2021.03.23
習い事最前線 みらのび編集部

夢はホームラン! 打撃の極意を個別指導 「JBS ジュニアバッティングスクール」

春は習い事選びのゴールデンシーズンです。みらのび編集部では、ユニークな取り組みをする教室をご紹介する「春の習い事最前線」を不定期連載します。今回、取材に協力いただいたのは「JBSジュニアバッティングスクール」。野球選手を目指す子どもたち御用達のバッティングに特化したスクールです。どんな練習方法で打撃力をアップさせているのか、詳しくお話をうかがいました。

「打撃力でレギュラーに」の夢かなう

「少年野球や部活でレギュラーになりたい」「かっこよくホームランが打てるようになりたい」。でも、普段のチーム練習で不足しがちなのが「バッティング」の技術。遠回りせずに正しく早く技術を上げたかったら、プロに個別指導してもらうのがおすすめ。「JBS ジュニアバッティングスクール」なら、選手一人ひとりの課題に寄り添って、経験豊富なコーチが基礎から細かく丁寧に指導してくれます。

取材でお話を伺ったのは、JBS ジュニアバッティングスクール蒲田校の阿部雄太コーチ。ご本人も小学3年生から野球を始め、高校でも3年間野球部に所属。現在はコーチとして活躍しています。

「指導では基本を重視しています。今はネットでも野球の練習動画が簡単に見られる時代ですが、あまりにたくさんありすぎて、子どもはどれがいいのか迷ってしまいます。そこで、私たちは生徒の問題点を見極め、その子に合った方法で技術を身につけるようアドバイスしています」と話してくれました。

レッスンでは、「自分で考える力」も大事にしています。例えばバッティングで生徒が間違った動作をしたら、そのタイミングで「右足をこういうふうに動かしたら、左足はどうなると思う?」とコーチが質問を投げかけます。生徒は自分の動きのどこに問題があるのか、どうすれば修正できるかを自ら考えるようになります。問いかけを繰り返すことで、自分の動きを客観視する習慣がつきます。

バッティングは下半身の使い方が大切。両足の位置やバランス、体重移動を細かく指導

「BIG3理論」をマスター、動画で確認も

レッスンは、少人数制・個別指導型。主に少年野球チームや野球部の小中学生が対象ですが、野球が好きな子なら誰でもOK。
指導の際はまず「コーチが打つ見本を見せる」→「言葉で説明」→「生徒自らやってみる」→「自分で改善点を考える」→「コーチが見本を見せる」を何度も繰り返し行います。特に小中学生の時期は、理屈でなく体で覚えていくので、コーチの見本を見た方がスムーズにコツをマスターできます。

ボールを打つ練習は、ピッチングマシンを使う「マシンバッティング」と、コーチがボールを手で投げる「トスバッティング」の2通りあります。練習方法の例としては、まずマシンバッティングでフォームをしっかり覚えてから、トスバッティングで反復練習。生徒の課題点を明確にしていきます。マシンバッティングとトスバッティングを往復することで課題の明確化と改善を行い、打撃力のあるフォームをつくりあげていきます。

スクールでは、バッティングに必要な三つのポイントを「BIG3理論」と名づけ、徹底して指導します。三つのポイントとは、「①トップ(スイング前の両手のグリップ位置と上体の準備)」「②体重移動(スイング中の並進運動と回転運動)」「③フルスイング(自分の力を最大限ボールへ伝える)」。この三つができるようになると、ボールの軌道にバットが真っ直ぐ入り、かつ、ヘッドスピード(バッド先端がスピード)が速くなって長打が打てるようになります。

コーチがボールを手で投げながらバッティング練習。フォームが改善されるまで何度もアドバイス

自分を客観視し改善する習慣がつく

JBS ジュニアバッティングスクールでは、生徒自らに考えさせる指導を重視しているため、「考える力」が身につきます。「次の試合でもっと打てるように頑張ろう」と高い目標ができて、チャレンジ精神も育まれることでしょう。自分やライバルのフォームを客観的に観察する習慣がつき、課題を発見・解決する力も育まれるでしょう。

阿部コーチは、「将来野球をやるにしろやらないにしろ、自ら率先して考える力は何よりも大事ですね。レッスン中に生徒が気づいたことあれば、その場で専用のノートにメモを取らせます。すぐに書けば忘れないですし、後から“どの方法が自分に合っているのだろう”と迷った時にも、メモが助けになります」と語ってくれました。

コーチ自らバットを握り、理想的なフォームと悪いフォームの見本を見せることも

「せっかく出会った野球、好きになって」

実際に阿部コーチが指導するうちに、行動が変化してきた生徒も出てきたとか。「自分が出た試合の状況を覚えて話してくれるようになったり、『家で素振りをしてみたけど、先生はこのスイングどう思いますか?』と具体的に見せてくれたりする子が増えています。自分から考えて行動できるようになったのでしょうね」

保護者からも、「このスクールに入っていなかったら、うちの子は野球を辞めていたと思います」「スクールに出会えてよかったです」という声を聞くこともよくあるそうです。

「お子さんがせっかく野球をやっているなら、好きになってもらいたい。保護者の方も野球に関心が高い方が多いので、期待に応えられるとうれしいですね。野球が上手になりたい子はもちろん、チームに所属してないけれど野球が大好きという子にも、楽しんでもらえるように全力で指導します」。阿部コーチの熱いハートに感動しました。

子どもの頃から野球ひと筋だった阿部雄太コーチ。「せっかく野球をやっているなら、好きになってほしい」

取材を終えて

今回、阿部コーチのお話を聞いている中で印象的だったのが、「かつての教え子が今は同じスクールで同僚として働いている」というエピソードでした。教え子さんが中学生の頃から5年間指導し、今では「自ら率先して考えて行動する」優秀なコーチとなっているそうです。生徒のやる気を引き出し自ら考えさせるには、コーチと生徒の信頼関係が大切。「阿部コーチと教え子さんの信頼関係」もしっかり育っていたようで、素晴らしいと感じました。(前田大貴)

教室情報

「JBS ジュニアバッティングスクール」(運営:株式会社レピニット)は、全国約150校で展開しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!