まなBOON プログラミング&パソコン教室

対象年齢
小学校低学年 / 小学校中学年 / 小学校高学年 / 中学生
最寄り駅
常滑駅 / 多屋駅 / りんくう常滑駅
こだわり
条件
振り替えあり

最終更新日:2022.01.12

作ることを楽しみ、「自分で考える力」を育むプログラミング教室

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    少人数制で、一人ひとりのペースに合わせて指導

  • Point

    02

    楽しみながら「自分自身で考える力」が自然と身につく

  • Point

    03

    創意工夫と自学自習を重んじるカリキュラム

元ウェブ制作者の現役ママが地元で開講

少人数制のため生徒と先生の距離が近く、アットホームな雰囲気

「まなBOON」は、Webプログラミング経験のある現役ママが、「子どもたちにプログラミングを学ばせたい」思いひとつで立ち上げた、プログラミング&パソコン教室。長年東京に住んでいたトラオレ裕子先生が、地元である愛知県常滑市に帰郷し、2021年7月に開校しました。夫はアフリカのマリ共和国ご出身。まなBOONに隣接するお店では、アフリカ雑貨を販売しています。

裕子先生は自分の子どもをプログラミング教室に通わせようと思ったものの、「魅力的なプログラミング教室が地域になく、それなら自分で立ち上げようと決意した」そう。また、地域貢献への意欲も強く、「東京と愛知の地域格差を感じたんです。子どもたちには最先端な技術をたくさん経験させてあげたい」と語ってくれました。

レッスンは少人数制のため、手厚いサポートを受けられるのが魅力です。大切にしているのは、子ども一人ひとりに合った接し方をすること。「前向きな子もいれば、できなくて落ち込んでしまう子もいます。ほめるときも、その子にあった声がけをするように心がけています」と、裕子先生。授業の雰囲気も明るく、子どもたちは楽しみながらプログラミングを学んでいくため、自然とITスキルが身につきます。

楽しみながら本格的に習得、検定受験も挑戦

Springin’講座の様子。お絵描き感覚で進められるため、小さな子どもも夢中になって楽しめる

小学生向けのコースは「Springin’(スプリンギン)講座」と「Scratch(スクラッチ)講座」。

「Springin’」は、お絵かき感覚で直感的に使えるプログラミングツール。自分の描いた絵に動きや音をつけることができるため、イラストに命が吹き込まれるようで、子ども達は夢中になって楽しめます。難しいコードを打ち込むことはなく、37個のアイコンから選択するだけなので、プログラミングに初めて触れる子どもでも、簡単に操作をすることができます。

「Scratch」は、ブロックをつなげていくだけでプログラミングが組める言語。「Scratch講座」では、ジュニア・プログラミング検定の受験もモチベーションのひとつ。プログラミングの概念を子ども達がしっかり理解できるよう指導していきます。授業では、子ども達は片側画面で個別の授業動画を見ながら、もう一つの画面でパソコンを操作。自分のペースで進められるため、一歩一歩しっかりと理解しながら学んでいくことができます。

2022年1月からはHTML/CSS、JavaScript、Processing、Shaderを学べる本格的なコードプログラミング、中高校生向けWebエキスパート講座もスタート。小学生で基礎を学んだら、その後もさらなる高みを目指してレベルアップしていくことができます。

課題発見&解決力、他者視点も身につく

Scratch講座では右側画面で授業動画を見て解説をヘッドホンで聴きながら、自分のペースで進めていく

プログラミングには、うまくいかないことや失敗がつきもの。行き詰ってしまったとき、まなBOONが徹底している、子ども達一人ひとりに合わせた接し方、それぞれの心にそっと寄り添う姿勢が、子どもたちの学びをより深めてくれます。また、子ども達の「楽しい」や「好き」をとても大切にしているため、子ども達は途中で投げ出さずに「最後までやりぬく力」を自然と育んでいきます。

裕子先生が指導をする上で大切にしていることは、「子どもに答えを教えるのではなく、考え方を教える」こと。「子どもがわからないと言ってきても、まずは、どこでつまずいているのか、どうすれば解決できるのか、自分でよく考えるよう促しています」と、裕子先生。自分たちで試行錯誤しながらプログラミングを学んでいくため、「自分自身で考え、解決する力」を身につけられるでしょう。

Springin’講座の授業の最後には、その日作った作品をみんなの前で一人ひとり発表する時間があり、その様子を動画で撮影し、保護者の方に送っています。子どもたちは、作品をただ作って終わるのではなく、自分の親や友だちに見てもらう経験を何度も重ねていくため、度胸や自信がついたり、どんな作品だったら人は喜んでくれるのかという他者視点を身につけることもできます。

「子どもたちに多様な体験させてあげたい」

代表のトラオレ裕子先生(右)と、ゆき先生(左)。一人ひとりに合わせ柔軟な指導をしている

まなBOONを立ち上げた裕子先生は、長年、ECサイトの制作などWebプログラミングの仕事をされてきました。これまでのご自身の経験やスキルを生かして、子どもたちが一歩ずつ着実にプログラミングを理解できるよう、丁寧な指導を徹底しています。

また、裕子先生は現役の3児の母。レッスンを行う上でどこまでも「親目線」であることも、保護者が魅力を感じるポイント。Scratch講座でジュニア・プログラミング検定を受けることを子どもたちのモチベーションにしているのも、その方が保護者も安心できるから。「自分が親だからわかるのですが、ただゲームが作れて楽しければいいや、ではなく、検定の合格を目標にすることで、子どもにはしっかりプログラミングを理解して欲しいんです」と、話してくれました。

やりがいを感じる瞬間は、子どもたちの成長を間近で見られるとき。「プログラミングがわからずつまずいていた子が自分で試行錯誤した結果、先生できたよ!と明るい声で話しかけてくれたときは、本当にうれしいですね」(裕子先生)。

都市部に比べると、常滑市はまだ情報が少ないそう。目新しい知識や技術を取り入れながら、今後も子どもたちにさまざまな経験を積ませてあげたいと、語ってくれました。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

チャレンジ精神が旺盛で、とても前向きな裕子先生。教室の雰囲気も明るく、子どもたちは楽しみながらプログラミングを学んでいくことができると思います。また、授業中の様子を撮影した動画や作品の写真を保護者に送ってくれるため、安心して子どもを通わせることができます。地方でここまでプログラミングに特化した教室があるのは、とても魅力的だと思います。(安蘇谷里香

まなBOON プログラミング&パソコン教室のコース情報

springin’講座

対象となるお子様

小学3年生~6年生

受講日

火・水・金曜日
・16:00~16:50
・17:00~17:50

STEAM講座

対象となるお子様

小学1年生~3年生

受講日

火・水・金曜日
・16:00~16:50
・17:00~17:50

scratch講座

対象となるお子様

小学3年生~中学生

受講日

火・水・金曜日
・17:00~17:50
・18:00~18:50

まなBOON プログラミング&パソコン教室の体験会・説明会

費用

無料

概要

お子さまには実際の授業内容を体験していただき、その間に保護者さま向けの内容説明をさせていただきます。
新1年生(現年長児)の体験は2022年2月より順次受付、4月からレッスン開始です。

まなBOON プログラミング&パソコン教室の地図・アクセス

所在地

〒479-0833
愛知県常滑市北条3-38 (アフリカオアシス内)

まなBOON プログラミング&パソコン教室の基本情報

教室名

まなBOON プログラミング&パソコン教室

運営者

株式会社ジョイアス

ジャンル

ロボット・プログラミング / STEAM・STEM教育

対象となるお子様

小学校1年生~高校生まで

入会後の費用

■入会金 11,000円
■月 謝 月2回の隔週通学プラン:6,600円/月(月2回・全40回)
■年会費(システム設備費) 11,000円/年
※講座によっては別途、各検定試験料などが必要となります。

こだわり条件

振り替えあり

説明会・体験教室に申し込む(無料)