ココラボアクションスクール

対象年齢
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生
最寄り駅
亀有駅 / 北綾瀬駅 / 綾瀬駅

最終更新日:2021.09.30

演劇やミュージカルの舞台で必要なアクションの技術を磨く

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    意識的に体を動かす力、表現力が身につく

  • Point

    02

    一人ひとりの能力に合わせ、現役の役者がしっかり指導

  • Point

    03

    アクションに感情を乗せる技術が学べる

演じることで自信につながる

現役の役者がピンポイントでアクションのコツを指導してくれる

「ココラボアクションスクール」はその名のとおり、現代アクション・アクロバット・殺陣(たて)・パンチ・キックなどを中心に練習するアクション教室です。表現教育や体験型ワークショップ、プログラミング教育を手がける一般社団法人ココロエデュケーションラボが、2021年、東京都葛飾区亀有に開講しました。

映画やミュージカルなど幅広い舞台で使われるアクションスキル。観る人を魅了するだけでなく、体を動かすことに苦手意識がある子も、レッスンを続けるうちに自然と体が動くようになり、体で表現する自信がつくのが魅力です。

コースは、グループで基礎からじっくり学べる「グループレッスン」、毎回通うことが難しい人向けの「チケットレッスン」、しっかり学びたい人向けには「マンツーマンレッスン」もあります。どのコースも現役の役者が直々に指導してくれるので、身体表現力の一つとして学ばせたい場合はもちろん、将来プロを目指すお子さまにも最適です。

今回取材で見学したのは、小学2年生〜高校3年生の男女10人が参加するグループレッスン。この日は、剣を使ったアクションと演技のレッスンで、映画の撮影さながら、大勢対一人の剣を用いたアクションシーンを見せていただきました。

アクションと感情、両方の表現スキルを学ぶ

敵に操られた仲間が主人公をかばい、自らを攻撃するシーン

対象年齢は小学1年生から高校3年生。レッスンは生徒たちが一列に整列し、「よろしくお願いします!」と威勢のいい挨拶からスタート。みんなで息をあわせて演技をするため、声を揃えて気持ちを一つにします。最初は剣を用いたアクションのレッスン。先生が真ん中に立ち、アクションする順に剣の振り方、避け方などを直接指導し、“魅せる演技”のイロハを実例も見せながら教えていきます。

ココラボアクションスクールが大切にしているのは、グループレッスンでも一人ひとりの生徒を“その他大勢”にしない、ということ。全員が際立つよう配役に気を配り、生徒たちが配役の“感情”まで理解できるよう、熱い指導を展開していきます。
今回練習していたのは、「仲間たちが敵に操られ次々と襲いかかる中、主人公がそれらをかわしていく」というシーン。見所は、主人公をかばい自らを攻撃し倒れていく仲間たちに涙する場面。

生徒たちは演じる役になりきり、剣の振り方、攻撃を受けるときの力の抜き方などを先生から学びます。その後に演技の部分である“感情の込め方”の指導を受け、シーン毎に生徒一人ひとりにレクチャー。まるで一つの作品を作り上げていく舞台のよう。役に感情移入した生徒たちが途中で泣き出す場面もあり、先生の指導もさらに熱がこもっていきます。

レッスンを終えると、生徒たちは先生の周りに集まり、みんなで演じきった達成感を分かち合っていました。

チームワーク、最後までやり抜く力がつく

集合写真でも、息ぴったりのポーズをとってくれるアクションスクールの生徒たち

ココラボアクションスクールでは、グループで殺陣(立ち回り)をつけてもらうため、生徒一人ひとりが自分の演じる役への責任感を持つと同時に、「みんなで作品を作っていく」という一体感が生まれます。気持ちを一つにしたチームワークと、最後までやり抜く力が着実に身についていきます。

役者として現役で活躍している先生から指導してもらえるため、子役のオーディション対策にも最適です。挑戦するチャレンジ精神もどんどん育まれていくでしょう。実際、アクションのレッスンを受けたことにより、出演するミュージカルや舞台などでもアクションシーンを任された生徒もいたとのこと。

イベント会社などからの出演依頼が多数あるため、本番を経験できる回数が多いところも、ココラボアクションスクールの特徴です。舞台度胸がつけば、将来大勢の人の前で話したりプレゼンしたりする時も、物怖じしないようになるでしょう。

「アクションに“感情”を乗せてほしい」

指導を担当する中村ゆうすけ先生。現役の役者として、アクションに感情を乗せる大切さを教えている

指導担当の中村ゆうすけ先生にお話を伺いました。20代後半から演劇の世界に入り、それから10年ほど役者として活躍されています。
「指導する時は、“気持ちの解放”を意識してやっています。パンチや刀を使ったアクションでも、そこにどんな思いを込められるかが重要で、ただかっこいい動きをやるだけではダメです。アクションの中に、自分の気持ちを乗せてあげることが大事」なのだとか。

「指導していて面白いのは、子どもたちの変化がわかること。子どもは変化がわかりやすいんです。例えば家で練習してきた子は、動き自体が洗練されているので、一生懸命やってきたことがわかります」

時には、生徒の驚異的な成長に驚くことも。「最もやりがいを感じるのは、子どもが起こすミラクルに立ち会えたとき。アクションを指導していると、こっちが教えていないのに感情がマッチして爆発的な表現になる瞬間があるんですよ。子どもたちに感情をさらけ出してもらうため、レッスンにも、つい熱が入ります」と話す中村先生。

レッスンが楽しみで、始まる30分以上前に教室に来ている生徒も多いそう。子どもたちと共に感情をアクションに乗せて、今日も楽しく熱いレッスンをしています。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

レッスンを見学して一番印象的だったのは「子どもたちの感情が伝わってきた」ということ。主人公の生徒が倒れていく仲間たちを見ながら、どうすることもできない状況に涙を流すシーンは胸に迫るものがありました。
中村先生からも「今日取材しに来ている前田さんを泣かせたら俺たちの勝ちだ」という言葉があり、子どもたちは全身全霊で演技を披露。初めて見た私でもシーンの背景をいきいきとイメージできるほどの“感情”を込めて、見事最後まで演じきってくれました。
以前ミュージカルを見に行った際、役者さんから「感情は伝播するもの」と聞いたことがありますが、まさにその言葉を実感しました(前田大貴)

コース情報

グループレッスン

対象となるお子様

小学2年生~高校3年生

受講日

月曜日(月2回)
・18:10~19:10
・19:20~20:20

チケットレッスン

対象となるお子様

小学2年生~高校3年生

受講日

月曜日
・18:10~19:10
・19:20~20:20
※毎回は通えない方に向けたチケット制のレッスンです。

マンツーマンレッスン

対象となるお子様

小学2年生~高校3年生

受講日

体験会にてお問合せください。

体験会・説明会について

費用

1回 2,000円

概要

実際のレッスンを体験していただきます。
1週間以内のご入会で、体験料2,000円をキャッシュバックいたします。

地図・アクセス

所在地

〒125-0061
東京都葛飾区亀有4-38-6 防災コミュニティスペースえまいま

教室基本情報

教室名

ココラボアクションスクール

運営者

一般社団法人ココロエデュケーションラボ

ジャンル

ダンス・身体表現

対象となるお子様

小学2年生~高校生3年生

入会後の費用

入会金 30,000円
月 謝 11,000円~
※各種割引サービスがあります。詳しくは体験会にてお問合せください。

説明会・体験教室に申し込む(有料)