プログラミング教室i-Pallet's オンライン校(アイパレッツ)

最寄り駅
なし(オンライン)

最終更新日:2021.11.10

IT企業ならではのプロの目線で学べるプログラミング教室

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    リーズナブルな料金設定でレベルの高いレッスン

  • Point

    02

    独自カリキュラムで最新のITスキルが身につく

  • Point

    03

    少人数制レッスンでコミュニケーション重視

自ら挑戦できる場を多くの子どもに与えたい

「プログラミングは将来の選択肢を広げるひとつの手段」そんな想いをもとに2020年に開講

「プログラミングで夢を楽しむ!育む!見つける!」をコンセプトに、失敗を恐れず楽しく学ぶことを大切にしているプログラミング教室「i-Pallet’s(アイパレッツ)」。ウェブ制作やシステム開発など幅広い事業を行うIT企業「i-enter corporation」が社会貢献の一環として2020年に開講しました。「IT技術の大切さを子どもたちに伝えたい」という想いのもと、「パソコンや情報スキルの向上」「考える習慣をつける」「非認知能力の向上」の3つの目標に向かってレッスンを行っています。

講師はプログラミング経験者で、コースによっては実際の業務で使われるようなプログラミング言語を学ぶことができます。オンラインレッスンでは、教室での対面レッスンを再現するような運営に力を入れており、コミュニケーションを大切にしたサポートも充実しています。社員も講師を勤めているため、リアルタイムの業界話が聞けることも。

また、大きな特徴がそのリーズナブルな料金設定です。多くのプログラミング教室が10,000円前後の月謝を設定するなか、アイパレッツは月8,000円で受講可能。「たくさんの子どもたちにプログラミングを学んで欲しい」という想いから、連絡ツールやアプリ、カリキュラムなどすべて自社で制作。コストを抑えたレッスン料を実現しています。

プログラミングの基礎とリテラシーも学べる

ひとりひとりの画面を共有。生徒の様子をしっかり把握し、保護者へはアフターメールで進捗を報告

レッスンは1クラス3名の少人数制で、週1回60分。オンラインで作業中の画面を全員と共有し、講師とコミュニケーションを取りながら進めていきます。担任制をとっていて、当日の学習内容や生徒の様子は授業後30分以内に保護者へのアフターメールでフィードバックしています。

クラスは全部で5コース。まずはプログラミングの基礎を学ぶ「スクラッチクラス」からスタート、「スクラッチマスタークラス」にステップアップしていきます。「アプリ開発クラス」では、子ども向け教材を使用しアプリを作成。「ビジュアルプログラミングクラス」では、ローコードを使用したウェブ開発を学習。「本格プログラミング入門クラス」では、IT企業の現場でも使われる実用的なプログラミング言語「Python(パイソン)」の使い方を学びます。ここで学んだ知識は、将来のキャリアにも役立つでしょう。

コースは体験レッスン時の様子や理解度を見て、講師が判断します。なるべく近い年齢同士でクラスを構成しますが、年齢のしばりはありません。上のレベルに挑戦したい時も、理解を深めるために学び直したい時も柔軟に対応しています。通常レッスン以外に、自宅学習用の動画教材も充実。また月1回、ITリテラシーや情報モラルを学べる無料講座を開講。保護者にとっても役立つ内容で、親子で受講するご家庭も多いそうです。

仕組みを知って、考える力と想像力を鍛える

IT企業ならではの知恵と技術を駆使したオリジナルカリキュラムで、考えるクセが身につく

プログラミングとは、システムやアプリなど自分のつくりたいものを実現させるために、必要な工程や仕組みを考えること。物理的ではないだけで“ものづくり”と変わりありません。思い描いたものを形にするためには、論理的思考力や問題解決力、想像力なども必要です。もちろん、基本となるIT技術は必要不可欠。

デジタルネイティブな子どもたちは、ITデバイスをすぐに使いこなせますが、デジタルが当たり前すぎて「それがどうなっているか」まで考えずに使っていることが多いそう。しかし、仕組みを知っているかどうかで、活用の幅に差が表れます。アイパレッツで重視しているのが、この“仕組みを知る”という部分。IT企業に勤める社員ならではの気づきや視点が盛り込まれたオリジナルのカリキュラムでITの仕組みからしっかりと学び、その中で「考える力」を鍛えていきます。

例えば、作成するゲームの見本がある場合はそれを観察し、どんなゲームなのか、再現するためには何が必要かなど、子どもたち自身が考え、自由に意見を述べる時間があるそう。子どもならではの意見が飛び交い、さまざまな発見が生まれます。観察力、思考力、アウトプットする力…。ただパソコンを打つだけではなく、そのような体験を積み重ねることで社会に出ても大切な力が伸びていくでしょう。

「IT使いこなし、将来の選択肢増やして」

「ITの仕組みを知っていくとさまざまな発見があります」そう語る笑顔が素敵な植松結先生

今回お話を伺ったのは、アイパレッツの立ち上げメンバーの一人でもある植松結先生。カリキュラムや教材作成などゼロから作り上げ、現在は講師も務めています。植松先生はIT業界で実際に勤務していくなかで気づいたことがたくさんあるそう。
「リモートワークが普及するなか、業務に関わるものがどんどんオンライン化しており、エンジニアでなくてもITを使いこなす力の必要性をひしひしと感じています。アイパレッツでは、IT技術を早くから身につけてほしいというよりも、ITリテラシーを身につけ、その仕組みについて理解することで将来の選択肢を増やしてほしいと思っています。エンジニアにならなくても、IT業界に勤めなくてもいいんです。ただ、ITを活用できないことで夢への選択肢を失ってほしくないなと思います」(植松先生)。

スクール名のアイパレッツの“パレッツ”には、「色とりどりの絵の具がのったパレット」という意味も込めているそう。「子どもたちには彩り豊かな夢を抱いて欲しいです。その夢を叶えるひとつの手段がプログラミングかもしれません。プログラミングの経験を通して、考えるクセがついていけばさまざまな場面で役立つのではないでしょうか」(植松先生)。

はつらつとした印象の植松先生。IT企業の社員ならではの視点で、これからの子どもたちに必要な力が明確化されており、スクールの今後の展開も楽しみです。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

IT企業ならではのプログラミング学習への考え方や、これからの子どもたちに求められる力についてお話を伺い目からウロコがぼろぼろと落ちました。便利な世の中だからこそ、仕組みを知らずに使っているものも多いですが、そこを知っている/知っていないとでは大違い。「プログラミングを学ぶ意義」から学び、ITを駆使したものづくりを通して社会人になっても役立つ知識が身につきそうです。(秋音ゆう)

プログラミング教室i-Pallet's オンライン校(アイパレッツ)のコース情報

スクラッチクラス

対象となるお子様

小学生中学年程度

受講日

60分授業
曜日固定週1回(平日のみ)

スクラッチマスタークラス

対象となるお子様

小学生中学年程度

受講日

60分授業
曜日固定週1回(平日のみ)

アプリ開発クラス

対象となるお子様

小学生中学年~高校生

受講日

60分授業
曜日固定週1回(平日のみ)

ビジュアルプログラミングクラス

対象となるお子様

小学生中学年程度

受講日

60分授業
曜日固定週1回(平日のみ)

本格プログラミング入門クラス

対象となるお子様

小学生中学年~高校生

受講日

60分授業
曜日固定週1回(平日のみ)

プログラミング教室i-Pallet's オンライン校(アイパレッツ)の体験会・説明会

費用

無料

概要

i-Pallet'sでは必ず、無料体験授業を受けてからご入会いただいております。

プログラミング教室i-Pallet's オンライン校(アイパレッツ)の基本情報

教室名

プログラミング教室i-Pallet's オンライン校(アイパレッツ)

運営者

株式会社アイエンター

対象となるお子様

小学生中学年~高校生

入会後の費用

入会費 15,000円
月 謝 8,000円

こだわり条件

振り替えあり / オンラインあり / 親子参加あり / 土日あり

その他のオンラインの教室
体験教室・説明会に申し込む