プログラミング広場 テレスタイル(オンライン講座)

最寄り駅
なし(オンライン)
こだわり
条件

最終更新日:2022.01.05

楽しみながら 創る力と考え抜く力を鍛えるプログラミング教室

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    Scratchで初歩から学び、プログラミングの楽しさを実感

  • Point

    02

    わかりやすいオリジナル教材でスムーズにステップアップ

  • Point

    03

    相場よりお得な価格設定 教材費無料 無理なく続けられる

プログラミングの楽しさを体験する教室

授業の最初は、講師が完成例を見せて説明。この後、各自のペースで作業を進めていく

プログラミング広場の開講は2016年9月。ソフトウェアの開発やパソコン教室を運営するキャンソフト株式会社が、新規事業の一環としてスタートしました。
責任者の芳賀広志さんは「開講したのは小学校でのプログラミング教育の必修化が決まったころ。ピアノやスイミング同様に、習い事の選択肢の一つとしてとらえる方が増え始めた時期でした」と振り返ります。

今回取材で伺ったのは、神奈川県川崎市にある新百合ヶ丘校。学校が終わった子どもたちが「こんにちは~!」と元気に挨拶しながら集まってきました。

プログラミング広場は、教室として学びの場であるとともに、「楽しさ」を伝えることを大切にしています。プログラミング学習のやりがいは「小さな成功体験を何度も味わえる楽しさ」です。間違えたらその理由を探してみる。考えたり試したりすることでわからなかったことがわかるようになる。プログラミングを通して、「できた!」「わかった!」という成功体験が積み重なり、自信につながっていきます。

「知らないことが知れる、できなかったことができる…いいスパイラルにハマると、プログラミングはますます面白くなります。通い続けるうちにプログラムが書けるようになったり、30分間集中できるようになったり、子どもたちにもいい変化がありますよ」(芳賀さん)

ステップアップし続けられる場を提供

スクラッチ教室で使われているオリジナルテキスト。イラスト入りでわかりやすく解説

プログラミング広場が目指すのは、プログラミングを気軽に学び、日常の中に取り入れていくこと。月謝を相場より低価格におさえ教材費はなし。無理なく続けられるように配慮しています。

今回取材したのは、「スクラッチ教室」のエンジョイプログラミング講座。小学生対象の少人数クラスで、理解度に応じて課題に取り組みながら学ぶことができます。小学生でも簡単にプログラミングに取り組めるソフト「スクラッチ(Scratch)」と、教室オリジナルのテキストを使用。全くの初心者の場合は、まず3カ月間基礎を体験してから、この個別学習方式のエンジョイプログラミング講座に入ります。

教室をのぞくと、子どもたちがパソコンの前に座り、テキストを見ながら入力を始める姿が。講師が完成見本を見せて、子どもたちは各自のアプローチで再現していきます。講師は一人ひとりの席をまわり、その子に合わせたアドバイスやヒントを伝えます。

プログラミング広場新百合ヶ丘校には、このスクラッチ教室を含め5つのコースがあります。本格的なプログラミングを学ぶ「スウィフト教室」、プログラム開発を行う「JavaScript入門教室」、ものの仕組みとプログラミングの関係を学ぶ「ロボット教室」、ロボットを改造して公認競技大会を目指す「工作教室」です。やりたいことに合わせてコースを選び、ステップアップできるのが魅力です。

やり抜く力、ひらめき、創造力を発揮

ホワイトボードを使ってプログラミングの概念を説明することも

プログラミングスキルだけではなく、教室での授業やプレゼンに触れられるプログラミング広場。学習だけにとどまらない、さまざまなスキルを楽しみながら身につけることができます。

プログラミングというと、一人で黙々と取り組む印象を持つ方がいるかもしれませんが、プログラミング広場では、成果をクラスで発表・共有する機会があります。自分の考えをわかりやすく整理し、クラスの仲間たちの前でプレゼンする貴重な体験。みんなでディスカッションしたり感想を言い合ったりすることで、モチベーションにもつながります。

「ここを押すとどうなるだろう?」「イメージ通り作るにはどうしたらいいのかな?」と、試行錯誤しながら表現手段を見つけていく作業は、プログラミングならでは。粘り強く向き合いながら、「やり抜く力」が身につくでしょう。
また、プログラミングを続けていく中で、独創的なひらめきや発想が生まれる機会が増えます。これはまさに「クリエイティビティ」や「アート」性が成長する瞬間。

教室では、「何をしたいか」「どこがわからないか」を整理し、講師に伝えながら授業をしています。先生に伝えたり、先生の話をきちんと聞いて解釈したり、子どもたちは「ロジカル」な思考も自然と身についていくでしょう。

「子どもたちが楽しめる授業が何より大切」

お話をうかがった中川直人先生。「子どもの個性を大切にしながら、プログラミングの魅力を伝えてきたい」

今回取材したスクラッチ教室エンジョイプログラミング講座で、指導を担当している中川直人先生にお話を伺いました。中川先生は、プログラミング広場で子どもたちに教え始めて2年。どうやって楽しくプログラミングを伝えていけるか、日々追及しているそう。
「講師として大切にしているのは、とにかく楽しい授業にすること。子どもたちには、スキルに応じてわかりやすく伝えるようにしています。プログラミングに触れながら、『こういうふうにやればできるのか!』と発見してもらえたらいいですね」

エンジョイプログラミング講座は、個別学習で進むので、スクラッチが全く初めての子でも大丈夫。「生徒さんたちの個性はさまざま。楽しさを伝えるために、アプローチの仕方や声かけを工夫しながら取り組んでいます」と中川先生。

「先生できたよ!」と子どもたちが笑顔で教えてくれる時が何よりうれしいと、中川先生は話します。プログラミングを通して、小さな達成感を積み重ねていく。個性を大切にしながら楽しく取り組める教室です。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

わからないことを調べてみたり、「こういうものを作りたい」と、自分の意志を持って取り組んでみたり。プログラミングを通して考え方や伝え方など、さまざまなスキルが身につくことがわかりました。教室で集中する子どもたちの姿を見て、楽しみながら取り組むことの大切さを実感。子どもと一緒に大人もプログラミングを学びたくなります。(鈴木有子)

プログラミング広場 テレスタイル(オンライン講座)のコース情報

スクラッチ教室 エンジョイプログラミング講座

対象となるお子様

小学1年生~中学3年生

受講日

週1回、1コマ60分
火1クラス:火曜日 16:00~17:00
木1クラス:木曜日 16:30~17:30
金1クラス:金曜日 17:00~18:00

スウィフト教室

対象となるお子様

小学5年生以上

受講日

週1回、1コマ60分
火3/火4クラス:火曜日 19:00~21:00

JavaScript入門教室

対象となるお子様

小学6年生以上

受講日

隔週1回、1コマ90分
木3/木3Bクラス:木曜日 19:15~20:45

プログラミング広場 テレスタイル(オンライン講座)の体験会・説明会

費用

無料

概要

ご経験やご希望などをお伺いしお勧めのコースをご提案いたします。その中から体験受講用の課題、或いは通常講座の課題のなかからマッチしたものを選び、通常の講座さながらの手順にて約1時間、体験受講して頂きます。ご希望があれば、実際の講座での体験受講も可能です。保護者様も同席して頂き、体験受講の途中、又は前後でシステムや料金などのご説明いたします。まずは、ご希望のお日にち、時間帯などご連絡ください。

プログラミング広場 テレスタイル(オンライン講座)の基本情報

教室名

プログラミング広場 テレスタイル(オンライン講座)

運営者

キャンソフト株式会社

対象となるお子様

小学1年生以上

入会後の費用

■入会金 11,000円
■月 謝
・スクラッチ教室 6,600円
・スウィフト教室 11,000円
・JavaScript入門教室 9,900円

こだわり条件

振り替えあり / オンラインあり / 土日あり

その他のオンラインの教室
体験教室・説明会に申し込む