2022.03.05
習い事最前線 みらのび編集部

豊かな発想力・思考力を伸ばす「絵画教室 ウィズダムアカデミー」のメリット・効果

ウィズダムアカデミーの「絵画教室」ここがメリット!

メリット:01 絵を描く前に題材をいろいろな視点で観察
メリット:02 正解を教えず、子どもの豊かな発想力にまかせる
メリット:03 描くことで思考力、コミュニケーション能力も育む

「絵画教室」の一覧

牛の写真から生物の知識を学ぶ

絵具やクレヨン、絵筆が整然と並んだ大きなテーブル。美術室のような室内は、楽しいことが起きそうな雰囲気に満ちています。先生を囲んで子どもたちがテーブルに着席。ホワイトボードには牛の写真が3枚。「牛ってどんな体をしているかな?」と先生。「背中がカクカクしてる」「しっぽがライオンみたい!」写真を観察しながら子どもたちが答えます。「牛にも顔やお耳があるね。他には何があるかな?」「おっぱい!」「そう。ここから出るミルクは何かな?」「牛乳!」「飲む前にばい菌を取るんだよ!」ありったけの知識を話す子どもたち。

一見、理科や生物について学んでいるように見えますが、実はこれから始まるのは絵画のレッスン。お題のカレンダー作りの前に、干支の「丑(うし)」について話し合っているところです。
ここは習い事つき民間学童「ウィズダムアカデミー」の絵画レッスン。3歳から12歳までの子どもたちを対象に、さまざまな習い事を提供しています。絵画以外にも英語やプログラミングなど、ラインナップは30種類以上。複数の習い事を1ヵ所で受けられるため、安定した環境で学びと遊びのバランスが取れた豊かな時間を過ごすことができます。カレンダー作りの前に干支の丑(うし)について話す子どもたち。カレンダー作りの前に干支の丑(うし)について話す子どもたち。

「絵画教室」の一覧

習い事を通して獲得する5つの力

ウィズダムアカデミーでは、習い事を通して獲得するスキルとして次の5つを掲げています。「思考力」「創造力」「コミュニケーション力」「問題解決能力」「運動能力」。いずれも21世紀の社会を生きるうえで必要とされるものばかり。これらをバランスよく獲得できるよう、習い事のメニューが工夫されています。

今回取材した絵画のクラスでは、芸術的な素養だけでなく「創造力」や「思考力」、「コミュニケーション能力」などの習得を目指しています。学校の図工や美術の授業をイメージしていたら、想像と違った展開に驚かされました。カレンダーのモチーフとなる牛を描く。真剣な表情で没頭。カレンダーのモチーフとなる牛を描く。真剣な表情で没頭。

「絵画教室」の一覧

宇宙色の背景、花柄の牛…アイデア爆発

例えば子どもたちがクレヨンで下絵を描いていた時のこと。牛の乳を描くとき、おしりの方ではなく前足の近くに描く子が多いことに先生が気付きました。「みんな、牛さんのおっぱいはどこにあるかな? よく見てみて」「前足のほうかぁ」と気づく子どもたち。「人間のおっぱいは上の方にあるもんね」と先生が言うと、「なんでかな?」とポツリ。牛を描く過程を通して、人間と動物の違いについて考えているようです。

下絵が完成したらクレヨンや絵の具で色塗り。「いろんな色を使ってもいいよ。模様をつけてもいいよ」と先生が促すと、子どもたちのアイデアが大爆発。テーブルの上には、花柄や縞模様のカラフルな牛たちが大集合。「色を混ぜてみよう」「ティッシュでポンポンしてもいい?」画材だけでなく、身近なものを材料にしてしまう発想の豊かさに驚きます。

授業が終わりに近づくころ、互いに作品を見せ合いながら批評し合う場面も。「ハートが可愛いね」「これお母さん牛だよ」うれしそうに自分の作品について説明したり、ほめ合ったりする子どもたち。絵画を通して先生や友だちと交流しながら、互いに認め合う気持ちが自然と養われていきます。花柄やハート柄のカラフルな牛さんたちが大集合!花柄やハート柄のカラフルな牛さんたちが大集合!

「絵画教室」の一覧

「子どもたちの発想力を信じて任せる」

絵画レッスンご担当の三浦みゆき先生にお話を伺いました。レッスンで最も大切にしていることは「発想力を豊かに伸ばすこと」。絵画の基本的な技法は伝えつつ、子どもたち自身の発見やひらめきを大切にし、想像力をかき立てるような指導を心がけているそうです。

印象的だったのは、正しいやり方や正解をすぐに教えないということ。ただ事実や常識を伝えるのではなく、子どもたち自身が考えて想像を膨らませるような工夫が凝らされていました。
例えば子どもたちが描く牛の乳が実際の位置と違っても、すぐに間違いを指摘せず、子どもたち自身で観察するよう促します。すると子どもたちは間違いに気づくだけでなく、人間と牛の体の違いにまで自ずと考えをめぐらせます。「色の塗り方などの技術はきちんと指導します。あとは子どもたちの発想力に任せています」と三浦先生。子どもたちとの関係作りを大事にしているからこそできる指導だと思いました。絵画レッスン担当三浦みゆき先生。子どもたちの発想を促す声かけを大切にしている。絵画レッスン担当三浦みゆき先生。子どもたちの発想を促す声かけを大切にしている。

親目線で感じた「絵画教室 ウィズダムアカデミー」のメリット・効果 

学童保育というイメージで取材に伺ったのですが、レッスン内容が想像を超えて素晴らしく、驚きの連続でした(各分野のプロの講師の方々が指導されているので当然といえば当然なのですが)。これだけ本格的なレッスンが全て一つの場所で受けられるというのは画期的なことだと思いました。筆者の子どもはまだ幼いのですが、将来こんな素敵な場所が待っているかと思うと、子どもの成長が待ち遠しくなりました。(岸志帆莉)

首都圏8カ所|「絵画教室 ウィズダムアカデミー」の一覧

ぜひ、お近くの教室を探してみてください。

「絵画教室」の一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!