テニスゼロ和光

対象年齢
未就学児 / 小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生
最寄り駅
西高島平駅 / 和光市駅 / 成増駅

最終更新日:2021.09.21

生涯スポーツとなるテニスで、社交性やチームワークを身につける

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    テニスの競技そのものを楽しめるように、オープンスキル重視

  • Point

    02

    技術だけでなく「相手を思いやる気持ち」や「立ち居振る舞い」も備わる

  • Point

    03

    「自分で考える」「ほめて伸ばす」を合体したオリジナル指導法

考え、褒める指導でオープンスキルを高める

レッスンは、「3つのワーク」の中のフットワークの練習からスタート

埼玉、東京、千葉で10校テニススクールを構えるツカダプランニング(TP)。1980年の設立から現在に至るまで、現役でコーチを務める束田伸彦代表は、「テニスは3つのナンバーワンを誇るスポーツ」と考えています。1つ目は小さな子どもから高齢者まで楽しめる「生涯スポーツナンバーワン」、2つ目は競技を通じて交友関係が広がる「社交のスポーツナンバーワン」、3つ目は家族ぐるみで楽しめる「ファミリースポーツナンバーワン」。テニスは、老若男女問わず仲間と楽しめるコミュニケーションツールにもなります。

テニスは、その都度起きる状況変化を読み取り対応する力、つまり「オープンスキル」が求められる競技。楽しみながらスキルを身につけるために、コーチ陣はプレーヤー自身が「自分で考える」ために「ほめて伸ばす」ことを絶えず意識しています。
生徒がラケットを空振りしてしまっても、「ナイススウィング!」「よく振れたね!」と頑張りに着目し、次に当たった時には「当たった!」と達成感を得られるような声かけをしているそう。
「できるだけ子ども一人ひとりのいいところを見つけて、伸ばしていきたいですね」(神保和宏コーチ)

レッスンでは「3つのワーク」、ラケットワーク(技術)、フットワーク(動き)、ヘッドワーク(考え方)を総合的に習得できるように指導していきます。

相手を尊重しながら、ラリーを楽しむ

サーブの練習。ボールを上げる高さや角度、ラケットを振るタイミングなどを一歩一歩丁寧に指導

ジュニアクラスはJ1~J3の3レベルに分かれています。レベルアップのタイミングは1人ひとりの目標や経験、体力に合わせて個別に検討します。

テニスは、絶えずボールを追いかけるスポーツ。レッスンでは、足を動かすトレーニングからスタート。次はラケットとボールを扱う練習。ボールをすくう、ラケットのふちで回す、ワンバウンドで出したボールをあえて足で蹴る練習もします。体を自在に動かしたり、ボールと自分の距離感やボールの跳ね具合をつかんだり、コーディネーショントレーニングで総合的な運動能力を高めて行きます。

基礎トレの後は、ボールを打つ練習。 I.T.F(国際テニス連盟)が開発した指導法「TENNIS PLAY&STAY」を採用、独自の「TPオリジナル」メソッドも加えたレッスンを行います。年齢に合った適正サイズのラケット、ボール、コートを使用し、サーブ、ストローク、ボレーなどテニスのプレーに必須となる技術を習得していきます。
お互いに打ち合うラリーでは、できるだけ多く打ち合うことを目指します。
「試合形式で練習する時は、目標を立てます。J2くらいになると戦術(ヘッドワークの一部)も考えてもらいます。テニスは相手ありきのスポーツなので、相手を尊重する気持ちもとても大事。自分のコートにボールが入っているかいないか、点数を相手に大きな声で伝えるなど、マナーも指導します」(神保コーチ)

個人競技でもチームワークや社交性が育つ

ボレーの練習。コーチがネット越しにボールを投げ、バウンドなしで打ち返す

テニスは全身を使ってプレーするため、フィジカル面がかなり鍛えられます。そして根底にある「ほめて伸ばす」指導で、「難しいことにも挑戦してみよう!」という意欲が高まるでしょう。

子どもたちが広いコートに集まると、必ずやりたがるのが「鬼ごっこ」だそう。鬼ごっこには、走る、止まる、方向転換する、相手と距離を取るなど、実はテニスに役立つ動きがたくさん含まれています。友だちとの交流にも一役買っているのだとか。
テニス技術の上達だけでなく、遊びを通して集団での人間関係も育むことを、ツカダプランニングでは大切にしています。

「一緒にいる仲間と協調すること、相手に対してリスペクトの気持ちを育むことはとても大切。テニスを離れて別の競技に転向したり、社会生活を送る上でも全く損になりません。レッスンでは異年齢での交流が多くて、みんな本当に仲良しですね」と神保コーチ。
ツカダプランニングの子どもたちは、テニスコートでチームワークや社交性を身につけながら、人間としても成長していくことでしょう。

「テニスを好きになってくれることが喜び」

左から大重コーチ、神保コーチ、相馬コーチ。「ボールを追う子どもたちの表情、親御さんに見てもらいたい」

「今日はテニスあるの?とレッスンを楽しみにしてくれている声を聞くととてもうれしくなりますね。家でもテニスのことを考えてくれているとはコーチ冥利に尽きます」と笑顔で話してくれたのは神保コーチ。5歳からテニスを始めた大ベテラン。学生時代にケガで競技を休んだ時期を経験したことで、テニスの楽しさを伝えたいという気持ちにつながっているそうです。

ジュニアクラスや大人クラスでも引っ張りだこの大重暁コーチは、保護者から相談を受けることも多いそう。
「以前の教え子で、『学校は行きたくないけどテニスには行きたい』と言ってくれた生徒さんがいて…。テニスだけでも楽しんでもらおうと歓迎しました。夏休みもずっと通ってくれて、2学期になる頃には元気を取り戻し、また学校に通えるようになりました。その後、テニス部に入部したと聞いたときはとてもうれしかったですね」
テニスが上達することはもちろんのこと、テニスそのものを好きになってくれることがコーチ陣にとっては一番の喜びのようです。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

小3の娘がテニスを習っているため、他のスクールでのレッスンにも興味津々だった私。生徒さんたちがみな仲よしで、コミュニティとして機能しているというお話には、心を揺さぶられました。家族ぐるみで通っている生徒さんも多いと聞いて、スポーツの楽しみ方としてとても理想的だなと実感しました。(真貝友香)

コース情報

キッズ

対象となるお子様

4歳~年長

受講日

週1回40分
※曜日・時間は体験会にてお問合せください

J1

対象となるお子様

小学生

受講日

週1回50分
※曜日・時間は体験会にてお問合せください

J2

対象となるお子様

小学生~中学生

受講日

週1回80分
※曜日・時間は体験会にてお問合せください

J3

対象となるお子様

小学生~中学生

受講日

週1回80分
※曜日・時間は体験会にてお問合せください

体験会・説明会について

費用

1レッスン 1,100円

概要

お好きなクラスにご参加いただけます。

地図・アクセス

所在地

〒351-0111
埼玉県和光市下新倉5-16-70

アクセス

東武東上線「和光市駅」北口より バスで8分
東武バス[和光高校循環]「神明道下」下車、徒歩2分
西高島平駅より徒歩17分

教室基本情報

教室名

テニスゼロ和光

運営者

株式会社ツカダプランニング

ジャンル

スポーツ・武道

対象となるお子様

4歳~小学生

入会後の費用

入会金:5,500円
年会費:3,300円
受講料:4,950円~8,800円/月

説明会・体験教室に申し込む(有料)