ボードゲーム教室1098

最寄り駅
三河八橋駅 / 若林駅 / 富士松駅
こだわり
条件

最終更新日:2022.03.29

本気で遊びながら、あらゆる能力がアップ ボードゲーム教室

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    200以上のボードゲームで、本気で遊んで地頭を鍛える

  • Point

    02

    コミュニケーション力や集中力など非認知能力が向上

  • Point

    03

    「自分で考えて何とかする力」が、テストや入試にも活きる

本気で遊んで学ぶ、ボードゲーム専門教室

同じ絵柄を見つける「ドブル」というボードゲーム。瞬発力や集中力が鍛えられる

ボードゲーム教室1098は、愛知県豊田市にあるボードゲーム専門の教室です。コースは、年中・年長が対象のキッズクラス、小学校1年生〜3年生が対象のジュニアクラス、小学校4年生〜中学生が対象のティーンクラスの3つ。ボードゲーム教室1098ではなんと200種類以上のボードゲームを取り入れています。さまざまなボードゲームを通して、交渉力や空間認知能力、コミュニケーション力といった「非認知能力」を養っていくことができます。

教室の名前となっている「1098」は、ボードゲーム教室1098を運営する学習塾「塾屋」の当て字。塾長の坪内康将先生は、元々「塾屋」でボードゲームを取り入れた学習指導を行っており、子どもたちに十分な効果が見られたため、2022年4月にボードゲームに特化したボードゲーム教室1098を開校したそうです。そもそもボードゲームを取り入れたきっかけは、学校のテストの質が変わってきたからとのこと。「正解が一つ、これ!と決まっていない問題が増えてきたんです。対応するには、その場でなんとかする力や自分で勝ち筋を見つける力が必要。そのような力を鍛えるには、ボードゲームがとても効果的です」(坪内先生)。

勝った人ではなく一番よく考えた人がMVP

「成長記録通帳」で、子どもたちの実績を細かく記録。目標をクリアすると、シールがもらえる

授業は1コマ50分、月4回。その月に子どもたちに「身につけさせたい能力」を鍛えるのに役立つゲームを、200種類の中から先生が厳選。ボードゲームの中では有名な、交渉力を鍛える「カタン」、空間認知能力を高める「ヨメン」なども使っています。

授業の1週目は、新しいボードゲームを初プレイ。2週目は1週目と同じボードゲームを使い理解を深めます。3週目は過去にやったことがあるゲームをもう一度プレイし成長度合いを確認。そして4週目は、完全にフリー。子どもたちは自分の好きなボードゲームを、誰とでも自由にプレイできます。保護者も加わり、親子で一緒にゲームを楽しむこともあるとか。

子どもたちの実績は、オリジナルの「成長記録通帳」を使って管理しています。プレイしたゲームや勝ち負けの結果、他の生徒にゲームの説明をするインストの経験、リーダーの経験などを細かく記録。また、授業の最後にはゲームに勝った人ではなく「ゲーム中に一番よく考えた人」が受賞できるMVP賞を決めています。結果だけでなく、そこに至るまでの過程をきちんと評価してくれます。

授業以外にも、名古屋大学の学生たちが起業した「EdGift(エドギフト)」とコラボしたボードゲームを自分たちで創るイベントや、30人規模の子どもと大人が混ざり合って行う「貿易ゲーム」など、ワクワクする定期イベントも開催しています。

コミュ力や交渉力などの非認知能力を鍛える

「カタン」を夢中になってプレイする様子。年齢差関係なく、誰とでも楽しめる

ボードゲームでは、初めての場面や問題に出会っても自分でなんとか対応する力、コミュニケーション力、主体性といった非認知能力を鍛えることができます。

例えば、世界中で大人気の「カタン」は、無人島のカタン島で資源を得ながら新しい土地を開拓していくというゲーム。各プレイヤーはお互いに、開拓に必要な資源カードを交換することができます。子どもたちはゲームに夢中になりながら、コミュニケーション力や交渉力を自然と養っていきます。

また、ゴキブリやカメムシ、ネズミなどのカードを使った「いかさまゴキブリ」は、ズルをした人が勝てるという逆転の発想のゲーム。だれよりも早く手札をゼロにした人が勝ちですが、人にあげることも、捨て山に出すこともできないカードが存在します。そのカードを持った場合、監視役の人にバレないように手元からなくさなければなりません。服の中や座布団の下に隠したり、他のカードと重ねて出したりなど、子どもたちはさまざまなアイデアで“いかさま”をします。このゲームで、ルールに縛られない柔軟な発想力や度胸を身につけることができます。

これらはほんの一例で、ボードゲーム教室1098はこの他、200種類以上のボードゲームを用意しています。子どもたちはゲームに夢中になりながら、学校の勉強だけでは身につかない非認知能力を鍛えていくことができます。

「ボードゲームは唯一無二の学習教材」

代表の坪内先生。「ボードゲームの楽しさや効果を、多くの子どもたちに知ってほしい」

日本ボードゲーム教育協会の理事も務める代表の坪内康将先生。ボードゲームとの初めての出会いは、当時4歳の娘さんに与える知育玩具を探していたときだといいます。
「まだ幼い娘と、試しに一緒にボードゲームをプレイしてみたんです。すると、楽しすぎて何度も繰り返して、ゲーム後は脳が疲れているのがわかりました。なにより引っ込み思案だった娘が、ボードゲームをやるようになってから、積極性や処理能力が格段に上がったんです」と、坪内先生。ボードゲームを通して娘さんや塾の生徒たちの力がどんどん上がっていくことを目の当たりにし、ボードゲームには子どもの能力を開花させる効果があると確信したとのこと。

教室の中には200種類以上のボードゲームがありますが、全てのゲームに共通している点があるそう。「楽しいこと、年齢は関係ないこと、正解がないこと、自ら起こした言動が勝敗に関わることは、どのボードゲームでも共通しています。大人も子どもも夢中になって、真剣勝負ができる。そして勝負の中でさまざまな能力が鍛えられていく。ボードゲームは、唯一無二の学習法だと思います」(坪内先生)。

自宅でもやるために、実際に授業でプレイしたボードゲームを購入する生徒も多いそう。家族みんなで楽しめるボードゲームは、家族間のコミュニケーションも活発にしてくれます。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

取材を通して、子どもたちがボードゲームを心底楽しんでいること、代表の坪内先生の「ボードゲーム愛」がとてもよく伝わってきました。本気で相手と勝負して楽しみながら、非認知能力もアップできる。こんなに楽しくて効率的な学習法は、他にないのではないかと思います。今後、ボードゲームが日本の教育現場に次第に浸透していくことがとても楽しみです。(安蘇谷里香)

ボードゲーム教室1098のコース情報

キッズクラス

対象となるお子様

年中・年長(4歳~6歳)

受講日

【1コマ35分】
火・水曜日 15:45~16:20

ジュニアクラス

対象となるお子様

小学1年~3年生

受講日

【1コマ50分】
火・水曜日 16:30~17:20

ティーンクラス

対象となるお子様

小学4年生~高校生

受講日

【1コマ50分】
木曜日 16:30~17:20、17:30〜18:20

ボードゲーム教室1098の体験会・説明会

費用

無料

概要

体験教室は1時間程度。実際に親子でゲームに挑戦してもらいます。
使用するゲームは、お子さまに合わせて選びます。

ボードゲーム教室1098の地図・アクセス

所在地

〒473-0936
愛知県豊田市西岡町切畑95-1

アクセス

駅からは距離があります
愛知教育大学から車で3分 刈谷ハイウェイオアシスから車で3分

ボードゲーム教室1098の基本情報

教室名

ボードゲーム教室1098

運営者

株式会社1098

対象となるお子様

年中(4歳)以上

入会後の費用

入塾準備金 11,000円(入塾時のみ)
年間教材費 12,000円(毎年3月)
授業料 6,600円(学習塾と併用の場合 5,500円)

こだわり条件

親子参加あり

愛知県豊田市のボードゲーム教室1098の近くの教室
体験教室・説明会に申し込む