2021.03.23
習い事最前線 みらのび編集部

正しく安全なフォームで、目指せ名投手!「JPA ジュニアピッチングアカデミー」

春は習い事選びのゴールデンシーズンです。みらのび編集部では、ユニークな取り組みをする教室をご紹介する「春の習い事最前線」を不定期連載します。今回、取材に協力いただいたのは「JPAジュニアピッチングアカデミー」。野球のピッチングに特化したスクールです。子どもの体に負担をかけないフォームをどう指導しているのか、詳しくお話をうかがいました。

正しい投球フォームでケガ予防

野球に本格的にのめり込むと、さらに上をめざしたくなるもの。上達に必須なのは、ボールを速く正確に投げる「ピッチング」技術でしょう。
野球を始めた頃から正しいフォームを身につけておけば、肩や肘に負担がかかりにくくなり、将来のケガの予防につながります。「JPAジュニアピッチングアカデミー」なら、プロのコーチが安全、かつパフォーマンスの高いフォームを基礎から丁寧に指導してくれます。
指導方針は「少人数・個別指導型」。主に少年野球チームや中学校の野球部に所属している小中学生が対象です。

ピッチング指導を担当する阿部雄太コーチにお話を伺いました。ご自身もリトルリーグから野球を始め、高校では3年間、レギュラー選手として活躍してきました。
「まず選手と親御さんからきちんとヒアリングし、課題やニーズを把握します。例えば『ピッチャーとしてこういうプレーをしていきたい』という中期的な目標を持っている方もいれば、単に『投げ方だけ見てもらいたい』という方もいます」

スクール独自の方法で、子どもの能力や成長に合わせてピッチングフォームを指導します。小学生は「コントロールをよくしたい」「球速をあげたい」という要望が多く、中学生からは「変化球が投げられるようになりたい」という要望が増えてきます。
「生徒はピッチャーが多いですが、100%ではないですね。内野手や外野手でも、負担がかからない投げ方を知りたい人が結構多いですよ」と阿部コーチ。

フォームを安定させる指導。投げる前の腕の高さ、肩の高さなど細かい点をチェック

上手く投げるには「下半身」が大事

スクールでは、まずボールをゆっくり正確にコントロールする練習から始めます。目の前に「かご」を置き、運動会の玉入れのようにボールを投げ入れながら、「この辺で球を手放すとこの辺まで行く」ということを体感で学びます。

ピッチングは、バッティングと比べてケガのリスクが高いため、肩や肘を痛めないフォームが重要。中にはすでに少年野球でケガをしてしまい、投げ方を改善したいという子もいます。ゴムチューブを使って肩のインナマッスルを鍛えたり、肘の関節をやわらかくするトレーニングなども行ったりします。ピッチャーの場合は、「ストラックアウト(的当て)」を使った練習、ボールの代わりにタオルを持ってフォームを確認する「シャドーピッチング」も積極的に行います。投げすぎないように、年齢や体のバランスなどを考慮して投球数を決めています。

「ピッチングで大事なのは下半身。土台がしっかりしてないと上半身が崩れてしまいます。ピッチャーの場合、投げる直前も直後も片足で立ってなくてはならないので、片足でバランスが取れるようトレーニングします。ピッチング技術は日々進化していて、“これが正解”と断言できないです。バッティングよりも柔軟に教えています」(阿部コーチ)

ストラックアウト(的当て)を使ったピッチング練習。フォームを整えるとコントロールが格段によくなる

気づいたことはその場でメモ

JPAジュニアピッチングアカデミーでは、生徒自らに考えさせる指導を重視しているため、「自分で考える力」が身につきます。ピッチングアカデミーと同じ系列の「バッティングスクール」と、かけ持ちで受講する生徒が多いとのこと。「打つ・投げる」の両面で指導を受ければ、チャレンジ精神がふくらみます。自分のフォームを客観的に把握する力、他の投手のフォームも観察する習慣がつき、普段の練習の中で課題発見・解決しやすくなるでしょう。

阿部コーチは、「将来野球をやるにしろやらないにしろ、自ら率先して考える力は何よりも大事。レッスン中に生徒が気づいたことあれば、忘れないようにその場でメモを取らせます。後から“どのやり方が自分に合うのか”と迷った時にも助けになります」と語ってくれました。

ピッチングフォームの見本を見せながら説明する阿部雄太コーチ

「出会えてよかった」保護者から感謝

阿部コーチは、生徒の課題を知るため、保護者とのコミュニケーションも大切にしているそう。
「試合中の様子は、子ども本人よりも観戦している親御さんの方がよくわかります。例えば『試合中にこの子のこんな癖が気になった』など、第三者の目線で選手の課題を教えてくれます。客観的な情報はとても重要。指導の時は、生徒さんと共に保護者の方からも意見を聞いて、指導に役立てています」
その甲斐あってか、保護者からは「こういうスクールと出会えてよかった」と感謝の言葉を寄せられることも多いそう。そんな言葉を聞けた時が、コーチの仕事をやっていてよかったと思える瞬間だそうです。

ピッチング指導担当の阿部雄太コーチ。「選手を日頃よく見ている親御さんの意見も役立てています」

取材を終えて

今回、阿部コーチのお話を聞いている中で印象的だったのが、「かつての教え子が今は同じスクールで同僚として働いている」というエピソードでした。教え子さんが中学生の頃から5年間指導し、今では「自ら率先して考えて行動する」優秀なコーチとなっているそうです。生徒のやる気を引き出し自ら考えさせるには、コーチと生徒の信頼関係が大切。「阿部コーチと教え子さんの信頼関係」もしっかり育っていたようで、素晴らしいと感じました。(前田大貴)

教室情報

「JPA ジュニアピッチングアカデミー」(運営:株式会社レピニット)は、首都圏を中心に全国約30校で展開しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

みらのび編集部
みらのび編集部

いま子どもに本当に身につけさせたい生きる力「未来型スキル」の情報をお届けします。すべての子どもに夢中を!

関連記事 Related articles

新着 New!