2021.05.15
習い事Q&A みらのび編集部

小学生向けのおすすめのオンライン塾は?メリットや選び方を解説

「小学生の子どもを学習塾に通わせたいけれど、どのような塾に通わせたら良いか迷っている……」という保護者の方は多いでしょう。今回は自宅で気軽に学習できるオンライン方式の学習塾を紹介します。オンライン塾は特定の場所へ通う必要がなく、利便性が高い学習方法です。オンライン塾ならではの特徴や、選び方のポイントを解説していきます。

小学生向けのオンライン塾とは?

 小学生向けのオンライン塾とはどのようなものなのでしょうか。通うタイプの塾との違いや、学習方法の種類など、オンライン塾ならではのメリットを挙げながら紹介していきます。オンライン学習を進めるにあたって、必要な準備物も気になるところです。それぞれ詳しくお伝えしていきましょう。

 通うタイプの学習塾との違いは

通うタイプの塾とは異なる、オンライン学習塾ならではの特徴にはこれらの点が挙げられます。

-通う負担がない
-好きな時間や隙間時間に学習ができる
-授業内容が豊富で子どもに合った内容を選択できる
-通うタイプと比較して料金が安い傾向がある

これらはそのままオンライン学習塾のメリットともいえるのではないでしょうか。特に通う負担がないという点は時間の節約になりますし、「共働きで忙しい」「妊娠中や小さな子どもが下にいて塾への送り迎えが難しい……」そんな家庭にとっては助けとなるポイントです。

オンライン塾の学習方法の種類は主に3つ

オンライン塾での学習方法には主に3つのパターンがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

・映像方式
収録されている授業を見て学習する方法です。
メリット:有名講師の授業が聞ける、好きな時間に学習できる、繰り返し学習ができる。
デメリット:受け身型なので集中力を保つことが難しい、その場で質問ができないなど。

・アプリ方式
配布される専用端末やタブレットを使って学ぶ方法です。
メリット:ゲーム感覚で楽しめるコンテンツが多い。好きな時間に学習できる。
デメリット:ゲームに飽きると学習しなくなってしまう。

・個別指導方式
リアルタイムで講師の授業を受ける学習方法です。
メリット:講師と会話をしながら学習を進められるので、その場で疑問について質問ができ、学習効果が高い。
デメリット:あらかじめ時間を決めて行うので時間変更がしにくい、費用が高い傾向にある。

オンライン塾を取り入れるときに準備しておきたいもの

オンライン塾に参加するには、いくつか準備が必要です。まずはオンライン塾にアクセスできるよう、家庭のインターネット環境を整えましょう。次に、パソコンやタブレット、場合によってはスマートフォンなど、学習を進めるための端末の準備することです。

映像方式や個別指導方式で学習する際は、学習に集中するため、音が漏れないようイヤフォンも準備しておくと良いでしょう。端末周辺機器は塾から購入できたり、レンタルできたりする場合もあります。

オンライン塾を選ぶ際の重要ポイント

小学生向けのオンライン塾を選ぶ際は、どのようなポイントに注目したら良いのでしょうか。考慮すべきポイントを8つまとめました。

受験対応しているか

オンライン塾を始めるにあたり、保護者の意図として挙げられるのは「学校での学習のフォロー」または「中学校受験対策」、主にこの2つでしょう。中学受験対策を目的としている場合は、学習カリキュラムが受験に対応した内容になっているかどうか確認しておくことがポイントです。

中学受験対策塾の場合は、難易度が高い問題が組まれている、講師から手厚いフォローが受けられる、など通常のオンライン塾と学習の進め方が異なります。

コンテンツは豊富か

オンライン塾参加にあたり、コンテンツの豊かさにも注目したいところです。検討しているオンライン塾に国語、算数、英語をはじめ、社会、理科など、学習したい科目があるか、映像方式、アプリ方式、個別指導方式など希望する学習方法があるかどうかを調べましょう。

プログラミング学習を実施しているオンライン塾もあり、塾によって学べる内容や教え方は異なります。子どもに合った内容を見極めるには、無料体験に参加する方法もおすすめです。

未就学の子が飽きず楽しめる授業か

オンライン塾の中には未就学児を対象としたクラスを設定している塾もあります。小学校受験に対応している塾から、進学に備えて学習習慣を身につけることを重視している塾までさまざまです。

未就学の子どもはまだ集中できる時間が短いので、楽しく取り組める授業かどうかがオンライン塾を長続きさせる重要なポイントとなります。オンライン塾の選定には子どもとの相性も大切なので、無料体験などに参加してしっかり見極めましょう。

費用は明確か

保護者にとって、授業内容とともに気になるポイントが費用ではないでしょうか。明確な料金表示がない塾の場合、学習を進めるごとに料金が加算され、思いがけず高額な授業料になってしまった……という場合もあるようです。

一般的なオンライン塾では、入会金、授業料、端末購入代などがかかります。サポートの度合いや難易度によって授業料が異なる塾や、家庭にある端末が活用可能で別途端末の購入は不要という塾などさまざまなので、料金詳細については事前に細かく確認しておきましょう。

振替授業はあるか

個別指導方式の授業の場合、体調不良や急な予定変更であらかじめ決めていた日時に授業参加できなくなってしまった、というケースもあるでしょう。そういった場合、別の日に振替授業を実施してもらえるのか、そのまま欠席として授業回数が消化されてしまうのかは続けやすさを大きく左右します。
可能な限り、振替可能なオンライン塾を選ぶと授業料を無駄にすることがなく安心です。

入塾前に体験できるか

子どもの性格により、相性が良い学習方法は異なります。映像方式に夢中になった、アプリ方式の問題に取り組むのが得意、など実際に体験してみて初めて分かることもあるでしょう。可能であればいくつかの体験授業を受講して、どのオンライン塾が1番楽しめたか子どもの意見を聞いてみることも大切です。

目的やゴールが設定されているか

「オンライン塾は学習成果が分かりづらいのでは」といった不安がある保護者の方もいるでしょう。その場合は明確な目的や目標を掲げている、保護者確認用画面がある、そんなオンライン塾だと学習の進度や達成の具合が分かり安心です。

例えば、塾内で統一テストを実施している塾であればテストをひとつの指標に学習を進めることができます。中学受験合格を目標に掲げている塾なら、その目標に沿った授業が期待できるでしょう。また、保護者確認用画面がある塾なら、子どもがどのようなペースでどのような学習をしたか、問題の正答率などもチェックし家庭でフォローすることができます。

映像・アプリ・個別、どの授業にも対応しているか

ひとつの学習方法のみでなく、さまざまな方法に対応している引き出しの多い塾のほうが、飽きることなくオンライン塾を続けられるでしょう。映像方式の学習で分からなかった部分を個別に質問できるのかなど、複数の方法を組み合わせて学習できる塾を選ぶとより学習効率がアップするのでおすすめです。

よく知られている小学生向けオンライン塾一覧

 

ここからは、小学生向けオンライン塾の中でも知名度が高い塾を紹介していきましょう。4つのオンライン塾をピックアップし、特徴や料金、必要な機器や無料体験の有無などの情報をまとめました。

スマイルゼミ

専用タブレットで快適に学習を進められるオンライン塾です。タブレットが子どもの学習状況と全国の子どもの学習パターンを総合して、子どもひとりひとりに合った学習プログラムを組んでくれるので、苦手を作らず総合的に学習を進めることができます。自動採点で親がそばについていなくても学習をすすめられるのが魅力です。

・学習方法:専用タブレットでの個別学習
・科目:算数、国語、理科、社会、英語、プログラミング講座(年3回)
・必要機器:専用タブレットあり
・費用:月額3278円から。専用タブレット1万978円(1年契約)(税込み)
・無料体験:あり

進研ゼミ小学講座

進研ゼミ小学講座には「チャレンジタッチ」というタブレット端末で学習できる講座があります。アプリで楽しく学習でき、その場ですぐに採点してくれ、つまずいた問題は再度解けるようなシステムが導入されているのが特徴です。演習・発展問題も用意されていて、作文などは赤ペン先生に個別指導してもらえる点も魅力です。

・学習方法:専用タブレットでの個別学習、専用タブレットでの動画学習
・科目:学年により異なる
・必要機器:専用タブレットあり
・費用:小学1年生で月額2980円(税込み)から。学年によって費用は異なり、小学6年生では月額5,730円(税込み)から。6か月未満で退会の場合、専用タブレット代9900円(税込み)がかかる。
・無料体験:あり

すらら

「すらら」では「無学年方式」といって、学年ごとに学習に線引きをしない学習法を採用しています。分からない部分はどこまでもさかのぼることが可能で、得意な部分は先取り学習できる点が魅力です。独自の世界観があり、キャラクターとともにゲーム感覚で楽しく学習できます。

・学習方法:動画学習、ドリル学習
・科目:算数、国語、理科、社会、英語(3教科、4教科、5教科と選択可能)
・必要機器:自宅のパソコンやタブレットで学習可能
・費用: 入会金7000円(税抜き)から、月額7480円(税抜き)から
・無料体験:あり

ネット松陰塾

自社開発している「Showinシステム」というeラーニング教材を使いながら学習します。社会人コーチからSkype(スカイプ)で進捗を確認してもらいながら学習できる「声かけコース」と、個別指導をしてもらえる「個別指導コース」の2種類があります。正解が出るまで次に進まないため、取りこぼしなく学習ができるのが特徴です。

・学習方法:動画学習、テレビ電話方式
・科目:算数、国語、理科、社会、英語
・必要機器:自宅のパソコンまたはiPadで学習可能
・費用: 入会金2万円(税抜き)、声かけコース:月額8000円(税抜き)、個別指導コース:月額1万2000円(税抜き)から
・無料体験:30分あり

中学受験に対応しているオンライン塾一覧

次にオンライン塾の中でも中学校受験に力を入れているオンライン塾を紹介していきます。中学受験に対応しているからこその特徴や、料金、必要な機器や無料体験の有無などをまとめました。※値段は2021年3月時点のものです。

スタディサプリ

小学4年生から受講できるオンライン塾です。中学受験対策として、1コマ15分の小学校の教科書に沿った内容を学習できる「基礎レベル講座」に加え、中学受験に向け演習問題の解説に重きを置いた「応用レベル講座」を受講できます。

・学習方法:映像方式
・科目:算数、国語、理科、社会
・必要機器:自宅にあるタブレットやスマホで受講可能
・費用:月額1980円(税抜き)
・無料体験:あり

e点ネット塾Plus

「e点ネット塾Plus」は、中高一貫校の受験対策に特化したオンライン塾です。公立中高一貫校は、学力だけではなく適性検査や作文でも選抜を行っているので、そこに着目して自宅で適性検査に備えられるようコンテンツを工夫しているのが特徴です。

・学習方法:映像方式
・科目:算数、理科、社会、総合
・必要機器:自宅にあるパソコンで受講可能
・費用:入会金2万円(税抜き)、小学生は月額約7500円(税抜き)
・無料体験:無料体験あり

オンライン東大家庭教師友の会

オンラインで個別指導を受けられる学習塾です。指導者は出身中高、所属大学など希望を出すことが可能で、子どもに合った先生を見つけられます。中学受験対策としては、中学受験準備コース、中学受験コース、難関国私立受験コース、プレミアム中学受験コースから選ぶことができます。

・学習方法:個別指導方式
・科目:希望に合わせて対応
・必要機器:自宅にあるパソコンで受講可能
・費用:入会金1万8000円(税抜き)、プレミアムコースの場合は1時間5500円(税抜き)
・無料体験:あり

個別指導塾TESTEA

「個別指導塾TESTEA(テスティー)」はZoom(ズーム)を活用した個別指導で、有名大学の現役学生や社会人講師による指導が受けられます。要望に合わせ、学習内容は柔軟に対応してもらえます。

・学習方法:個別指導方式
・科目:希望に合わせて対応
・必要機器:自宅にあるパソコンで受講可能
・費用:入会金2万円(税抜き)、運営費6か月/1万8,000円(税抜き)、90分1コマ7400円~7900円(税抜き)
・無料体験:あり

Axisオンライン

個別指導で難関中学入試対策から私立中学入試対策、作文対策や読解問題対策、算数難問対策など強化したい部分に合わせて対応してもらえるオンライン塾です。テスト前のみ、空いた時間に、などスポット利用もできます。

・学習方法:個別指導方式
・科目:希望に合わせて対応
・必要機器:自宅にあるパソコンやタブレット、スマートフォンで受講可能
・費用:入会金なし、システム関連費2640円(税込み)、プロ講師による「プロコース」の場合、週40分月4回2万460円~2万5080円(税込み)
・無料体験:あり

まとめ

 

小学生のオンライン塾は、映像方式、アプリ方式、個別指導方式がメジャーです。いつでも自由に受講できる映像方式やアプリ方式は、日々の学習のフォローに活用できます。個別指導方式は、子どもの弱点の克服や、受験対策をしたい場合にぴったりです。複数の方法を組み合わせて学習するのもおすすめです。


みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!