フルスイングベースボールスクール 東川口教室

対象年齢
未就学児 / 小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年
最寄り駅
東川口駅 / 戸塚安行駅 / 浦和美園駅

最終更新日:2021.10.21

元プロ野球選手の技術が学べる 人間力も成長する野球教室

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    元プロ野球選手がカリキュラム監修。経験豊かなコーチ陣

  • Point

    02

    「野球を楽しむこと」がいちばん大事。ほめて認める指導

  • Point

    03

    チームワーク、仲間への感謝を大切に。心の成長も重視

元プロ野球選手が監修 経験豊富なコーチ陣

取材時は大学生2人がサポートスタッフとして参加。子どもたちの前で「ホームラン競争」を披露

「野球がもっとうまくなりたい」という夢を叶えたいなら、「フルスイングベースボールスクール」。2018年に開講、現在、埼玉・東京17カ所で教室を展開しています。福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)や横浜ベースターズ(現横浜DeNAベイスターズ)で活躍した元プロ野球選手の井出正太郎氏がカリキュラムを監修し、アドバイザーも務めています。

対象は、未就学児と小学生。これから野球デビューしたい初心者でも、すでに他のクラブチームや少年団に所属している経験者でも、男女問わず幅広く受け入れています。経験豊かなコーチ陣が指導に当たる上、教職志望の学生や野球経験のある社会人もサポートスタッフとして生徒それぞれにきめ細かく対応。安心して通うことができます。

スクールモットーは「フルスイング」すなわち「全力」ですが、もっとも大事にしているのが子どもたちに「野球は楽しい」と感じてもらうこと。「ほめる指導」「認める指導」を心がけ、言葉のかけ方や接し方も工夫しながら、楽しく野球に打ち込めるスクールを目指しています。

野球を通じて「人として大切なこと」を指導

真剣そのもの表情の生徒。早くバットを振りたくてたまらない様子

フルスイングベースボールでの通常クラスは、初心者向け幼児・小学校低学年中心の1部、経験者・上級者向け高学年の2部となっています。1部は柔らかいティーボール、2部は軟式ボールを使用し、安全面や生徒の希望を考慮しています。レッスンは週1回90分。練習では遊びながら技術が上達するメニュー、生徒自身が考えるメニューを取り入れています。長時間走ったり過度の筋トレ、コーチが厳しく怒鳴るような指導はしません。
通常クラスのほかに、試合経験を多く積みたい生徒向けにクラブチームを設置。月に1回程度、元プロの赤堀大智氏が指導し、リーグ戦での優勝目指して練習しています。

今回の取材では、さいたま市浦和での通常クラスを見学。時おり小雨が降るあいにくの空模様でしたが、市営球場の広々とした野球場で子どもたちは元気いっぱい。とにかく野球を楽しんでいる姿が印象的です。

練習がスタートすると生徒たちは帽子を取り、しっかりした声で挨拶。野球を通じて、礼儀や言葉遣い、人との関わりを学ぶことも重視しています。
準備運動の後は、試合形式の練習へ。今回のテーマは「指摘の禁止」。野球はスポーツだから楽しくやろう。他の生徒のプレーに対し、ネガティブな指摘をするのはやめよう―。それが「指摘の禁止」です。生徒たちはテーマに従い、「ナイス三振!ナイスファイト!」と励ましの声を朗らかにかけ合い、練習を楽しんでいました。

チームワーク、人間関係、課題解決法を学ぶ

「仲間がいないと野球はできない。感謝の気持ちを忘れずに」と心構えを伝えるコーチ

「野球はチームスポーツなので、仲間がいなければ野球はできない。チームのみんなに感謝をするということを伝えたい」。コーチ陣の1人は「チームワーク」の大切さを強調。野球の技術を学ぶだけではなく、チームワークを通じて、コミュニケーション能力、相手を思いやる気持ちを育みたいという思いを語ってくれました。

チームの中には「いろいろな役割があること」を知ることも大切。生徒たちには、練習の中でさまざまな役割を与え、一人ひとりがしっかりこなしていくことで、チームが成り立っていることを体感してもらいます。野球を通じて、仲間といい関係を構築する力、力を合わせて難しいことにチャレンジする心が身につきます。

高学年が多い教室では、生徒たち自らで考えたメニューを練習に取り入れることも。自分たちのチームに足りない要素を分析し、必要なトレーニング内容を自分たちで考えて実践します。
スクールどうしで対抗試合をする時は、「うちのチームが他校に勝つためには、どう練習するべきか」などと生徒たちで話し合います。作戦を考えることで、課題解決の力にもつながりそうです。

野球だけではないプラスアルファも目指す

浦和教室の岩崎亮馬コーチ。「野球でたくさん失敗、たくさん成功して大きな心の選手に育ってほしい」

今回取材した、浦和教室の岩崎亮馬コーチにお話を伺いました。岩崎コーチは中学校で野球を始め、高校・大学は硬式野球部で活躍。大学時代から子ども向けの野球教室などで指導に携わってきました。中学高校の保健体育の教員免許も取得しています。日頃の指導では、野球の技術面だけではなく「プレーする上で大事な心構え」つまり礼儀、仲間への感謝や思いやり、チーム内での役割を大切にすることを、きちんと言葉にして生徒に伝えています。

雨模様の中行われていた練習では、「今日は雨降りでいつもと違う。そんなイレギュラーな状況の時こそ、チームの力が問われるんだ」と、生徒たちに話していた岩崎コーチ。「イレギュラー」の意味も丁寧に教え、いつもと違う状況でもしっかり力を尽くすことの大事さを説いていました。
「このスクールでは、人間力を身につけるカリキュラムを用意しています。子どもたちには無限の可能性があります。野球でいっぱい失敗して、いっぱい成功もして、大きな心の選手たちに育ってほしいですね」

岩崎コーチは、今後野球にとどまらず、農業など自然体験も子どもたちとやってみたいとのこと。子どもたちが人間的に成長できるよう、野球プラスアルファの活動も目指しています。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

「いい写真撮れましたか?」。雨の中の撮影に四苦八苦している筆者に、優しく声をかけてくれた男の子。小学1年ぐらいに見えましたが、立派な敬語と気遣いに感心しました。確かに、このスクールの生徒たちは、野球を通してさまざまなことを考え、学ぶ機会を得ているようです。チームスポーツのよさを痛感しました。(沼野容子)

フルスイングベースボールスクール 東川口教室のコース情報

木曜日クラス

対象となるお子様

3歳~小学生

受講日

毎週木曜日
16:45~18:15
※悪天候などで練習が中止になった際は、振替練習や時間延長などを行います。

フルスイングベースボールスクール 東川口教室の体験会・説明会

費用

無料

概要

1時間の無料体験では、普段の練習やコーチの指導を体験いただけます。

フルスイングベースボールスクール 東川口教室の地図・アクセス

所在地

〒333-0801
埼玉県川口市東川口3丁目11−11番 戸塚榎戸公園野球場

フルスイングベースボールスクール 東川口教室の基本情報

教室名

フルスイングベースボールスクール 東川口教室

運営者

一般社団法人日本スポーツ育心会

ジャンル

スポーツ・武道

対象となるお子様

3歳~小学生

入会後の費用

月謝:6,300円(税込)/月

説明会・体験教室に申し込む(無料)