B-PARK オンラインコーチ

最寄り駅
なし(オンライン)

最終更新日:2021.11.24

元プロ野球選手がマンツーマン指導 動画添削でフォーム改善

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    プロ経験のあるコーチがアプリを通じて個人レッスン

  • Point

    02

    音声入りの動画添削やチャットで、子どもや保護者の悩みに対応

  • Point

    03

    繰り返し学びながら、考える力、課題解決力を高める

本格的な指導が、いつでもどこでも受講可能

広島県福山市の「B-PARK」で教える森山一人コーチ(右から2番目)。オンライン指導も担当する

「B-PARK(ビーパーク)オンラインコーチ」は、全国どこからでも、オンライン受講ができる野球スクール。リアルの野球スクールで培った指導経験をベースに、元プロ野球選手がスマートフォンやタブレットのアプリを通じて、バッティング、ピッチング、守備などをマンツーマン指導します。

スクールのコンセプトは「野球をまじめに、楽しく」。リアル・オンラインとも、硬式・軟式を問わず、初心者から上級者まで幅広く生徒を受け入れています。「オンラインの生徒たちは、ほとんどがすでにチームに所属していますが、『レギュラー選手になりたい』『もうちょっとうまくなりたい』と、一生懸命練習に取り組む子が多いです」と担当コーチの森山一人さん。

野球をオンラインで学ぶ形態について、運営元の株式会社ビーパーク・経営担当マネージャーの浜名智史さんにお伺いしました。もともとはバッティングセンター&屋内練習場として2020年夏に広島県福山市にオープンした「B-PARK」。年長児から中学生までを対象にした「B-PARK野球スクール」を開校後、住んでいる場所、練習や送迎の時間などの理由で通えない子ども向けに、2021年4月、オンラインでもスタートしました。リアルスクールでは現在、森山コーチをはじめ3人の元プロ選手が、約100人の子どもたちの指導にあたっています。オンラインでは国内のみならず、海外からの受講生もいるそうです。

動画とチャットで個々の課題にアドバイス

アプリを使った動画添削の例。バットがボールを捉えるまでの正しい軌道を線などで示し、音声を入れて伝える

レッスンで使用するのは、株式会社だんきちが開発したアプリ「Lesson Note」。保護者は、子どものスイング、ピッチング、捕球体勢などを撮影した動画を送信し、コーチは、これを添削します。アプリには、丸印や線、矢印が書き込めるほか、音声を加えることもでき、分かりやすく改善点を伝えられるのが特徴です。コースは「定額」と「回数券」の2つ。それぞれ料金プランも選べます。

生徒から届く動画は、公園での練習や試合の様子など場面が異なり、ポジション、課題も多種多様。森山コーチは、その一つひとつに、親身になってアドバイスします。例えばバッティングなら、構える姿や、バットがボールを捉えるまでの正しい軌道をしっかり伝えます。添削とは別にもう一本、個々の生徒に応じて、注意点や練習方法などの動画をコーチが撮り下ろし、返信してくれるのもうれしいポイント。こちらはコーチ自身が見本プレーをし、ひじや腕、両足などの細かな動きをコマ送りのように示しながら、丁寧に解説。保護者からはとても好評です。

また、アプリのチャット機能からは、プレーの質問や相談が可能。保護者から親としての悩みが寄せられることも。面と向かって話さずとも、森山コーチは、音声で生徒の名前を呼んだり、チャットの相手に寄り添いながら答えているそう。メッセージがキャッチボールのように交わされ、コーチとのつながりを強く感じられるでしょう。

反復学習から自ら課題を見つけられるように

プレーでは状況判断をしながらの行動が大切。オンラインの学びは、実際の練習と組み合わせるとより効果的

子どもがピッチングを学ぶ際に気になるのは、けがのリスク。森山コーチは「正しいフォームがわからずに、体が大きくて力が強いからと投げ続けると、けがにつながりやすい」と話します。レッスンではまず初めに、自分の位置と捕球する相手の間に、まっすぐ線を結ぶことを生徒にイメージしてもらい、「その線上にボールを投げましょう」と伝えます。このことを子どもが「基準」として守れば、体のバランスが取れた動作に近づいていけるそうです。

動画とチャットの学習だけでも効果はてきめんで、翌週にはびっくりするほどフォームがよくなっているそう。添削した動画は、早送り、巻き戻し、一時停止が可能で、繰り返し何度も確認できます。森山コーチは「おそらく、生徒たちは動画を何度も見てくれているのでは」と予想します。
野球のプレーで大切なのは「どの場面でも、状況判断をしながら行動すること」と森山コーチ。子どもたちは、レッスンの動画を反復学習することで、自ら課題を発見し、考え、解決に導く力が身につくでしょう。

レッスンについては、保護者からも「わかりやすい」「目からうろこ」といった声が多く寄せられているとのこと。オンラインの内容は、チームでの練習や実戦と組み合わせるとより効果的。プレーを続けていけば、物事をやり抜く力や、より上を目指すチャレンジ精神を育むことにもつながるでしょう。

「明るくやれよ」プロ同期の言葉に奮起

「明るく取り組むこと」がモットーの森山コーチ。指導者のキャリアは15年以上になる

森山コーチは島根県の出身で、県立邇摩(にま)高校では春の選抜大会にエースとして出場。1991年のドラフトで近鉄バッファローズに6位指名され、プロ入りしました。しかし入団後はなかなか結果が出ず、3年目ぐらいまでは「辞めたい」とふさぎ込み、下を向いて練習をしていたことも。ずっとそばにいたのは、チーム同期の中村紀洋選手。ある時「お前もっと明るくやれよ」と言葉をかけてくれたそう。「半分説教のよう。でも、あの一言に救われました」。その後は奮起し、1999年からは移籍先の福岡ダイエーホークスでもプレー。現役引退後は、四国アイランドリーグで千葉ロッテマリーンズの角中勝也選手をはじめ、8人のプロ野球選手を輩出するなど、指導者としてのキャリアを15年以上積んでいます。

「明るく取り組むこと」はモットーとして、リアルのレッスンで子どもたちにも伝えています。「打てなくて暗い顔をしていてもうまくはならない。しんどくても、明るさは自分の中から出てくるものです」と森山コーチ。
生徒の保護者からは「娘が前向きになり、最高の形でソフトボールのチームを卒団できました。中学校に行っても続けると言っています」とのメールが届き、とてもうれしく思ったそうです。オンラインでの指導は、人によって悩みが違うため、まだまだ勉強中とのことですが、B-PARK
では「野球に関わる最後の仕事と思って頑張っている」と語ってくれました。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

「B-PARKオンラインコーチ」のレッスンは、スクールに通わずとも、プロ経験のあるコーチから学べるまたとないチャンス。「あなただけのために」作られた動画が届けば、子どもたちのモチベーションは大きく高まるでしょう。取材時に、森山コーチは野球の「状況判断力」に着目し、「オンラインの良さは、動画を確認し、考えて行動することだ」と話していました。これは、経験者でなければ、なかなか気づけないこと。基本を大切にする練習や、明るくプレーすることについての教えに、一つのことを貫き続けてきた誇りと重みを感じました。(小島泰代)

B-PARK オンラインコーチのコース情報

回数券コース

対象となるお子様

幼稚園年長~中学生

受講日

体験会お申し込み時にお問合せください。

定額コース

対象となるお子様

幼稚園年長~中学生

受講日

体験会お申し込み時にお問合せください。

B-PARK オンラインコーチの体験会・説明会

費用

おためしレッスン:1回 1,100円(税込)。お一人様1回まで。

概要

「オンラインの指導で効果があるのか?」「コーチがどんな人か知りたい」「指導内容・練習方法を見てみたい」「アプリの使い方・使用感を確認したい」。そんな方に向けて「おためしレッスン」をご用意しました。ぜひ一度、元プロ野球選手による野球指導内容、練習メソッド、「LessonNote」アプリの使い勝手をご体感ください。

B-PARK オンラインコーチの基本情報

教室名

B-PARK オンラインコーチ

運営者

株式会社ビーパーク

ジャンル

対象となるお子様

幼稚園年長~中学生

入会後の費用

回数券コース 1回 3,300円(税込)~10回 22,000円(税込)
定額コース  3,800円/月(税込)、6,600円/月(税込)

こだわり条件

マンツーマン / オンラインあり / 親子参加あり / 土日あり

その他のオンラインの教室
体験教室・説明会に申し込む(有料)