&ドロップで挿入すると、絵を指示通りに動かせます。メガネの左側に画面をタッチする指示のマークを入れて、右側にじゃんけんのグーのマークを入れると、画面をタップしたときにグーの絵が表示されるといった仕組み。絵本やアニメーションなどを作ることもできます。

トライビットロジック

ロボットの指示に従って、バグを倒すゲーム。OR・NOT・ANDなど、プログラミングに使われる論理演算子をキャラクター化しており、それぞれの特性を組み合わせて攻撃する手順を整えます。バグを倒すために攻撃の手順をどう整えればいいのかとを考えながら、ロボットの説明をヒントにして順を追って学習していきます。

CodeMonkey(コードモンキー)

サルのキャラクターの冒険を中心にプログラミングを学ぶゲームです。4歳から中学3年まで幅広い世代の子どもに対応したシリーズを展開しており、無料体験もできます。

無料体験では、サルがバナナをゲットできるように、どの方向を向かせて、何歩進ませればいいのか、を指示するゲームが楽しめます。ストーリーが進むにつれバナナへの道のりが複雑になるため、その分深く考えて指示をするようになります。

プログラミングを本から学ぶ

飛び出す絵本のようにしかけがある本や漫画など、大人と子どもが一緒に楽しめる読みやすい本を紹介します。

作って学ぶScratchドリル

アメリカで開発されたプログラミングソフト「Scratch(スクラッチ)」の使用方法を、ドリル形式で学んでいきます。Scratch3.0に対応し、1冊でプログラミングの初歩を学ぶドリル。文章が少なく、たくさんの図を使った説明があります。

プログラミング教室 

「プログラミング教室」は、プログラミングを漫画でわかりやすく解説したシリーズです。

第1弾はScratchの使い方を覚えて、計算問題を出題するソフトやゲームが作れる内容です。

第2弾の「プログラミング教室 バージョンアップ編」では、Scratch の使い方のほか、人工知能に使われるプログラミング言語、Python(パイソン)で絵を描く方法などを紹介しています。興味を持ち始めた子、入門レベルの一歩先に進みたい子、どちらも学べるように作られています。

さわって学べるプログラミング図鑑

プログラミングのシミュレーションを体験できる小学生向けのしかけ絵本です。目覚まし時計の絵をめくると、針を動かしている歯車などが描かれた分解図が。

コンピューターに触ったことがなくても仕組みが理解できるよう工夫して作られています。

できる パソコンで楽しむマインクラフト プログラミング入門

プレーヤーが世界を構築するゲーム「マインクラフト」をテーマにした書籍です。

この本には、マインクラフトで建築や農耕などを自動で行うために必要な、Microsoft MakeCode for Minecraft(マイクロソフト・メイクコード・フォー・マインクラフト)というプログラミング言語の使い方が書かれています。ビジュアルプログラミング方式なので、単語や構文を覚えなくても大丈夫です。

練習用のプログラムをダウンロードするなど、様々な形でプレーヤーをサポートしてくれるため、遊びの幅が広がります。

プロに学ぶプログラミング教室

家庭でのプログラミング教育が難しい場合や、プロに教えてもらいたいときに、どんなプログラミング教室が選択肢にあるのかを紹介します。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

「手を使いながら考える」「楽しく学べる」を大切にしている教室です。マウスの操作などを学ぶベーシックコースから、本格的なプログラミングを学ぶアドバンスコースまで、幅広いレベルに対応。習熟度や個性に合わせて、子ども自身が試行錯誤してプログラムを作れるようにカリキュラムを整えています。

最初は簡単な謎解きからスタート。キーボードに少しずつ触りながら、ビジュアルプログラミング、そして本格的なプログラミングへと、順を追って慣れていけるよう考えられています。

QUREO(キュレオ)プログラミング教室

ゲームづくりをしながらプログラミングを学べる教室。無料会員でも、1カ月分の学習内容に当たる20レッスンは体験可能です。

キャラクターや車を動かし、問題をクリアしていくゲームを自分で作りながら、プログラミングを学んでいきます。オンラインのほか、教室での受講もできます。

教材は、子どもが自力で学習できるよう工夫されており、ガイドキャラクターのヒントや、動画・音声を使用した説明が盛り込まれています。マウス操作が中心なので、タイピングができなくても大丈夫。

ArTec®(アーテック)エジソンアカデミー

アーテックエジソンアカデミーは、主に小学校3年生以上を対象としたロボットプログラミング教室。

音と光を使ったゲーム機や、紙飛行機を発射するロボットなどを、毎月1体完成させる構成で、全40のカリキュラムがあります。

教材は、国内外を問わず、多くの幼稚園や保育園、小学校で採用された実績があります。パソコンの操作が初めてでも大丈夫です。

注意点に配慮しながらプログラミングを学ぼう 

子どものプログラミング教育には、注意点も多いため大人のサポートが必要です。意欲的に学べる環境を整えてあげましょう。

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!