森谷クラシックバレエ

最寄り駅
鶴川駅 / 玉川学園前駅 / 黒川駅
こだわり
条件

最終更新日:2022.05.09

世界基準「ワガノワメソッド」指導、心と体の糧になるバレエ教室

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    初心者から上級者、子どもから大人まで、幅広く対応

  • Point

    02

    ロシアの「ワガノワメソッド」を採用 美しい動きが身につく

  • Point

    03

    リズム感、音楽理解力、身体能力がアップ、精神面も成長

ロシアバレエの教授法「ワガノワ」を採用

マットの上で基礎トレーニング。「足の甲をもう少し伸ばせる?」そっと手を添え、先生が優しくサポート

親の世代から習い事の定番、特に女の子の間で人気なのがバレエ。せっかく習うなら、初めの一歩から正しい動きを学び、美しく踊れるようになりたいもの。でも、できれば堅苦しくなく楽しい雰囲気で…。「森谷クラシックバレエ」なら、そんな願いがかないます。
このスクールは、長年クラシックバレエで研鑽を積んできた森谷京子先生が、東京・町田市にて1999年に開講。3歳の子どもから小学生、中高校生、大学生、大人まで、幅広い年代の生徒さんたちに愛されています。

指導内容は、ロシアバレエの教授法「ワガノワメソッド」をベースに、基本的な手足の動きを一つひとつ丁寧に、かつ論理的に指導します。最初のうちは、とてもゆっくりとした基本動作から始め、音楽に合わせて体を動かしていき、徐々にテクニックを磨いていきます。
趣味としてバレエを楽しみたい子はもちろん、本格的にバレエを踊れるようになりたい人の指導もOK。森谷先生は、バレエ指導者賞の受賞歴があり、本格的にバレエを取り組みたい方にも対応可能。OGの中には、バレエ留学をした方、バレエ団や宝塚歌劇団に入団した方もいます。

自主的に考えながら、基礎に確実に動かす

バレエに重要な手や腕の動きを練習。上を高く上げる「第三ポジション(アンオー)」

子ども対象のコースは、年齢別に5つ。プレクラス(3~6歳)、初級Ⅰ(小1~3)、初級Ⅱ(小4、5)、中級(小6、中1)、上級クラス(中2~高校生以上)に分かれています。1クラス5名程度の少人数制、1コマ50分。
今回取材で見学したのは、プレクラス。小さな子どもたちが「バレエは楽しい」と思えるように、いろいろな動作のメニューが用意されています。
「まずは、バレエのご挨拶をしましょう。手の形は、指から水のしずくが垂れるように…」「両肩と腰骨で囲まれた“体の中の四角”をいつも感じて。その四角を、まっすぐ前に向けるように」「首の後ろをもっと伸ばしてごらん」と、その都度わかりやすく説明します。

森谷先生の指導の特長は、一度生徒の前で見本を見せたら、次から後ろに控え、先生の見本なしで生徒たちだけで練習させること。「自主的に考え、ゆっくりでもいいから基礎に確実に体を動かしてみる、というプロセスを大事にしています」とのこと。

初級Ⅱから、技術的な基準をクリアしたら、ポワント(トゥシューズ)を履くことができます。体をきちんと鍛えないとケガにつながるため、見極めは慎重に行います。ポワントを履くようになったら、週2回の参加がお勧めとのこと。

発表会は、複数の教室と合同で行われる地域のフェスティバルに毎年出演しています。それぞれの家庭事情に配慮し、舞台出演はできる年に無理のない範囲で行っています。

バレエは、他のダンスや芸術系競技にも有効

バーにつかまり足の動きを練習。足をぴんと伸ばして出したり戻したりする「バットマンタンジュ」

クラシックバレエを経験すると、体と心の両面に大きな影響を与えます。
まずはフィジカル面。体の柔軟性が増し、体幹が鍛えられることで良い姿勢が得られます。また、体をスムーズに動かす「コーディネーション能力」が高まります。バレエの素地を身につければ、その後、コンテンポラリーダンス、ジャズダンス、新体操、フィギュアスケートなどを始める時にも、とても有効でしょう。

そして精神面。自分の体の動きを正確に把握してコントロールする力、難しい動きでもあきらめずにチャレンジする精神、コツコツ練習を繰り返すことで粘り強さが身につきます。
発表会などの舞台発表を経験すると、みんなで動きをそろえて踊るための協調性、次の練習までにできるように努力する責任感などが、育つことでしょう。

バレエは、音楽をよく聴いて体を動かすので、音楽や舞台芸術への理解が深まります。ダンサーやミュージカル俳優たちの中には、バレエ経験者がたくさんいます。
「実は、かつての教え子の一人が、宝塚歌劇団の養成学校に進み、宝塚ジェンヌとしてデビューしました。『先生に教わったことが宝塚でも役に立った』と言われたことが、とてもうれしかったですね」と笑顔の森谷先生。

「細く長く続けることで人生が豊かになる」

「バレエはあきらめず続けることが大事」と語る、森谷京子先生(中央)。プレクラスの生徒たちと一緒に

森谷京子先生はバレエ指導歴23年目のベテラン。8歳の時、出身地・札幌でレッスンをスタート。「子どもの頃は見よう見まねでお遊戯のように体を動かすだけ。でもやがて“本物のバレエって何だろう”と関心を持つようになって…」(森谷先生)。

大人になり上京してからは、ロシアの「ワガノワメソッド」を指導する先生に2人続けて師事。それがきっかけで森谷先生も導かれるようにワガノワの世界へ。
2005年にロシア国立ペルミバレエ学校の日本校が開校したため、一期生として入学しディプロマを取得。ロシア人講師からも定期的にレッスンを受けました。今までに師事した先生が全員ワガノワメソッドだったため、現在の教室でもその理念がベースになっています。

「バレエのお稽古はバレリーナになることだけが目的ではありません。細く長くでもいいから、あきらめずに続けることが大事。続けることで、きっと何かにつながります。私自身もずっとバレエを続けたからこそ、素敵な先生方や生徒たちとの出会いがありました。35歳でロシア語も習ったんですよ。バレエのおかげで人生がぐっと広がりました」(森谷先生)。

森谷先生は来日したロシア人講師たちのアテンドや、海外留学オーディションの通訳の経験もあります。コロナ渦の時期には、ワガノワの教則本をロシア語で読破したそう。森谷先生なら、バレエの楽しい面だけでなく、奥深い世界にまで導いてくれるはずです。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

クラシックバレエ、しかもロシア流の教授法だと「厳しそう」という印象がありましたが、全くそんなことはありませんでした。子どもたちはとても楽しそうに体を動かし、バレエが楽しくてしかたないといった様子。バレエはコツコツ地道な練習の積み重ねが必要ですが、そこをくぐり抜けて初めて味わえる喜びや達成感があるのでしょう。森谷先生の一つひとつのしぐさが気品にあふれ、あまりの美しさに見とれてしまいました。(山口真矢子)

森谷クラシックバレエのコース情報

プレクラス

対象となるお子様

3歳~未就学児

受講日

①水曜日 16:00~16:50
②土曜日 13:30~14:20

初級Ⅰクラス

対象となるお子様

小学1年生~3年生

受講日

①水曜日 17:10~18:40
②土曜日 14:40~16:10

初級Ⅱクラス

対象となるお子様

小学4年生~5年生

受講日

①水曜日 19:00~20:30
②金曜日 17:30~19:00

中・上級クラス

対象となるお子様

小学6年生以上

受講日

①月曜日 19:00~20:30
②水曜日 19:00~20:30
③金曜日 19:15~20:45

森谷クラシックバレエの体験会・説明会

費用

無料

概要

5月の体験レッスンは下記で受付中です。

【土曜日】
・プレクラス 13:30~14:20
・初級1クラス 14:40~16:10

体験レッスン終了後は、ティアラとチュチュで記念撮影ができます。

森谷クラシックバレエの地図・アクセス

所在地

〒195-0063
東京都町田市野津田町 845-1 アヴァンセ102

アクセス

小田急線鶴川駅より「町53 町田駅行バス」「鶴33、鶴66 野津田車庫行バス」に乗り換え「袋橋」下車後徒歩1分

森谷クラシックバレエの基本情報

教室名

森谷クラシックバレエ

運営者

株式会社 森谷クラシックバレエ

対象となるお子様

3歳以上

入会後の費用

■入会金 10,000円
■月 謝
・プレクラス 7,000円(週1回)
・初級Ⅰ~上級クラス 8,000円(週1回)、12,000円(週2回)、15,000円(週3回)、20,000円(週4回以上)

こだわり条件

振り替えあり / 土日あり

東京都町田市の森谷クラシックバレエの近くの教室
体験教室・説明会に申し込む