2021.03.08
習い事Q&A 八田吏

「親のサポートは?」気になるオンライン英会話のリアル体験談 その2

 withコロナ時代の新しい習い事として注目を集めるオンライン英会話。「続けさせるのが大変かな?」「難しくなったら、親はどうサポートするの?」お子さんがオンライン英会話を受講し続けている保護者に、実際の体験談を聞いてみました。第2回では、子どものやる気が出るコツについても考えていきます。(ご登場いただく方のお名前は全て仮名です)

慣れると、親が横についていなくても大丈夫

東京都渋谷区在住の久美子さんには小学6年生と3年生の2人のお子さんがいます。久美子さんが選んだ英会話プログラムは、「姉妹で持ち時間を分け合える」というユニークなもの。お姉さんの受験期には妹さんの受講時間を長くするなど柔軟な対応ができ、「プログラムには満足しています」と久美子さん。

次女の小3の陽菜さんについてお話を伺いました。

優しい先生を選び、親は見守りに徹する

「今受講しているのは1回25分のプログラムです。まあ、子どもの集中力はそれぐらいが限界ですね。途中でゲームを挟んでくれたり、一緒に歌を歌ってくれたりするような場面があるので、喜んで受けています。実は以前別の会社のプログラムを受講していたのですが、そこは正直言って先生のレベルがまちまちで、中には口調が厳しかったり、早口で一方的に話す先生もいたので、合わなくてやめてしまったんです。今は丁寧で優しい対応をしてくださる先生が多いです。やはり子どもは優しい先生の方が安心して受けられるようですね」
最初は親がついていても、徐々に自分だけでできるようになってくる

母の久美子さん自身は、見守りに徹することを心がけています。

「最初の頃は何もわからない状態だったので私も隣についていましたが、だんだん慣れてきて、今は台所仕事をしながら、なんとなく見守っている感じです。本人もわからない時には自分でサインが出せますし、先生も助け舟を出してくれます。親は黙っていても大丈夫になってきました。」

とはいえ、この先のことを考えると気がかりもあります。

「2年やってるんですが、実はなかなかしゃべれるようにならないんですよね。」

会話だけなので、スペルは読めるようにならない。補助教材の併用も

久美子さんが思い当たるのは、陽菜さんがまだスペルを読めないこと。読みのレッスンは含んでいないため、テキストの中の単語がわからない、ということがままあるのだとか。

そこで、最近はNHKラジオの「基礎英語」を補助的に使っているのだとか。

「ちょうどコロナ休校で暇になったあたりから、『基礎英語0』のテキストとラジオの聴取も始めたんです。子どもだけでも理解できる難易度なので、取り組みやすい。併用し始めてから、少しずつ話せるようになってきました」

陽菜さんは今、「将来は英語の話せる保育士になりたい」という夢をもっています。

楽しく毎日 親は肩の力を抜いて

世田谷区在住の真由美さんのお子さんは3人兄妹。小学6年生になる凛さんがオンライン英会話を始めたのは、上のご兄姉の影響でした。大手のプログラム受講を経て、今は、フィリピン在住のご自身の知人にレッスンを依頼しています。

「レッスンは毎日やっています。」と真由美さん。

「語学は毎日触れることが大事だと思っています。真剣じゃなくてもいいから、とにかく毎日。英語はどれだけ読めても書けても話せなかったら使えません。話せるようになるためには、週1回だと次までに初期化されてしまうんですよね。」

毎朝30分 レッスンを生活の一部に

毎朝30分、音声のみのskype通話でレッスンをしている凛さん。朝ごはんを食べながら、着替えをしながらと、レッスンが生活の一部になっているようです。

くつろぎながら学ぶことができるのも、自宅受講の良さ

「上の兄や姉たちはどうしても文法から入ってしまいますが、凛はそうじゃない。まったくわからない状態から始めて、毎日続けているうちに日常会話程度は話せるようになってきています。」

わからない単語があると、先生にリクエストしてチャットでスペルを送ってもらい、Google翻訳に貼りつけて調べているという凛さん。パソコンでのGoogle翻訳の使い方を、最初は親が教えてあげました。子どもはすぐに使えるようになり、先生の会話の中の単語がわからなくても困らなくなりました。

わからないことはどんどん自分で解決していこうとするたくましさを感じます。

「親がほったらかしていても自分で進めていけるようにしたいんです。小学生ぐらいの間は、とにかく楽しいことが一番大事。そのためにも、親は肩の力を抜いていた方がいいんです。そのためには、気楽にできる価格や方法を選ぶのも大事だと思います。だって、コストをかけすぎると回収できなかった時に腹が立つでしょう(笑)」。

話している人や内容に興味を持てるように

一方で、真由美さんは、「英語はツールにすぎない」とも考えています。

「何を話すか、話していることが人の興味をそそる内容になっているかの方が数段大事です。将来的にも、ツールとしての英語をうまく使いこなしてもらえたらいいな、と思っています」

小学4年で英検2級。「英語は遊びの延長です」

幼い頃からオンライン授業も使いながら英語に親しみ、なんと小学3年で英語検定準2級、そして4年生の3月に英検2級を取得したお子さんもいます。

母の理恵さんが娘の美優さんのとある様子に気づいたのは、美優さんが1歳頃のこと。

「お風呂の中で1、2、3を数える時に、日本語だけでなく英語や中国語で言ったりすると、じーっと見ているんです。ためしに英語のCDをかけると喜んだり。この子は言葉が好きなんだな、と思いました。」

3歳の時に対面式の英会話教室に通い始めた美優さん。レッスンを後ろで見守っているうちに、お母さんの理恵さん自身にも英語への興味が生まれてきました。

「後ろで聞いていると、だんだん分かってくるんですよね。それが嬉しくて、むしろ自分自身のために、英語のピクチャーブックを古本屋さんで見つけて買ってきたり、娘と一緒に見たりしていました」

市販の教材と併用して、より深い学びにつなげているケースも

英語は遊び。映画や動画、漫画と組み合わせて楽しさを大事に

美優さんにとって、英語はお母さんとの共通の遊びだったことがわかります。美優さんがオンラインレッスンを始めたのは年長の頃。父の単身赴任でskypeを使い始めたことがきっかけになりました。

「フィリピン人の先生にお願いしたのですが、とても明るく接してくださるんですよね。これはいいなと思って、どんどん教材を進めていきました。しばらくは対面の教室とオンラインを併用していましたが、オンラインの良さを感じて、小1に上がったタイミングで、2社のオンラインレッスンを併用しました。いまは使いやすい1社にしぼっています」

美優さんが幼い頃から、家では英語のCDを流しっぱなしにしているという理恵さん。まさに英語漬けの日々を送っていることがわかります。

「『お勉強』という感じにしないようには気をつけています。映画や動画を見たり、漫画を読んだりと、日本語でするような楽しいことを英語でやってみる、という感じです。子どもは楽しいと思っていてくれれば、それでいいと思っています。」

英語検定をきっかけにライティングも 毎日少しずつ続けること

英語検定への挑戦も、遊びの一環だと理恵さんは言います。

「英検をきっかけにライティングの勉強も始めましたが、それも大きいお姉さんたちのしている『お勉強』の真似事、という感じで。親としては、いけるかなという思いと、ちょっと心配だなという思いと半々という感じだったんですが、本人はひょうひょうとして受けていましたね。」

難しい部分はオンライン英会話の先生に聞きながら、面接練習や単語の書き取り、ライティング練習と準備を重ねてきた美優さんと理恵さん。

「子どもの方が上達が早いんですよね。美優よりもむしろ、親の私の方が予習復習をしていました。」と理恵さんは振り返ります。

小学3年生になってからは、美優さんがひとりでレッスンを受け、次の予約も自分でするようになっているとのこと。

「英語を始めて7年になりますが、その間、どんなに少しずつでも、5分でもいいからと毎日英語に触れてきました。歯磨きをするのと同じような感じです。この体験が将来、何かの役に立ったらいいな、と思っています」

他の素材も活用しながら、親も子どもも無理なく楽しむ

スポーツなど、子どもが好きなことから海外への興味へつなげるようなはたらきかけも

オンラインで学ぶ時間以外にも英語に触れる体験をできるだけ多くすることで、子どもの英語力はどんどん向上していきます。日常生活の中で設定するのは難しいようにも思えますが、絵本やCD、他の教材などを併用することでも十分にサポートできることが、体験談からもわかります。

オンライン英会話の良さは、少しずつでも、回数を多く英語に触れることが出来るという点にもあります。日々の生活の中に、英語を取り入れることが大切なようですね。

さらに子どもの興味関心を広げるには、世界の人々の生活や文化に目を向ける体験も大事です。たとえば世界の旅番組を一緒に見たり、そこで出てきた国を地図や地球儀で確認してみたりと、家庭でできることも多いのではないでしょうか。

また、今回ご登場いただいた3人の保護者のみなさんの、「見守りに徹する」「肩の力を抜いて接する」「親自身が楽しむ姿を見せる」といった姿も、子どものモチベーション継続のための親の関わりとして、ヒントになりそうですね。

関連記事:「話せるようになるの?」気になるオンライン英会話のリアル体験談 その1

八田吏
八田吏

ライター mugichocolate株式会社 元中学校国語教師。NPO法人にて冊子の執筆編集に携わったことをきっかけにライター、編集者として活動開始。幼い頃から無類の本好きで、小学2年で夏目漱石にはまる、やや渋好みの子どもでした。今でも、暇さえあれば本屋巡りをするのを楽しみにしています。

関連記事 Related articles

新着 New!