STEAM English for kids

対象年齢
最寄り駅
なし(オンライン)

最終更新日:2022.03.07

0歳から学べる 英語とSTEAM教育のパーソナルトレーニング

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    0歳~未就学児が対象。自宅で親子一緒にレッスンできる

  • Point

    02

    英語を使って、五感の体験を重視したSTEAM教育を実践

  • Point

    03

    一人ひとりに合わせたオンラインの個別カリキュラム

個別最適な学びで学びへの意欲の基盤を作る

自宅でリラックスしながら親子一緒に受講することで、子どもの新しい一面を発見できる

「STEAM English for kids」は、オンラインで行う、子ども向けの英語とSTEAM教育のパーソナルトレーニングです。 STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)、Art(芸術)の5つの領域を横断する教育手法のこと。AI時代に活躍できる人材を育てる教育として注目を集めています。
STEAM English for kidsでは、子ども一人ひとりの最適な学びに注力し、児童心理学と第二言語習得の教授法を取り入れたカリキュラムを提供しています。

子どもの生育歴や環境はそれぞれ違い、興味も異なるもの。好奇心・意欲を育むため、個性に合わせた効率的なアプローチをします。イヤイヤ期などの子に向けても柔軟に対応しています。

また、子育てで孤立しがちな母親向けの教室でもあります。0歳から受け入れているのは、教室代表の小川みかさんが産後直後から子どもの教育に対して不安や苦労を抱いた経験があり、「自分と同じように悩んでいる母親をサポートしたい想いがあった」とのこと。

トレーニングレッスンではSTEAM教育の要素を取り入れたアクティビティを英語で行い、子どもの五感を刺激。最初は英語がわからないお子さんでも、レッスンを重ねることで徐々に理解できるよう、効率的なカリキュラムになっています。

STEAM教育の要素を取り入れ五感を刺激

さまざまなアクティビティを通して、親子で楽しくコミュニケーションする機会が増える

対象は0歳~未就学児。レッスンは発達心理学に基づき、一人ひとりの発達段階に応じたカリキュラムをオリジナルで組んでいるため、子どものペースで学ぶことができます。中には1歳3ヶ月から教室に通い始め、3ヶ月後には英単語を発話した子も。月齢が低くても、英語の音に自然と慣れていくことができます。

子どもの集中力が持続する時間は「年齢+1分」といわれています。そのため、子どもが飽きないよう、20分間のレッスンの中でアクティビティを5〜8個実施。オープンエンドな用具(制限なく自由な発想で遊べるおもちゃなど)を使用します。
たとえば大きさが異なる箱をどう積み上げるか、大きさが同じカップの場合はどうするかなど、手や指を動かしながら色や数、形、素材の違いなどを学んでいきます。アクティビティで使う道具は、保護者に事前に送ったデータを印刷してもらったり、自宅にあるグッズを用意してもらったりして対応しています。

レッスン回数は月2回。レッスンでは2人の先生が1人の子どもを見る、手厚いフォローが特徴です。また、英語定着のために子どもがいつでもSTEAM教育や英語に触れられるよう、自宅でできるオリジナルのトレーニングメニューも提供。イヤイヤ期で受講が難しいお子さん、英語嫌いになってしまったお子さんに対しても個別カリキュラムでアプローチを変えたり、日程変更もできたりと、忙しい保護者へのサポート体制も万全です。

英語力以外に、未来で生き抜く力も身につく

オープンエンドな用具で、作ってみる・試す、失敗する、失敗から改善するというプロジェクト型の学習を実践

STEAM English for kidsで身につく力といえば、まずは英語力。英語でSTEAM教育を受けるため、子どもたちは英語をツールとして扱えるようになっていきます。

STEAM教育を取り入れたアクティビティでは、作ってみる・試す、失敗する、失敗から改善するというプロジェクト型学習のスキームでアクティビティが進行します。その他、五感を刺激する遊びを通して大きさや形、色が異なるアイテムや、数字を意識した基本的な知識を学びます。子どもたちは多面的なアプローチからの実践を通して大小、長短、形や数、色を覚えていきます。興味のあることから学び広がり、楽しく遊びながら、空間認知力や思考力を養っていくことができます。

STEAM教育は、AIやロボティクスをより身近に感じさせ、実用的に活用できるよう土台を作る教育といわれています。それだけでなく「problem-solving attitude(課題を自ら発見し解決していこうとする姿勢)」が育まれるのも、STEAM教育ならではの特徴。この姿勢はどの時代においても必要で、人としての土台ができていく中でその姿勢を身につけられるのは、子どもたちの今後のアドバンテージになることでしょう。

子どもの特性に合わせ柔軟に指導できる講師

レッスン講師は、インターナショナルスクールなどでの指導経験があるベテランが担当

レッスンのトレーナー(講師)には、実際にインターナショナルスクールなどで現場経験があるベテランを採用しています。トレーニングの主役は小さな子どもたち。レッスンに集中してもらうにはどうすればよいのか、嫌がった時にどうアプローチするかなど、講師が柔軟に対応します。

代表の小川みか先生は、第二言語習得の教授法を学ぶ中で、「児童心理に配慮した取り組みを行うと英語学習意欲が高まる」ことを知ったとのこと。インターナショナルスクールや自らの教室で実践してみたところ、自然と新しい会話のセンテンスや単語を発話するようになり、「英語学習で困っている子育て世代に、効率的な教育を提供できたら」と考えました。
「ただ英語を話すだけではなく、これからの時代は英語を使いこなし自分を表現することが必要だと実感しています。STEAM教育を取り入れながら“英語をツールとして使いこなせる人”を増やしていきたいです」(小川先生)。

また、小川先生自身も産後や長引くコロナ渦で外出を制限され、どうしたら子どもに新しい体験の機会を提供できるのか考えていたことも起業のきっかけだとか。「ずっと家にいるだけでは、親も子もストレスですよね。過去の自分と同じような悩みをもつ母親を減らすため、家で楽しく子どもが教育を受けられる場を提供していきたい」と話してくれました。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

英語教育だけではなく、近年注目されているSTEAM教育も取り入れている点がとても新しい試みだと感じました。カリキュラムは、子ども一人ひとりに合わせた完全オリジナル。保護者の方と深くコミュニケーションをとることも大切にされており、親にも子どもにも優しい教室だと思います。自宅にいながら親子で一緒に参加できるため、コロナ禍でも安心。子育てに悩む保護者の方にはぜひ、参加してみてほしいです。(安蘇谷里香)

STEAM English for kidsのコース情報

伴走型パーソナルトレーニング

対象となるお子様

0歳~6歳(未就学児)

受講日

体験教室・説明会お申し込み後、教室よりご案内いたします。

グループトレーニング

対象となるお子様

0歳~6歳(未就学児)

受講日

体験教室・説明会お申し込み後、教室よりご案内いたします。

STEAM English for kidsの体験会・説明会

費用

2,750円

概要

【体験レッスン内容】
①30分の個別カウンセリング
②20分のプライベートレッスン
レッスン後、メールにてヒアリングさせていただきます。
※体験レッスン後パーソナルトレーニングにご入会いただいた場合、入会金から体験料(2,750円)を差し引かせていただきます。
※グループレッスンにご入会いただいた場合は、入会金と月謝1カ月分を無料とさせていただきます。

STEAM English for kidsの基本情報

教室名

STEAM English for kids

運営者

Connect-ed株式会社

ジャンル

対象となるお子様

0歳~6歳(未就学児)

入会後の費用

【伴走型パーソナルトレーニング】
■入会金 30,000円
■月 謝
・6ヶ月 120,000円
・4ヶ月 90,000円
【グループトレーニング】
■入会金 2,200円
■月 謝 550円

こだわり条件

マンツーマン / 振り替えあり / オンラインあり / 親子参加あり

その他のオンラインの教室
体験教室・説明会に申し込む(有料)