志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科

最寄り駅
志村坂上駅 / 池袋駅 / 赤羽駅
こだわり
条件

最終更新日:2022.06.23

「楽器の女王」バイオリンで、音感、考える力、人間性を育む

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    生徒の「やりたい!」を尊重 完全オーダーメイドレッスン

  • Point

    02

    自分で考えて演奏する力、思考力、やり抜く力が身につく

  • Point

    03

    演奏技術だけではなく、豊かな芸術性、人間性も追求

子どもの考える力を引き出すレッスン

初めてバイオリンに触れる生徒にも、マンツーマンでゆっくり丁寧に指導

東京都板橋区にある「志村坂上総合音楽センター」は、創業1964年と、半世紀以上にわたり音楽教育を届けてきた老舗教室。センター内には、情操教育として注目される絶対音感科をはじめ、バイオリン科、ピアノ科、ソルフェージュ科、フルート科、声楽科など、14の多彩なカリキュラムがあります。

センター代表・村島かをるさんは、戦後、家庭でピアノを持つことが貴重だった時代に、大手音楽教室で講師活動をスタート。グループレッスンで教えている過程で「一人ひとりに寄り添った指導をしたい」と思い立ち、自身で音楽センターを開業しました。

「レッスン中、子どもは親がそばにいなくて、自分一人で考えて学びます。私たちの教室では、こうした子どもたちの自主性を引き出すことに重きを置いています」と語る村島代表。これこそが志村総合音楽センターの特徴であり、長年愛されているゆえんです。

バイオリンを始め、ここでのレッスンは基本的にマンツーマン。練習曲や教本など、生徒に合わせて講師がセレクト。演奏技術だけではなく、楽典やソルフェージュなどの科目も充実しているので、将来、音楽関係に進学したい人にもお勧めです。

今回取材したバイオリン科では、長年プロの演奏家として活躍している岩崎祐子先生が担当。一からマンツーマンで指導するので、正しい奏法を確実に身につけることができます。

生徒の「やりたい!」を大切に焦らず指導

演奏キャリアが豊富な岩崎先生が、楽器の構え方から奏法までマンツーマン指導

バイオリン科の対象年齢は3歳から。完全オーダーメイドのレッスンなので、カリキュラムは決まっていません。バイオリンは、まず楽器を構える練習から。顎と肩に挟む独特のスタイルに慣れるまで、あせらずじっくり練習し、正しい姿勢を身につけます。

楽器の構えができるようになったら、弓を持つ練習。弓を支える手は、握り方にコツがいります。楽器と弓を構えることができてから、音を出す練習が始まります。左手で弦を押さえ、右手で弓を弾いて音を出します。均一な音を出すには、弓の角度や圧のかけ方にコツがいりますが、先生が一歩一歩丁寧にサポートしてくれるので大丈夫。弓で音階が弾けるようになったら、いよいよ曲の練習へ。

教材に決まりはないので、生徒の「やりたい!」という希望を尊重しながら、先生が曲を選びます。バイオリンというと、厳しいレッスンのイメージがありますが、岩崎先生によると、「子どもたちには、バイオリンを好きになって楽しんでもらいたい。やる気を失わせないためにも、生徒さんの思いを尊重して、まずはやりたい曲を弾きたいように弾いてもらいます」とのこと。
「もちろん、間違えたら指摘したり修正したりしますが、“焦らず地道に”と思いながら、根気よく声がけをしています」と、先生は話してくれました。

練習を重ね、やり抜く力、芸術性が高まる

非常に多彩な音色を持ち、「楽器の女王」と呼ばれるバイオリン。音感の訓練にも優れている

「楽器の女王」とも呼ばれるバイオリンは、非常に多彩な音色を持ち、音感の訓練にもとても優れているといわれています。志村総合音楽センターのバイオリン科では、演奏技術が向上し、音感が鍛えられるだけでなく、楽器を構えて弾きこなすための「体の使い方」も身につきます。

また、バイオリンを演奏する時には、「楽譜を見ながら両手を正しく動かす」「曲の雰囲気に合わせて音量や音色を変える」「曲全体の流れを理解して最後は暗譜する」など、絶え間なく脳と手の動きを連係させることが求められます。繰り返し練習を重ねるうちに、こうした「瞬時に判断して動く力」「一連の複雑な動きを記憶する力」が身につくことでしょう。
演奏できるようになるまでが大変ですが、お気に入りの1曲を頑張って仕上げた頃には、「やり抜く力」も身につくはず。

レッスンをきっかけに、お子さんがバイオリンの音に敏感になると、クラシック音楽にも関心を持つようになるかもしれません。世界の名演奏家のバイオリン曲を聴いたり、オーケストラのコンサートに行ったりすれば、奥深い音楽の世界に魅了され、芸術性や人間性が同時に磨かれていくことでしょう。

「生徒と一緒にいつかはアンサンブルを」

3歳からバイオリンとともに人生を歩んできた岩崎先生。舞台経験も豊富で楽しいエピソードがたくさん

バイオリン科の指導を担当する岩崎祐子先生は、東京芸術大学を卒業後、長年バイオリ二ストとして歌手やバンドなどのサポート演奏家として活動してきました。また、講師としては歌手志望の子ども、趣味で練習したい大人や子どもたちに指導しています。

「バイオリンは、一生楽しめる楽器です。小さい頃は、体の成長に合わせて楽器のサイズが選べるし、大人になってもずっと続けられる点が魅力的ですね。伝統的な楽器ですが、クラシック音楽だけでなく、ポップスやバンドなどとも合わせることができます。他の楽器と一緒に、いろんなジャンルの曲を演奏するのは、とても楽しいですよ」と話す岩崎先生。

岩崎先生は、生徒のやりたいことを大切にして、一人ひとりに寄り添い、必要なことをサポートしていくスタイルを貫いています。
「まずはバイオリンを好きになって、仲良くなってほしいと思っています。少しずつ成長していく子どもたちの姿を見るのがうれしい。いずれ上手に弾けるようになったら、ぜひ一緒にアンサンブルしたいですね。それがいちばんの楽しみです」(岩崎先生)。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

バイオリン、と聞くと何だかお金がかかりそうだな…とか、難しそうだな…いうイメージを抱いていましたが、楽器を買い換えるときに“それまで使っていた楽器を下取りに出して、楽器を循環させる”ことができる楽器と聞いて、バイオリンへのハードルが少し下がったように思いました。子どもが小さい頃からマンツーマンで指導してくれるのもうれしいところです。(永見薫)

志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科のコース情報

バイオリン科

対象となるお子様

3歳以上

受講日

月曜日〜土曜日(日・祝休)
通常1レッスン30分・年間42回(発表会を含む)
※受講日は、体験レッスン時またはご入会時にご相談ください。

志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科の体験会・説明会

費用

体験教室・説明会お申し込み後、教室よりご案内いたします。

概要

体験教室・説明会お申し込み後、教室よりご案内いたします。

志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科の地図・アクセス

所在地

〒174-0056
東京都板橋区志村1-26-1

アクセス

都営三田線志村坂上駅A4出口より徒歩約10分
JR池袋駅西口から国際興業バス池20/池袋駅西口〜西台駅〜高島平操車場行き
JR赤羽駅西口から国際興業バス赤56/赤羽駅西口〜志村坂上〜高島平操車場行き
どちらも「志村坂上」または「志村2丁目」バス停
お車でご来室の際は近隣コインパーキングをご利用下さい。
自転車はお教室の前に数台停めていただけます。

志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科の基本情報

教室名

志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科

運営者

志村坂上総合音楽センター

ジャンル

対象となるお子様

3歳以上

入会後の費用

■入会金
・0歳~未就学児 3,300円
・小学1年生~4年生 4,400円
・小学5年生~中学3年生 5,500円
■月 謝 8,800円〜

こだわり条件

マンツーマン / オンラインあり

東京都板橋区の志村坂上総合音楽センター 板橋教室 バイオリン科の近くの教室
体験教室・説明会に申し込む(有料)