CONEMO(コネモ)運動教室

最寄り駅
若林駅 / 西太子堂駅 / 松陰神社前駅
こだわり
条件

最終更新日:2022.05.23

トレーニングで脳を活性化 自分の思い通りに体を動かす

この教室で伸ばせる未来型スキル

  • Point

    01

    ライフキネティックをベースに、遊び感覚で脳を刺激

  • Point

    02

    楽しんで挑戦 効率良く動き、ケガをしにくい体を作る

  • Point

    03

    ビジョントレーニングシステムを使い、視機能を測定

運動と脳トレを組み合わせたプログラム

目と手の協応動作を測定する様子。画面に表示されるターゲットを、速く正確に指で押していく

身体能力の土台作りにおすすめなのが、「CONEMO(コネモ)運動教室」です。子どもたちは遊び感覚で脳を活性化させるトレーニングを通し、体の使い方を学びます。

教室のコンセプトは「目と脳と身体をつなぐ」。指導のベースになるのは、最先端のトレーニングプログラム「ライフキネティック」です。ドイツで生まれた、脳科学に基づく「運動と脳トレを組み合わせたエクセサイズ」で、幼児から大人まで誰でも楽しく行えます。世界各国のスポーツや教育の現場などに導入され、日本ではJリーグのチームが取り組んでいます。

教室の運営母体は、世田谷和光FCのサッカー指導など展開するNPO法人和光クラブ。天野草太コーチと福岡寛啓コーチは、ライフキネティックの公認トレーナーです。福岡コーチはNATA(全米アスレティックトレーナーズ協会)公認アスレティックトレーナーの資格も持ち、スポーツ医学の知見から生徒をサポートします。

ライフキネティックの効能について「簡単な動きを通じて脳に刺激を与え、神経細胞間に新しいつながりを作り出し、眠っている機能を活性化させます」と福岡コーチ。

レッスンには、効率良く動きケガをしにくい体作りを行うためのメニューも。子どもが楽しみながら自分を表現できる環境を整えています。視機能を高めることにも重点を置き、「東京メガネ」が提供するトレーニングシステムやアプリを使っています。

動作を数字に対応させ、脳を刺激

効き目を眼帯で隠し、投げる側が伝えた数字に対応する色の部分をつかむトレーニング

レッスンは週1回60分。クラスはA(小学1、2年)、B(小学3〜6年)に分かれます。今回は東京都世田谷区の会場を訪れ、Bクラスのレッスンを見学しました。

練習は2人1組。「エドゥ」と呼ばれるお手玉のようなボールを投げ合います。ボールを投げる側が「1」と言ったら、取る側は右手でキャッチ。「2」と言ったら左手でキャッチします。このように動作と数字を組み合わせるなどして、身体だけでなく脳も刺激するのがライフキネティックの特徴です。何度か繰り返すとルールは発展し、数字の前に「スポーツ」か「食べ物」が加わります。子どもたちは「サッカー」「ぶどう」などと答えながら動きますが、成功しないことも。でも、笑い声は絶えません。

今度は、3色のスポンジスティックを組んだ用具を投げ合います。ここでも投げる側が「1」と言ったら「赤」でつかむなど、数字と色を対応させます。さらに、子どもたちは、効き目を眼帯で隠して挑戦。難しくとも、成功しようとトライします。

ビジョントレーニングシステム「V-Training」を使い、目と手の協応動作の測定も行いました。画面に表示されるターゲットを、速く正確に指で押していきます。結果は時間とともに、ターゲット、エリアごとの速さが5段階で表示されます。

挑戦を重ね、運動パターンを身につける

「ムーブメント」のトレーニングの様子。コーチが指定した色の用具に手や足を置き、ゴールを目指して進む

レッスンを続けることで、チャレンジする力が育まれます。「トレーニングは毎回違う部分がある。5割できたら難しくしていきます」と天野コーチ。この教室の特徴が「とにかく失敗するけれど、楽しい」プログラム。子どもたちは挑戦を重ね、新たな学びを広げていきます。

フィジカル面では、いろいろな運動パターンを身につけ、自分の思い通りに体を動かす力を養います。天野コーチは「さらに視野の強化、目の追随運動の高まりも期待できます。脳も刺激されるので、認知力も強化されます」と話します。

見学時、「ムーブメント」のトレーニングでは、ボルダリングを平面で行う取り組みも。子どもたちは、コーチが指定した色の用具に手や足を置き、ゴールを目指して進みます。股関節をスムーズに動かすだけでなく、姿勢を低く保つことで、体幹が鍛えられます。次に進むルートを考える力も磨かれます。

夢中になれる数々の体験は、ものごとにワクワクする好奇心にもつながります。レッスン中は、コーチが笑顔で言葉をかけていたのが印象的でした。点灯するランプの色を認識して押す練習では、子どもたちが「素早く、優しくタッチする」気持ちを込めて取り組んでいました。

「子どもが熱中することが一番大事」

NPO法人和光クラブ代表の天野草太コーチ(右)と、トレーナーとして活動する福岡寛啓コーチ

指導を担当する天野コーチと福岡コーチは、世田谷和光FCの卒業生。CONEMO運動教室は、「ライフキネティックをプログラムに取り入れたい」「子どものうちから体の動かし方を学ぶことが大事」といったコーチたちの思いを受け、2021年10月に開講しました。

福岡コーチは、高校3年まで12年間サッカーをプレーしましたが、ケガが多かったそう。「当時はスポーツ医学を教えてくれる人がいなかった。今の小中高校生に知識を還元してあげなければという使命感があります」。アメリカの大学を卒業し、トレーナー歴は8年。現在は、世田谷和光FCの他に、スポーツ整形外科や高校生のスポーツチームなどでも活動中。幼児から90歳代まで、多くの人々の身体を日々診ているそうです。

指導で心がけているのは、子どもとのコミュニケーションを大事にし、良い点を見つけてほめること。そして、保護者にも大事なポイントを伝えること。子どもの変化が目に見えて分かり、楽しそうに取り組んでいる時に喜びを感じるそうです。生徒からは「姿勢が良くなった」、保護者からは「子どもの腕の振りが速くなった」などの声が聞かれます。

福岡コーチは「子どもが熱中することが一番大事。僕らがその環境を作り上げた上で、生徒たちが全力で楽しむことが、上達につながると思います」と話してくれました。

親目線でここがうれしい!

ここがうれしい!

レッスンからは、将来の土台になる体作りにしっかり取り組んでいることが分かりました。福岡コーチからは、小学生のうちから、いろんな運動パターンを身につけさせてあげることが重要だと伺いました。トレーニングのメニューが豊富で、全て成功しなくても、どんどん次に発展していくことも新鮮でした。子どもが伸び伸び楽しみながら脳を働かせ、能力を身につけられる機会は、自宅ではなかなか作れないので、定期的に教室に通わせてあげたいなと感じました。(小島泰代)

CONEMO(コネモ)運動教室のコース情報

CONEMO(コネモ)運動教室

対象となるお子様

小学生

受講日

毎週木曜日(祝祭日を除く)
Aグループ 16:15~17:15(小学校1・2年生対象)
Bグループ 17:25~18:25(小学校3~6年生対象)

CONEMO(コネモ)運動教室の体験会・説明会

費用

無料

概要

実際のレッスンを1コマ、無料で体験できます。
見学のみも可能です。体験教室ご参加時に、保護者様へ教室説明を行います。

CONEMO(コネモ)運動教室の地図・アクセス

所在地

〒154-0023
東京都世田谷区若林1-20-11 (株)東京メガネ 若林店

アクセス

東急世田谷線若林駅から徒歩3分

CONEMO(コネモ)運動教室の基本情報

教室名

CONEMO(コネモ)運動教室

運営者

NPO法人和光クラブ

ジャンル

対象となるお子様

小学生

入会後の費用

■入会金 8,800円
■月 謝 8,800円
※下記入会特典がつきます。
①トレーニングシャツ 1枚プレゼント
②『スポーツビジョン測定』を定期的に無料で実施
③『V-ECERCISE』アプリを無料で利用可能

こだわり条件

親子参加あり

東京都世田谷区のCONEMO(コネモ)運動教室の近くの教室
体験教室・説明会に申し込む