2022.03.27
習い事最前線 みらのび編集部

今なら入会金無料|「ツリーベルこども英語教室」の効果・メリット|東京と埼玉5教室

入会金無料キャンペーンを実施中

「みらのび」からお申し込みの方限定の入会金無料キャンペーンを実施しています。入会金20,900円(税込)が0円。体験レッスンも0円。


「ツリーベルこども英語教室」ここがメリット

メリット:01 成長に合わせて「音:文字」の学習比率を変える
メリット:02 細かいレベル分け、少人数制で確実にレベルアップ
メリット:03 「世界で通用するコミュニケーション力」を育む

東京の教室一覧埼玉の教室一覧

音楽のように気持ちよく英語を聞く

ツリーベルこども英語では、子どもの年齢や脳の発達にあわせて最適な英語教育を行っています。
0〜10歳までは言語形成期と呼ばれ、「体験的習得能力」が高い時期とされています。この時期には、英語を聞いたり話したりと、“体験”するだけでぐんぐん英語力が身につきます。
しかし、10歳以降はその能力がだんだん失われ、「論理的習得能力」が上回っていきます。英語を書いたり読んだりと、“論理的”なアプローチで英語力を伸ばせる時期です。

ツリーベルでは、この理論に沿って言語形成期にはネイティブ講師によるオールイングリッシュのレッスンを実施。とくに幼児期は、英語を見て、聞き、発音し、道具を触ってと、全身で学ぶレッスンが行われます。脳が未発達な幼児期では、英語を習得するというより、英語を使って脳を刺激することを重視しているからです。この時期にたくさんの英語に触れることで、まるで音楽を聴くかのように気持ちよく英語を聞ける脳が育っていきます。

その一方で、10歳以後は徐々に日本人講師によるレッスン比率を高め、文法などの学習も取り入れていきます。年齢に応じて「音:文字」の学習比率を変えることで、効率的に英語力を身につけられるカリキュラムになっています。

ネイティブ講師によるオールイングリッシュのレッスン。小さい時はまず英語のシャワーを浴びるネイティブ講師によるオールイングリッシュのレッスン。小さい時はまず英語のシャワーを浴びる

東京の教室一覧埼玉の教室一覧

テンポの良いレッスンで飽きさせない

対象年齢は1歳半から中学3年生まで、1クラス6名の少人数制できめ細やかなレッスンが行われています。さらに17ものレベルに分かれており、年に2回のレベルチェックを通して、確実にステップアップできます。一人ひとりの年齢や能力にぴったりのクラスで学べるので、子どもたちものびのびと過ごせます。

また、発音と文字の関係性を学ぶ「フォニックス学習」に力を入れているのも大きな特徴。幼児期からアルファベットのマグネットを使い、先生の発音した音を探したり、単語を作ったりするレッスンを行っています。
フォニックスとは英語圏の子どもたちが英語を学ぶ際に使われる方法で、知らない単語でも読めたり、発音を聞いただけで綴りが書けたりするようになります。何より、美しい発音が身につくのが大きなメリットと言えるでしょう。

レッスンのテンポの良さもツリーベルの特徴です。小学校低学年では最大15分しか集中力がもたないと言われているため、3分、5分、10分と、数分おきに学ぶ内容を切り替え、子どもたちを飽きさせないようにしています。

実際に子どもを通わせている保護者からは「一つひとつのカリキュラムにしっかりとした意味があり、中身が濃いことに驚いた」という声をもらうことが多いそうです。

小学生からは英検対応にも力を入れており、小学校卒業までに中学卒業レベル(英検3級)、中学卒業までに高校卒業レベル(英検2級)の英語力をつけることを目標にしています。2019年度の実績は、5級は100%、4級は89%、3級でも70%もの高い合格率が出ています。

日本人講師によるレッスン。小学生の中級レベルからは日本人講師による英検の学習もスタート日本人講師によるレッスン。小学生の中級レベルからは日本人講師による英検の学習もスタート

東京の教室一覧埼玉の教室一覧

英語を武器に「世界に羽ばたく人に」

ツリーベルの理念は「世界に羽ばたく人を創る」。まさにその理念通りの「グローバル」な力が身につくスクールといえるでしょう。
また、英語を使って自分を表現できるクリエイティブな力、英語を武器として将来はさまざまなことにチャレンジしていく気持ちも養えるのではないでしょうか。
ますますグローバル化が進む現代社会において、英語力だけではなく、世界で通用するコミュニケーション力を身につけられるのがツリーベルの最も大きな魅力と言えるでしょう。

レベルごとにさまざまな教材を使用。写真中央がフォニックス学習に使うアルファベットのマグネットレベルごとにさまざまな教材を使用。写真中央がフォニックス学習に使うアルファベットのマグネット

東京の教室一覧埼玉の教室一覧

「英語はコミュニケーションツール」

学校長の鈴木真由美先生は、「ツリーベルを開校したきっかけは私自身の海外留学体験でした」と話します。
「英語は得意という自負心があったのですが、いざ留学してみたらコミュニケーションがうまくいかなくて……。書いたり読んだりはできても、聞いたり話したりがスムーズにできない。これは日本の英語教育の弊害だと思いました」

それまでは英語を“勉強”と捉えていたという鈴木先生。留学したことで英語は“コミュニケーションツール”であり、使えないと意味がないと実感したそうです。
そのため、ツリーベルではテストの点数を上げるためではなく、コミュニケーションの幅を広げるために生きた英語を身につけることにこだわっています。
「もともとはおとなしい子でも、英語ならばコミュニケーション力を発揮できるというタイプの子がいます。卒業生の中にも、英語が得意になったことで自信をつけ、海外留学をしたり、外国語大学に進学して活躍している子がいます」
「子どもたちには行動の後押しになる本物の英語力を身につけてほしい」と話す鈴木先生。コミュニケーションツールとしての英語を学ぶことは、将来の可能性を大きく広げるきっかけとなると言えるでしょう。

英語を学ぶことで積極性が出て、コミュニケーションが活発になる子も多いそう英語を学ぶことで積極性が出て、コミュニケーションが活発になる子も多いそう

親目線で感じたツリーベルこども英語教室のメリット・効果

子どもの成長に合わせたカリキュラムが組まれているのがすばらしいと思いました。子どもにとってはただただ楽しいレッスンなのに、効率的に英語が身につくのがスゴイ!また、コミュニケーションツールとしての英語にこだわっているのも、これからの時代をつくる子どもたちにとって大切な視点だと感じました。「英語を話せるって楽しい!って気持ちを、ぜひ子どもたちにも味わってほしい」という鈴木先生の言葉が印象的でした。(松本史)

「ツリーベルこども英語教室」は東京と埼玉(市ケ谷・飯田橋・浦和・川口・戸田)で開講しています。

東京の教室一覧埼玉の教室一覧

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

お住まいのエリア・ジャンル・対象年齢から検索!
習い事教室を探す